FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:仮面ライダーネメシス 劇場版『LOST ONE DAYS』(仮)

2020/08/22 10:22:21 | 特撮復興二次 | コメント:3件

2477 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:46:39 ID:PoW2va0Z0 [4/14]

 『仮面ライダーネメシス 劇場版『LOST ONE DAYS』(仮)』



                                                   / : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
                                               / : : : : : : / : : : : : : :l : : : : : : : : : : ヘ
                                                 / : : : : : : / : : : : : : : :l : : : : : : : : : : : ヘ
                                             / : : : : : : / : : : : : : : : :l : : : : : : : : :\ : ヘ
                                               / : : : : : : /-─-...、 : : : :l : :_...-──-...、: : :〉
                                                ∨ : : : : :丶::::::::::::::::`丶、/::::::::::/:::::::> ´:/
                                               ∨ : : : : : : :丶、   l/ l    /> ´ : l :/
                                              ∨ : : : : : : :/   , -、   丶、 : : :l/
                                               ___l__> ´ -────--イ_:::::::::`ヽ}
                                               マ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : ̄二ニ=- _
                                               マ_ : : : : : : : : : : : : : : : :[]ニニニニ[] : : :/
                                              γ´ : ̄ ̄ ̄ ̄≧s。_ : : : : : : : : :| : : : : : : : : : : l
                                             / :__ : : : : : : : : : : : :≧s。_:[]ニニニニ[] : :/ヽ
                                           _ r≦ : : : : : ニ=-. ._ : : : : : : : : : :≧s。_ : : : : :_/: : : :ト、
                                           マ : : : : : : : : : : : : : :ニ-. _ : : : : : : : : : : : : ̄ ̄ : : : : : :/ :l
                                          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ-. _ : : : : : : : : : : : : : : : /: : :〉
                                         〈 : : : : :___ : : : : : : : : : : : : : : :ニ-. _ : : : : : : : : :/: : : :/
                                      ヽ . ´ : : : : : : : :≧s。 : : : : : : : : : : : : : : :≧‐--‐≦: : : :/:l
 #0『プロローグ』                                  / : : : : : : : : : : : : : : :≧s。 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : l
                                           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l :≧s。: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :l
  (同志世界のセンダイのようなイメージ)高い壁の傍に沿って居並ぶスラム街。
  街をフラフラと歩く浮浪者と浮浪者がぶつかり合うと、
お互いに罵り合いを始める。一瞬で右腕が変身(オルタネイト)し、硬質化した異形の腕と獣の前足のような腕がぶつかり合う。
 「どちらが勝つか」で賭けを始める者、興味なさそうに距離を取る者、暴れたくて乗り込もうとする者などごった返す中を
まるで時が止まったかのようにスルリスルリとすり抜けていくフードの人物。目深なフードで顔は見えない。
全身を旅人が纏うようなローブで覆われたその人物は露天闇市で売られている商品の一つを手に取り、袖から金属の板のようなものを取り出して店主に渡す。
(貨幣経済が廃れて物々交換で商いが成立している示唆)
 店主「こいつぁ値打ちモノだが、いいのかい?ソイツとじゃ釣り合わないぜ?」
 ??「いいえかまいません。お釣りも結構、包装も要りませんから袋にだけ詰めて下さいまし」
  商品を受け取ると再び雑踏をかき分けてスルリスルリと消えていく。
  その後をジッと見つめている謎の人物。

2478 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:48:08 ID:PoW2va0Z0 [5/14]


