FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

「帰ってきた地域史の授業」

2018/04/20 11:45:14 | 伯爵二次創作 | コメント:0件

3508 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:23:04 ID:???0


   伯爵さまだよやる夫くん  二次創作 「帰ってきた地域史の授業」






        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)    なんだかスッゲー久々の気がするが授業を始めるぞー!
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))






            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|
    | !    | (__人___)   |    とは言っても、今日はテスト後のあまり時間だし、
    | !    |  ` ⌒ ´    .|
    | !   ,.-,|          |     伯爵家の豆知識でもやっていこうと思う。
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |






               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}       情報のソースは相変わらずラハール記だから、
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   一定の信頼性は取れていると思ってくれて良いぞー!
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ




3509 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:23:30 ID:???0


               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/      まず、一発目!
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ       ラハール=ブライトは実際のところ家名が確定していない!
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|





           ,ヘ-t、_-_二ニ―_-/::ヽ
          / ヽ;`ー:::==::´:::::::::;';::ト.、
         /  /:::`ー:;::::::::::::::::::::::::::::::;:::`ヽ、
        /   //:〃;:/:/::::/:::::::/::ノ:::;:::::::l::::::::::;:ヽ
       /  /:/:/://_/::ノ;:::::ノ::;イ;ィ::::::::ハ::::::::::i::::i
      //  レレ,へiーtヒシ::イィオト/ノ::::〃 i:::::::;:!::::!
    /    Y ! レ!ヽゝ´ rト'..ァ ! `"',=≦'i:::〃;イノ
   <‐ッ--、   ヽゝノ      '='     f::ソノノ' ´ /    えっ!?
    >/i::!::ヽ、_ゝ、,   U.        ゝ` i
    //::i::i:::/  !    、          /         ラハール記って、ラハール=ブライトの日記なんですよね?
    !':::::i::i:/   l      \  ~~'  /
   /|:::::ハ:::i  |  i    `_、   _,. イ
  / |::::i:::i:::i   ! ̄`ヽ、  /´ /::;::;::::;/
  `ー|::::i::::i::::!  i― 、,--`ユ /::/::/::/
   |::::i::::i:i:::i /  /、   /`ヾ、.'::::/
   ,イ::::!::::!:i::::i  /  `/ /ヽヾ〈




3510 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:24:34 ID:???0



            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|   ああ、そうだ。
    | !    | (__人___)   |
    | !    |  ` ⌒ ´    .|.   だがな、ブライトと言う家名は彼の自称であって、
    | !   ,.-,|          |
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /    公的に記録された家名はないんだ。
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <     公的に名乗ったと言う史料も今のところ発見されてないし。
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |






     ., ──‐、
    /     \
    |     _ノ  ヽ
   |     ( ●) (●)         ブライトと言う家名は、伯爵領が出来る前に存在した、
   |       (__人__) , -―ーっ
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄     西方の王家の家名でな、それを名乗る騎士が伯爵領にいる。
   . ン         }  |. |
  /⌒        ノ  .|,  |       その時点でおかしい。
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
../   /    r_____ ノ
/   /      |i






                / ̄ ̄\
             /   _ノ   \
             |   ( ●)(●)      ロマン溢れる考え方をするなら、
                |     (__人__)
              |      ` ⌒´)      西方の王家の縁者が伯爵領に流れてきて、
                |         }
              ヽ         }       その息子が伯爵家の騎士になったってあたりか。
                >      ノ
       ⊂てヽ   /         \  /て⊃
     {三_ ィ `´  /ィ     |\  `´ ゞ _三}
          .\__/  |      |   \__/.





