FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:仮面ライダーネメシス・ミツコ外伝『Credens Justitiam』プロット

2021/01/13 19:00:51 | プロット集 | コメント:1件

420 名前:赤霧[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:47:20 ID:Rvp14qLe0 [2/6]

                   __
                      `\、
               _ -───- 、__i|__
            __/´: : ニ=‐/ ̄ィ⌒、fノレ´⌒`ヽ、
          /: ::/´ / /´/: :/: ル;;\ミミヽ`ヽ、
          /: :/: : : :/ : :/: : /: : :/: :/ 、\\ヽヽ: : ヽ
     _|\_/-‐´/: : /;/: : /:l: : : |( : ((: 丶彡'\__))ノ |::|:|
  ,ィ´: : : : : : : /: : /;/: : :/ : ト、__i>>--f-''゙ ハtミ‐:ノノ:ノ\- ,,_
  Y: : : : : : /: : ::ノ;/: : //\::\ __ィャうテヽ   ,ィミ〉彡〈ヘ: ヘ‐-、ヽ
  ノ: :-‐': : : _,, ィ´;;/: : /:lヘ弋ラ'  ュ込=‐''   〈シノゞ: : :\、 `、 :`i
 /´: ァ-フ: :: :: ::/::l  /::| 〈. ̄     ヽヽ     フ ',、: : : : ヘ: : :Y
/: ::/ /: :: :: :/:: :::|: ::l : トゝY)           ィァ /:: : : : : ヽト: : li
ヽ-┬‐'゙:: :: / :: :/:|: :| : :|:::::`「\           r'/::ヽ‐--、ヽ| l: : |i
   |:: ::::::V : ::/:::::/〉::| : :|::::::::|::           r'、:::::. :. ::. )'゙ |: :: |
   丶─、l:: ::|:: ::::l ヘ:|: : :|-,:::|___ :::::.........__.ノ\\: ィ-'゙   | : ::|
      \、_,,-‐-ヘ,l:: :::| rf-‐──‐へ灰ノ_ノノ_ノ-\`7┬┬-|:: :|::|_
              l:: : Y       〉A:|     ___/ | トニノ::λ:|   \
             ヘ:: \     弋Uト-─‐‐n`─┴-L_| )T'ノノ__ノ  |
             /\:: ::\* r--ェ、ァrつ)   l | `ヽ、\  ̄ ̄| ̄   |
          ,.ィ'-、   \:: ::ミ 、彡》ノ )く   | |   l_ノ    |      |

   ―― 仮面ライダーネメシス・ミツコ外伝『Credens Justitiam』 ――
   「不味いわねぇ……」
   MARNの幹部花京院ミツコは使い慣れた執務机の前で独り言ちる。
   だが悲壮感はない。こうなるだろうとわかって選んだことだ。
   それでも、なんの後悔も無いと言えば嘘になる。だから、その思いが口を突いて出る。

   「まったく、何処で間違えたのかしらね」

   思い起こされるは遠く過ぎ去った過日。
   息子を生んで数年。職場に復帰してこれから順風満帆の日々というところに舞い込んだ久しぶりに会わないかという旧友の誘い。
   何年も会っていなかった関係の相手を呼び出す理由が勧誘というのは在りがちなことなんだろう。
   組織として援助をしたいという言葉を切って捨てて絶縁したはずの旧友はミツコの求めていた資料を手に再び現れた。


   借りを残したくなかった。だから自分の出来る範囲で少しだけ便宜をはかって終わらせるつもりだった。
   なのに気付けばその『組織(MARN)』にどっぷりはまり込んでいた。
   プライベートがうまくいかなくなっていたのもその理由だろうか。
   息子の幼馴染の少女が難病を患っていることが発覚して、それでも彼女と結婚したいという息子と何度も激論を交わした。
   別にその少女が嫌いではない。幼いころから見守ってきた一人だし、なにもなければ息子の配偶者には申し分無いと思う。
   でも、難病の彼女を配偶者に選ぶことで息子が晒される悪意を考慮すると反対せざるを得なかった。
   ――――そんなプライベートに反するように組織内でのミツコの重要度は増していく。
   「調子に乗らない事ね」
   「さて? 何のことかわかりませんわ」
   廊下で出くわした出世を競う相手バーバラ・マリーゴールドのストレートな言葉に挑発を投げ返しミツコは笑った。

