FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:とあるモンゴリアス所属タレントの憂鬱「ダリア様が怖い」

2020/12/19 18:58:58 | 特撮復興二次 | コメント:0件

4382 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 08:46:34 ID:1VxKlU1l0 [2/5]
特撮復興二次 とあるモンゴリアス所属タレントの憂鬱「ダリア様が怖い」

この現場は確かにすごい。学ぶべき事は山ほどある。社長がこだわるのもわかる。
そしてダリア・ギレスビー。あの人から学べれば、学べるとすれば、これ以上の糧はない。
だけど…あの人の目に私達はどう写っているのだろうか。前の現場を放棄してきた私達は。それが怖い。

前の現場… 確かにここほどの熱量はなかった。でもいい加減なものでもなかった。スタッフも共演者も作品の出来には手応えを感じていた。
主役と準主役3人の全員がモンゴリアスの人間だった。私は準主役の一人だった。それが一斉に抜けた。打ち切るしかないだろう。
事務所の命令じゃあ、と皆の多くは仕方がないことだと言ってくれた。監督は笑って頑張れと言ってくれた。でも眼は笑ってなかった。
離脱が決まって仕事で必要以外、口を利いてくれなくなった人もいた。目を合わせようとしない人も。私に懐いてくれていた二つ下の共演者の子からは「裏切り者」とラインが来てブロックされた。
この先、この人達ともう一度仕事が出来るだろうか。私はそうしたい。でも向こうからすれば、私は裏切り者で信用できない人間だ。

社長は切り捨てられないほどに違約金を設定しておかない方が悪いと言い放ったらしい。
自分でそういうだけあって、私達との契約も違約金は法外と言って良い。
だからモンゴリアスから出てあの番組に残るという選択も出来なかった。
引き抜き対策だと説明され納得していたが、こうなっては私達は縛られてるんだと思い知った。

ゲシュペンストのせいではない。それは分ってる。恨むなら、責めるなら事務所であり社長だ。それも分かってる。
ここで全力で励み、学び、吸収して行かねばならない。それが前の現場に対する私に出来る唯一の償いだ。
だけどどうしようもないわだかまりが残ってる。こいつらさえ現れなければと言う思いが消せない。
前の現場に対する悔恨と未練もある。
それを表に出すつもりはないし、出さないようにしてる。
でもダリアさんクラスにはお見とおしだろう。
本当にあの人は私達をどう思っているのか…
近づくのが怖い。あの人に見られるのが怖い。
最も学ぶべき対象なのに、自分から近づいていかねばならないのに、体が強張る、身がすくむ。
こんなざまで彼女の前に出られないが、出なければならない。
ああ、本当にダリア・ギレスビーが怖い。

4383 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 08:50:01 ID:1VxKlU1l0 [3/5]
以上です。
翼をほめてたと言うから、ダリア様は個々の俳優に含む所はない(あっても切り離してる)みたいですが、
前の現場を放棄させられたモンゴリアスのタレント側とすれば、現場の鬼ダリア様からどう見られているか、気にしないはずがないかと。
前の現場に後ろめたさを持っていいればなおさらでしょう。

ダリア様も単于社長に対してはどうでしょうかねえ…

4384 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 08:55:18 ID:1VxKlU1l0 [4/5]
ダリア様が怖いpart2 とあるモンゴリアス社長の憂鬱

:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i``~、、   ``~、、:.:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /.:.:.:.:.:.:/ /
:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ /、  }``~、、      ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /.:.:.:.:.:.:/ /
:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   {  `〉:i:/ |:i:i``~、 、   `゛¨ '' ‐- ...,, _.:/ /__//
:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/    {  //``~;、   |:i:i}~"''~、、___________/
/ /i:i:i:i:i:i:i:i:/     \"''~、 // \  |i:/::.. \   }}   /:/ /:iハ:i:i:i:i:/
 |:i:i:i:i:i:i/         ∧  /~"''~、、 ∥:::... ::....`ヽ∥ /:{:i|  {:i:レ:i:i:i:i|
 |:i:i:i:i:/          / \___弋ト X \ ヽ ヽ _∥ //斗f爪:i:〈.^Y:i:{
 |:i:i:i/          {          ̄「 ::::::::ヽ:...-=彡}}、__,/笊ミx/:/ヾt, Ⅷ|
 |:i:i:{                    {  :::::::}--、  }}ミ/{{{J}}/:i:i{  }! }:i:!
 |:i:i:|                    .....::::::::::::}⌒! .{{ j;圦_シ:i:i:i:{  / }:リ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛¨ '' ‐- ...,, ___  ....::::::::::::::::::::} } .{{ /ハ川リ:i:i从ノ{__ノ/_        こんな駒を用意していたか・・・・・・・!!!!!
                   \ :::::::::::::::::::::::}   {{;ハ川ヲ:i:i:i:i:i:\:ヾ巛
                 _,.。 *''"  ::::::::::::::::::::}  {{;リリリリ``~、、:i:i:i:i:i:i:i}         やってくれる・・・・・!!!!
            _,.。 *''"        :::::::::::::::.   }}//,イ     ``~、:廴,...,_
          /,,,,,,,,,,,          :::::::::::::  .{{/          ``~、:iミh、
         /,,イ从从从ミh、,,, :::..../⌒      }}!                 ``~、、
       / /       ゛゛゛~"''~ゝ、_      ∥
      / ,./   / ./⌒~"''~、、爻从从ミh、__∥
     / ,,イ!    / ./⌒Y__/Y⌒Y≧s。.______/
    ./  从{   {  乂__/  ./⌒7-- /__/_./
   /  从从   \   ⌒``~、./_./__/_イ
  ./   从从ミh、  ミh、            ノ                     /





:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i``~、、   ``~、、:.:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /.:.:.:.:.:.:/ /
:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ /、  }``~、、      ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /.:.:.:.:.:.:/ /
:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   {  `〉:i:/ |:i:i``~、 、   `゛¨ '' ‐- ...,, _.:/ /__//
:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/    {  //``~;、   |:i:i}~"''~、、___________/
/ /i:i:i:i:i:i:i:i:/     \"''~、 // \  |i:/::.. \   }}   /:/ /:iハ:i:i:i:i:/
 |:i:i:i:i:i:i/         ∧  /~"''~、、 ∥:::... ::....`ヽ∥ /:{:i|  {:i:レ:i:i:i:i|
 |:i:i:i:i:/    /\    / \__(_) X \ ヽ ヽ _∥ //斗f爪:i:〈.^Y:i:{
 |:i:i:i/     |  | {          ̄「 ::::::::ヽ:...-=彡}}、__,/笊ミx/:/ヾt, Ⅷ|
 |:i:i:{      |  |          {  :::::::}--、  }}ミ/{{{J}}/:i:i{  }! }:i:!
 |:i:i:|      \__ノ            .....::::::::::::}⌒! .{{ j;圦_シ:i:i:i:{  / }:リ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛¨ '' ‐- ...,, ___  ....::::::::::::::::::::} } .{{ /ハ川リ:i:i从ノ{__ノ/_        やべ、現場放棄させたの逆鱗に触れる?
                   \ :::::::::::::::::::::::}   {{;ハ川ヲ:i:i:i:i:i:\:ヾ巛
                 _,.。 *''"  ::::::::::::::::::::}  {{;リリリリ``~、、:i:i:i:i:i:i:i}         やっちまった? 俺?
            _,.。 *''"        :::::::::::::::.   }}//,イ     ``~、:廴,...,_
          /,,,,,,,,,,,          :::::::::::::  .{{/          ``~、:iミh、
         /,,イ从从从ミh、,,, :::..../⌒      }}!                 ``~、、
       / /       ゛゛゛~"''~ゝ、_      ∥
      / ,./   / ./⌒~"''~、、爻从从ミh、__∥
     / ,,イ!    / ./⌒Y__/Y⌒Y≧s。.______/
    ./  从{   {  乂__/  ./⌒7-- /__/_./
   /  从从   \   ⌒``~、./_./__/_イ
  ./   从从ミh、  ミh、            ノ                     /