3511 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:24:59 ID:???0


              / ̄ ̄\
          /  ヽ、_  \
         (─)(─ )   |    まぁ、これは多分ないな。
     ~  (__人__)     |
      ~  |r┬-|      |     余りにも荒唐無稽だし。
         |(_ノ       |
          |_        ノ
          ヽ    ノ
          /      ヽ
          |    \  |
          |     | ノ







                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |    まあ、日記にも書かれているから、
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ     通例として、ラハール=ブライトとは呼ばれてるってのが現実ではある。
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´




3512 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:25:32 ID:???0


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/    続いて2本目。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     伯爵家の採用面接、面白すぎ問題。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ー)(●)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄     これに関しては、ラハール記以外にも意外なところから、
    |       ( ( ノ
   .l^l^ln    ⌒ }            史料が発見されている。
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´
   /  /    \/  |
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ





        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)      同時期にトクガワにあった、前田家の覚書だ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))






            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|    内容を要約すると、こうだ。
    | !    | (__人___)   |
    | !    |  ` ⌒ ´    .|
    | !   ,.-,|          |
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |




3513 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:26:06 ID:???0



                   / ̄ ̄\
   m n _∩     / _ノ  ヽ、_ \  ∩_ n m
 ⊂二⌒ __)       | (●)(●)   | ( _⌒二⊃    伯爵領から、客人が来た。
    \ \.       |  (__人__)  .|  |  |
      \ \.    |   `⌒ ´    |   |  |
       \ \.  |           |.  / /
          \ \. ヽ       / / /
          \ \ヽ  _   / /
            \  ̄`  , ' ̄ /
            /          /





    rへ
   r7´ `ヽ、-,. ─-、  ,.へ_、
  r7   ァ'">'-─`-<  ヽ!_
 r7'   >'´::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ. ハ                 へ      名前を博麗霊夢と言う。
 ,くi ヽ/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y i_{             //〉
 ヽ./!/::/::::::/:::/:::::i:::::ハ:::i:::::::;::',」            //〉〈〉
  /:7 ,':::i::::::/:ハ,ゝ、ハ/ !:ハ::::i::iヽ.          //〈〉〈〉
 くk__!::::::L:ハ/〈 !_ソ`  ォ'r7!/!」 !         // 〈〉 〈〉
   |::ハ:::::::}__.| "  _____└' i__{ヽ、!  _,,. -/⌒ヽ//   〈〉 〈〉
  ノ:::!ハヘ::|::::iヽ、 (  `i ,.イ:::|,.-'"´ l l i しゝ'    〈〉   〈〉
 /:::::ハ::::!::ハ::::!;:イ>ーr<ハ:|::/!     | lY__ノ´
 i:::/:::::!::::::rィ';:|´ |/、  /」|:/ !-   ヽヽゝ'i
 レ'i::::::!;:へ、ヽ!/ムヽ、_/_i ィ,ヘ、     Y /
  ヽ/⌒i、._ Y:::::/ i」::::::::::!-/レ' `ヽ.    i/
   !  iノi 7:::く__ハ|:::::::::::Yiハ|    `'ー-'
   /iヽ-イ| .i::::::::::ハ:::::::::::::ハ!





          FY´¨ヽ、
           冫l: : : : : `ヽ、       /^ヽ、
         〈 ,| : : : :_: : : :`ヽ、  /: : : : :ヾ、
            Y |: : : :.:.:`:.:ヽ_ 上ヱ:_:.:.:.-: : :ヘヽ
         |l: : : :.、>''´::::::::::::::::::::``<: : l┤
          广|: : :/::::::;:::::::::!:::::::::::::::::::::::::ヽト{
          辷l: :/::;'::;':::i:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::Y
           }-i: l:::i:::::::::l::::;::::ト、:::::!:::::::::: N:::';::!
          ト、`!:::i:::::::::|::::!::T卞、i::::l::::::ナト::ト|
            _」 !:.|:::::::!:::::仁|;rテト、ヽ::l:;ィ尓|:|::!       彼女は伯爵家の古参の家臣であり、
        ┌'/: :|::l::::i::::::|ー代_ノ  `" じ'ルレi
         r'/: : :/'|::i::::i::::::|::::!     __ '  ,!|ニ|        眉目秀麗、その弁舌は人を惹きつけるものであった。
      //: : :./r'!::!::::l::::::|::::lヽ、    .イ:::!:::|
      r'./: : :./ィ' |::!:::::i:::: |::::ト、 ` T´_:::i::::|:: !
    _ノ/: : :./r'  !:l::::::i::_,ム:::| ヽ  `Y^ヾ、:!:::|
   ,」 /: : : /r'   i::!:::::「V/ヘ:|   \  !  Vi::::!
    | /: : : /r'   リ!::f´ヾV/'|!    \!   lN:!、
   f l : : : i ノ    |:::|  ヾ∨ム、   ,.z介r-弌リ_」
.   ノ !: : : :l{     l:::l.   ト、マ/>'´:.:〈.,ム〉: : : :.|
  ´`ヾ: : :|. }   ,.l斗   レ'l/: : : : :ハ'ヘ : : : |ー- 、
     \:| !  く ー┴一'´ |: : : : : /  ' ヽ: : :l  /
       V    ヽ_  __,.、 ト,: : : :/   ',  ヽ: :!ニI
            /ハコ└‐'" ヘ: :./    :,  ,ゝ! 〉
.           //仆、      V、__,.へ、」_/: : | {
          〈/'!」|       ヽ: : : :;..-一'Tフ }