421 名前:赤霧[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:47:45 ID:Rvp14qLe0 [3/6]

                              __
                          , ィニiニニニiヘ
                        _ zニi三三、ニニヾl
                  , ィ ‐-iz≦三三、三三ヽニ/
          ィァ-,、  _イ   l  l三三三三\三>゙
        /〈メ,、i >i i i i.l  ',  ∨ニニニ>'"
        メイ >/i i i i>ヘ   ヽ  \ニ>'"
       ゝ'"  li>'"   \  \  /
     ,イ/       _    \ >`"_  _
   _/-、 l彡"⌒〉  ィ'/ `メ >'" /´     \
  /  ノメ _ `/_// ̄`ヽ''"  _ ィ          ヽ
 l、 _/ゝ"  〉l(/)/ ///\ ヽ. / l l\      l
  \/ ヽ/ ノ-‐、'//////ハ l\/、lニ≧、     /
  /.l、 / /´  ノ//////// l ヘ \ `<ニニ7|
 /  ヘ大\ ゝ‐'⌒)、∠ニヽ/ l   l / / /,rニ/ /
 l\ ヽ イ―ヽ , ィ' ハ'二二/ l ム/l\/ // ,/ ´
 、 `<≧zzz彡/  l二二〈 ヽ' /.  \<-、、
  ヽ    `` ̄"     l/l三ヘヽ /    ヽニト,.lヽ\
   \         //l ヽl l ̄l  .    l ヽl l  \
     ヽ       / /〈_,l_l ヘ ゛ o  l  l'/   / 〉
       ` ー へ、/ ヘ´  \ ≧z__/ ,l ム //
             \ヘ     /__l iヘミlヽ‐'/    ,r-、
               ヽ    /――l lzシ>―――‐/ ,/
                l   /――‐l_l"/      /l   ヽ,、_/ヽ
                lニlニ二二二二ヘ       l/` 〈\'-〈ヽ/
               .lニlニニニニニニニニニヘ_     ト 〈ヽヽ ヽー''

   目的と手段がすり替わる。
   なにより大事にしていた息子だったはずなのに、組織の戦闘体候補として差し出した。
   やりたい事はやらせてあげようと思っていたのに、今の自分は息子の言うことに反対してばかり。
   息子との日常を安定させるために欲した地位が、いつしか日常に暗い影を落としていたことに女は気付かない。
   組織の中でのし上がるためにデータベースへのバックドアを仕込んで、とある事実を知るまで。

   戦闘体“VAVA”

   過日、バーバラの後ろに控えていた戦闘体の素性だった。


   花京院ミツコは哄笑をあげる。いや、或いはそれは嘲笑か。
   とっくに答えは出ていた。組織の中に入り込んだ時点で間違いだったのだ。
   そうと解れば間違いは修正するべきだ。
   「間違えたなら謝ってやりなおす」ことは、常々息子にも言ってきたことだのだから。

   ――――問題はそのやり直す機会を与えてもらえそうにないということか。
   ミツコの護衛を勤める戦闘体を排除しながらVAVAが現れる。
   「バーバラの指示ね?」
   VAVAは答えない。だが、ミツコがパソコンを操作しているのを邪魔もしない。
   「最期のお願いよ。それを息子に届けてほしいの」
   フラッシュメモリを投げ渡すと、わずかにVAVAが頷いたような気がした。

   先ほどまでと比べて、少し晴れやかなミツコの内心。心残りは直接息子に謝れない事だけだ。
   「ごめんね、ノリアキ。お母さん間違えてたわ。でも、これからのあなたを信じてる」

   血だまりに沈む花京院ミツコを見下ろして、VAVAは何も喋ることは無い。
   しかし、最期に投げ渡されたフラッシュメモリをじっと見てから、それを大事に握り直して踵を返すのだった。

422 名前:赤霧[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:48:13 ID:Rvp14qLe0 [4/6]



    ┌┐
    ||
┌─┼┼─────────────────────┐
│  ||          ┌―――――――――――――――┼―┐
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |      now writing ...
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |
                                └―――┘                |


.