              _,/≧<<、__
             > /_,.. ァ―≧<、`''<、
             //::'":::::::::乂:::::::::::::::::≧<〕h、
           / /:::::::::::>::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::Yハ                         / / / /
           , ./:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::!∧      ,-‐7 , -i"l_,-‐、      / / / /
        / /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V::::::::j '!      /:::::/ l_:::::!:::и:::i' r-‐-、 /_/ /_/
         ′,':::::::|::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::ヘ:::::: Vハ    /::::"‐-, /::/l:::l└┘ `¬,_/ /_7 /_7
          i j::::::::l:::::::::::::::::::::::::::: イ:::ァ━=ィヘ::::::::Vハ    ``‐-'  ~  '´
          | {:::::::j:: < ̄`ィ ::::::::::::::: ≧"´ ::: V::::ハ. !
         ! {::::::{ :::: ` ̄イ::::::::::::}:::W::::::::::::::::jハ::::::} V
        ', !:::::ハ::::::::::::: /ゝr、ノャイヾ、::::::: j::::',::::j V
         i }:::::::ハ::::::: く    (j :::::::::: ,ァ ::: }:::::ハ:ハ. V   あらあら、やはり結構悩んでいる娘もいるわねえ。
        |V!:::::::::j    ゝー--‐≦イ'::::::::∥:::::ハ::ハ. V     あの坊やにはお仕置きが必要かしら? フフフ…
        } V:::::::込     >-ー=≦'::::::::::/:::::::::::::j::j!.  W
        ! !:::::::::::::ヽ、    ー‐ ノ::::::イ!::::/::::::::j/   W
         ,  `ヽ::\:::ハ)h。.   :. /::/:::j:::/:::::::::::j    W
       ∥   ∧::::ヾ::j :. `ー‐≦"/::::::j/:::::::::::∥    V
      ∥    / ` }i:i:i:} :.     /' :レ'/V:::::::/     V
      ∥    /   ,ノi:i:i:j  :.    /  .::::::::ヽ/.       V



4385 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 08:58:11 ID:1VxKlU1l0 [5/5]
以上です。
汗追加したら少しずれた。
この程度の微小改変が精一杯でして、お目汚し失礼しました

4386 名前:トリコの人[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 08:58:48 ID:3JSuPhlE0
乙です!
まぁあんな無茶な事推しとおしたんだ、そう思う人間もいないはずないか、これが普通よな。

4387 名前:レンタルオー ◆Qi4Z0GRk8I [sage] 投稿日:2020/12/19(土) 09:00:12 ID:Q5HETgbK0
乙でした
無茶のツケはどこかに現れる……

4388 名前:エイツ ◆SqnlCAyQMI [sage] 投稿日:2020/12/19(土) 09:04:14 ID:BNBis1hx0
皆さま乙でした

4389 名前:携帯キリト[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 09:57:10 ID:Z0ScDRKZ0
乙でしたー

4390 名前:トリプル・テリー[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 10:56:38 ID:nhB2Y6p/0 [8/8]
乙でした

4391 名前:スネア ◆UUcp66tYgQ ★[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 10:57:23 ID:sunea [60/60]
おつでしたー(´・ω・`)
無理を通せば道理が引っ込む、引っ込んだ道理はツケとなる

4392 名前:カシオス[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 11:03:58 ID:PSpzTMUb0 [3/3]
乙でした!

4393 名前:カエル[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 11:07:24 ID:Qncc5nln0
乙でした

4394 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 11:18:21 ID:kDOMl4X10
乙です

4395 名前:スマホ昭弘[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 12:01:46 ID:+S8RP5tD0
皆さん乙でした!

4396 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 12:28:21 ID:K/+uoFQY0

ダリア様は、演劇界隈のかーちゃん枠だったwww(それなら、公開尻叩きされてもしょうがない

4397 名前:パワポケ[sage] 投稿日:2020/12/19(土) 12:32:25 ID:nE+DW9n40 [7/7]
乙でした。

4398 名前:ケーマ ◆lQT1rY0h7LSV [sage] 投稿日:2020/12/19(土) 13:36:37 ID:wic7i5Ew0 [3/3]
乙ー、まぁ準主役で順風満々とおもってたところに下積みしてこいって話になったらそうなることもねぇ。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する