3514 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:26:34 ID:???0


      , -──‐- 、  _,, -‐二 ̄/|
    〈       , ゞ´:::::::::::::::::::´:: ̄::ヽ、
      \   ー=/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::、\
      〈   /、::::/:::::::::/:::::::/:::/::|、::::::::::::\\
     /{_ /l::::`/:::/::::/:_;;;;/;;_/!:::!:|::::::::::::::::::ヽ〉
   /   /:::、`/:::/::::/´::////::/l:|ー、_|:::::l::::|::|
  /   /:::::::::/:::/|::/:|イ´rl`ヽl/ |:!-、l/l:::/:l::l::|    _,,-、       彼女が語ることには、
/   /:/::::::/|::/イ/l:::|ヽ,,ノ     {r/j/::/l//:/   / l`! | __
\ _ //!::::/|/l:l\ゞ|=|    、__,' `´l::/::/イ:|'    / /!│ | l      彼の地では、定期的に優秀な人材を募集している。
    //l !::/l::::::|!:::::::〉{ニ!          /-|:::/l::l   / /│ |`l| ヽ┐
  〈/ !l:/ |::::::::_/ィヽ|:::|       /::lニ|:/ |::!  / / └'| !ゝ、/ !
      |/ |::/ └、ヽ!::::ヽ/二 ̄::::; イ!:::ヽ// / /_  |__| |_l |
        /_,, 、 ヾ〉、::::|ヽ|_:::/ /::|、:::l:ヾ_/ /l、\ ヽ  |l l `!/
     〈イ|| |__l 〉ゝ、〈|j、!,イ `lヽ//|::ヽ-─ 、ト、\ヽ 〉 └ | |┐
        ヾソ   `ヽソ〉l | l!ヾイ />、 /-‐_`ヽl{. ヽ `ノ   |__l !
      /     ヽ_| |   `ヽソ/ /ィ 〉|/'´  ノ     | |
       〈        ̄ヽ〈|  / ̄!   / /ソ/   /      |_/
      |ヽ     ー/>7  | /〈/'´ l  /
      ゝ |    ̄  {    /`l / /    ! /ヽ
     //!、         / / |/    Y  |