423 名前:赤霧[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:48:37 ID:Rvp14qLe0 [5/6]

   ∧\: : : : : : : : :八/////: : : 、: : : : : : ://///
    ___∨ \: /: : : : : \//: : : : : \: :__//////:.\
 <: : : :∨//\_: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\/////: : : :.\
   \: : :∨////ヽ: : : : : : : :./,: : : : : : : : :.\//: : 、: : : : \_
     .`7: ∨////: : : : : : : : : /,、: : : : : : : : :∧: :.:.∧ ̄ ̄ ̄
     |: : :∨//: : : : :.∧: : : : /, \: : : : : : :.∧: : :.∧
   -=イ: : : ∨: : : : :./___∨: : :./,==\=-: : : :.∧:、: :∧
     ./: : /: :、: : : : |´ ̄ ∨: : : | _\: : : : : ∧:}⌒ヽ
    厶イ: : }: :、: : : :{    ∨ : :| r==ミ、: : : : :∧¨¨`ヽ
      |: :/: : : \:圦'゙⌒  }\_|     \: : : :∧   ‘:,
      |:.:{: : : : ハ ⌒ヽ   ヽ          /,\: :.:∧    }
      |: ; : {: /:∧              /: : : :}: : :/,   ノ
      |/: ::∥:|: ∧    ┌=ァ'   ./{: : : : |: : : :|           ミツコ女史に渡すネメシス外伝はこれでヨシ。
      /: : : / }: : /\    ` ̄    /:::|: : :{: :!: : : :!             さて、暇が出来たらなんか適当に書くか
      ./: : : / /: : :{: : : \       /::::::: |: :./!:.|\: ∧
    ,′: :,:′,': /}: }: : : : : |≧==≦____|:./∥;!  \:}
     {: : :.,'__ノ:.//: ハ: : : : :.}_______}' //    }
    }: : : : ://: : { 乂: :/、_______/\____;′
   _∨: : :{_,ィ――''"~             `''<:/⌒ヽ
 <: : : \_>:\___-、     , --__,,.、丶´: : : : : : :.\
 /: :.\: : : : : : : : : : : : : :´"'''・‐--‐・'''"´: : : : : : : : : : : : : : :: : \
./: : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,,.、丶´:\

                       ゲシュペンストの脚本家は今日も平常運転です。

424 名前:赤霧[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:50:23 ID:Rvp14qLe0 [6/6]
以上になります。お目汚し失礼いたしました。
『Credens Justitiam』は「正義を信じる者」みたいな意味なんだそうですw

425 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:52:51 ID:oaY17g940 [1/2]
乙でした
VAVAさん意志が残っていたのか・・・

427 名前:トリプル・テリー[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:54:03 ID:tMkbx3x00
乙でした

428 名前:サンダウンの人[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:54:45 ID:4mzq8vpx0
乙でしたー赤井先生、ネメシス終わったら大暴走しそうで怖いww

429 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 00:57:41 ID:oaY17g940 [2/2]
・・・最後に思い出したのが自分の作ったホットケーキを美味しそうに食べる
息子と幼馴染達の姿だったらホテルでのコラボホットケーキを食べに
舞台を見た人達も来てくれますかね?

430 名前:昭弘 ◆/kMHZS9w.c [sage] 投稿日:2021/01/13(水) 01:00:32 ID:B3cdeCGY0
乙でした!

431 名前:狩人 ★[sage] 投稿日:2021/01/13(水) 01:01:25 ID:???
乙でした

関連記事
スポンサーサイト




コメント

2021/02/17(水) 03:03:27 | URL | 名無しの住民 #vEVTR6wY
って、花京院の母を殺したのが紬の父~
脚本の魔王~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する