                _                /⌒!
             {込 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ. ___/ ̄i ̄ 厂孖
                 {込: : : : : : : >':´::::::::::::::::`>x ノ : 孖
                 {込: : : :./ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:刃
                   {込 .:/ .:::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::、::.ヽ{
                    }}》′.::::::::::::::::::/.:::::::::::}::i:ヽ:::\::\
              _r'勿 .:::::::::;/_:/__:j_ハ::::::::リ;ハ__}_::;:::';::、:'.
            /歹'´: :| ::::/.::/:{/{:_::j:{ ';:::::jリ__}_:!:::i :::l:::}::}
          ー=彡`>x:.:リ::〈.:i:{::/丁刃` };ノィ灯}イYj :::|::jり     だが、集まってくる人材は一癖も二癖もあり、
      ー-=ニ二ソ .::n::)'.::i :{ミミ{. 弋_ソ  ′ 弋_ソ ム}ミ}リリ
.            〃.:::://厶:_l::::}iミ} , , ,    .  , , , {ミ{        募集の度に伯爵殿は奇声を発したり、
.           〃.:/nl jノ j´〉::::}幵ト、    _ _     .イオ}
          ″//.ノ '   /ヽ::j:|:|:|i:li`r 、___ . .<::/!:j:|        目を白黒させたり、心の筋肉痛を発症したりするらしい。
          {{ {∧     `ノ.::リ:j:ルリ´j     {`ヽ_:/::l:从
              ゝ ヽ    イ/仏厶〈  \_  _ノ  ,リ》ソ.:ハ ゝ
.             /|   /{/`ヽ《 ゝ   `V´   》ル'`ヽ.
          / ,ノ  ノノi    |:}》    /ニヽ   ,《{:|  ハ




3515 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:27:13 ID:???0


    r-、_             _,.、_
   /,ァ':.:.ヽ.,          /`ヽ!、!_
   ,「/.:.:.:.:.:.:.:.:'ヽ._,,,.....,,,__ /:.:.:.:.:.:.:.:':, !
  「_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,ァ_ェ‐ァ'、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ]
  i'Y:.::.:.:.:.:.:.:.:.>''"´::::::::::::::::`"'<:.:.:.:.:.:.| (
 _| |.:.:.:.:.:.:.,::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ;:.:.:.! ]
 ) .!:.:.:.:.:,:'::::::::::/::::::::;::::::::;::::::';:::::::::::::`フ!(
 ! 」:.:.:./::::::::::/::::/::__/」_::::!:::::::!:::::!::;:::::く,_!」.
 )__!:.:.;':::::/::,':::;:':::/:/_」_:::ハ:::::ハ::::i::::';::::::',
 !__レ'i::::;'::::i::/:::/7´ `iヽ レ' !,ニ、:::」:::::::!            我が君も、その話には大いに喜び、破顔し、
  /::::!:::レ'(_!ヘ:レ^ヽ,_rソ     i リ !7i:;::::::!
  ,'::::;ハ:::i::::::|::::[⊂⊃      . ` ⊂ミ:::ハノ,ゝ           笑いすぎて、呼吸困難になるほどであった。
 .i:::/:.:.iヽ;::::|:::::i:::ト、    rーァ   ,ハコイ」
 i:ム__」:::::::::!:::::i:::i:i ` 、.,___,,. .イ::::|:::!´
 |::::/i:::/!::/!_,,.ィ|:::! ヽ、___,!ヽ;:__!:::/|:::|',
 !:/ |:/ !ァ'"ヽ、',:::|  ヽ、」 Y`iヽ|:::!::i             ,. -'⌒ヽ.,
 '! レヘ:!/   `レiヽ  /ムヽ i_( レ'、/_            (      )
   !:r'7、__  ,r_i:.:.ヽン/ ハヽリヘ.   >ヘ.        (´_)  ヽ、.,_ン- '
  !/ ヽ _ `二´7:.:.:.rム____」>:.:.:.'Y´/ ヽ、
. /        ハ::::::::`'ー'^ー-':::::::::',  ,. -`"''ー--‐ァー-「 ̄二i
'       /  /ンi.:.:.:.:.:.:.:.:/:i:.:.:.:.:.:.:.ハ ´     / / ̄`つ博 _|
         ハヽ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/i        i  ノ´i. 麗 」
    ,. '  ,'ァ'ヘ:.>:.、:;___:.:」:.:.:.___」、.!       l |、___,,..'ーr-‐'





                      _,, _,,r‐┐
                   ,r-‐´  '`i └i,
   {` yー─-- ,,_   ,へヘ/       } く,
   」 /       `二ゝ-'-┴―- ..,,    } 」
   く {    ..::::..../::;:::::::::::::::::;:::::::::::::::`ヽ、.....: } L_
   [、 {   ..:::::/::::::;::::::;:::::;::::::ハ:::::::::::::;;:::: ヽ:::} 」
   「 {  ..:::::/ ::::::/:;::/:::::j::::::} i:::l:::;::::::;;;;:::  `、}└,
   `アゝ..:::::/;:::::::::/:::l::l::::::j:::::::j !:|::l:::::l::;i:::::::::::; ヽ┘
   └ェゝ:::l::;:::::::イ:::_LL::」;,:::;ノ }」LL::」::l::::::;;i:::::i:ト
   /::くィゝj:;i::;;::::{:::::;l;;;l;;;;リレ'  リ L;;;;;l;;リ;:::::;;}::::ト:〉',        そのような事態に巻き込まれるのは御免被るが、
  人  ::く/::;;i::::;;::ト,ィラテ=^'     ラテ=x'l:;;;;;::l:::::Y  〉、
 .くri \  ::i::;;;;{┌-{《 {-':::;}     {‐':::;} 》‐v-};;;;:::トくz´       一度、実際に目にしてみたいものだ。
   Ln\ i:::;;;ゥ[ノ ̄! ヾン   '  ヾン i ̄ フ;::;::::ト;:ヽ
     `フ:/::::;::\  i、゙゙゙゙  , ―-‐、 ゙゙゙゙イ:.  {;;::l}:::::}l::::}
     {::i{:::::ト;;::;{:.  i`>.,,`ー一'_. イ∠ニ二〉:ハ::::ハノ
     V !、:::!、;;〈ニ二コ´  \ ̄´{ ̄`Y;;;:::::;::V ノノ ´
        `ーソ{:::;;;:::ヾ:.、  \/    {;;;:::::::;:}´
           { ';:::::;;;::::ヾ、 , イ''^i..、 l{;:::::::;リ,
            }  ヾ、;;::::;;:::ヽ' .〉=ヘ. \{;::::丿.l
         レヘ  }.} ̄`^`/ ハ`i   ヾ人__!__
.        / /l `!ij     !  ::;' \   }::   ̄フ
      ィ´/l l/ l\ 〉   i      ゝ .:',二] [フ
       〉l/    \l}:   `⌒ー‐..´   l:  .イ
      ノ ::/     {::             \ ヽ
.      / :/      }:          _,..-‐┘ ヽ
     ノ ノ       ト ..,_,.. ---―''´:: 〉:     ヽ





3516 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:27:59 ID:???0




   . '´ ̄ ̄\
   /      \
  {      -―  \        この証言と、ラハール記の記述を見る限り、
   ヽ ,/  (●)  ヽ
    ヽ(●)  ⌒)  トミ、     人材募集は一大イベントであり、とても愉快なものだったらしい。
      \(__厂´   } \
       \  ⊂ヽ∩   }
         |>-(,_,_/__/}
         | ∧       j
         ゝ--へ、___ハ
              \_,ヘ \
               {_/^`ー'






          / ̄ ̄\
        /   ⌒  \
      |    (● )(● )      ま、そんなとんでもない面接、
      |.      (__人__)
      |      ` ⌒´l       俺は開催したくは無いけどな!
      |          }
      | _        }       さて、次の話は──
     ,l(  ゙)    ,ノ )
     |/   |`ー一"  |
      ヽ  /    ヽ ノ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






     ┌────────┐
     │   SYSTEM      ├─────────────────―――──―――┐
     └┬───────┘                                      │
       │                                                │
       |                                                |
       │                                                |
       │           後世でも、伯爵家の面接の話は人気が高いようだ。      .│
       │                                                      |
       |                                                |
       |                                                |
       |                                                |
       └──────────────────────────────―――┘




3517 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:29:11 ID:???0
以上、今年105本目、通算139本目の二次
他国の使者が話した内容は記録に残っても当然である

3518 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2018/04/18(水) 12:33:10 ID:A/UM2EdD0
乙でした
一度バレただけで未来永劫残るのが酷さを表している
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する