                                /:::::::::::::::::::::{ }  //////////\////\/ヽ ゝ:::::::::::::::::\
               \              /:::::::,ヘ:::::::::::(> /7 ̄フ=  ̄  ̄  ̄  ̄ \ヘ/∧ ノ_,,. -‐'ヽ:::::::\
               ニニ\           /:::::::::i l:\\ )) ////  _ V ⌒ ゝ-(⌒ゝ、 \/ > イ:::::::l |:::::::::::::\
               ニニニ \         /:::::::::::{ i:::::::\\    r..イ::::::::::::::::::::::::::::::::...ゝ、  \{ {::::::::::l |::::::::::::::::::ヽ
               ニニニニニ\       /::::::::::::::>====  > r イ:::::::::::::::ii:::::::::::::::::::::::::::::::::....、 Y ===≪:::::::::::::::::::::::ヽ
               ニニニニニニ=\     /::::::::::::::::::{{:////::::::::::::::::l::::::i i::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::i 木  7/::::::::::::::::::::::::/-= 、
               ニニニニニニニニニト、  / /::::::::::::::::::> //ヽ/::::::::::::::ii::::::l l::::::::::::ii:::i i::::::::::::::::::::::l >ヽ\/\:::::::::::::::///(●ノ
               ニニニニニニニニ lニl\  /::::::::::::::::://ヽ// /::::::::::::::::l i:::::l l::::::::::::i i::i i::::::::::::::::::::::l==ヘヽ \\ /ニム////
               ニニニニニニニニ lニl//\{::::::::::::::://  //ヘV:::::::::::::::::ィ'ヾトミ ヾト::::{ィi::l'示:::::::::::::::::::l   ヽヽr イVニニニニニニj::::,、
               -=ニニニニニニニlニl////\:::::::::::l/  Li  li l::::::::::::::::ト弋zソ  ヾ  ゝ¨ノヽ:::::::::::::l    l l ///lニニニニ/::::::::,
                 ` -=ニニニ/ ///////\::::::i      li l:::::::::::::::lヾ、    '      /,:::::::::::::l   /ソ////ニニニ/:::::::::::::::::,
                    ` -ニ//////////ハヽ      li l::::::::::::::l   丶   -‐   /l:::::::::::::::l、 / <//ニ=/ l:::::::::::::::::::l
                        ヽ ///////  }ト、;;;;;,,,,,ll ;:::::::::::::l {=> 、     イ7 l;;;l::::::::::::/ ,,人 ノ// l/l´ ) i::::::::::::::::::::i
                          ママ //八 ノ/ム;;;;;;;;;;;;;;i ,:::::::::::l ) ニニニ≧ ≦ニニ( l;;ll::::::::::/;;;;;;;l Y//(_ノ/l -イ l:::::::::::::::::::l
                         ( [ |ニ つ/////\;;;;;;;;;;;;;ヽ:::::::::l   ゞニニ=ニニr '  l;i{::::::::/;;;;;;;{ V ( ゞ=イ イ;;;;}::::::::::i::::::::l
                          ノノ==彡⌒ノ_/// l;;;;;;;;;;;;;;) ,::::::l          / i;i:::::::/(;;;;;;(  〉 、  ̄  l >;;i::::::::::li::::::::l
                         {:::Y  -- ´ ノ////l;;;;;;;;;;;;;( ヽ::l            /::// 7;;;;(  \ _ ̄ //;ノl:::::::::l l:::::::l
                         )::::{ ゝ__ //////l;;;;;;;;;ノ _ノニニYニj_    r=ニYニ=レ 、 ゝゝ     ̄ )   i::::i:::i i::::::
                          ゝ,::::::::T\//////l;;/ ノニニニニニニニ ヽV ノニニニニニニニヽ  ヽゝ   r ソ  /:/ l:::i i::::::l
                           ゝ- \ \////ト <ニニニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニK / ゞ=イ   /:/ l:::l i::::::l
                               \///ノ   Yニニノ`¨ヽ ニニニllニニニノ ヽニニニニY        /;/ /::/ l::::::l

 #1『隠れ里』
  スラムを離れ、遠くに見える高層都市のようなドームの建物を背景に、野山を征くフードの人物。
  「止まれ」
 短い警告の声にフードの人物が立ち止まると、樹木の陰から2体の戦闘体が現れる。後ずさりして距離を取るフードの人物を狙って、戦闘体の攻撃が放たれる。
 火花、爆発、宙を舞うローブ。
  フード付きローブの下から現れたのは漆黒のバトルドレス。時崎狂三。
 両手に形成した二挺拳銃で牽制を放つが、戦闘体への牽制にもならず、徐々に追い込まれていく。
 あわや追い詰められたとき、空を裂いて飛来する存在。地面を凹ませて着地したのは一人の男。
 「変身(オルタネイト)」
 その体が青い光に包まれ変身を遂げた後の姿は―――パイレート怪人だった。
  その後、戦闘体「シグマ」が加わり、2体の戦闘体を倒して戦闘終了。
 「だから言ったはずだぜ“姐さん”、俺たちのどっちかが護衛についていくって」
 そう軽い調子で語るシグマ(人間体ポルナレフ)に、「ありがとう、でも偵察や潜伏は独りのほうが得意なので」と返してスタスタと去って行く狂三。
 ポル「振られちまったかね?」
 海賊「オレにその手の話を聞くな」
          ________
       /´         / \
      {============≦{.  \‘,                          __       \        、
      {     \\\\人   }li}                           \  \_\ \   、\  |ヽ
      }=======ミ===\\\ }/                          _  \      \ \   \ ノ   V/
      }=======ミ{      ̄\_/                       ∧  \\   丶 \   ヽ      > "  ̄ 7
      }========{   }     {                        ∧   \\ \    丶    > "       ∥
      }========{   }      ‘,                        ∧     \____ > "          _ ∥
      }==={⌒\_〉  {_____ノ__                         ∧                   /〃、/
      }==={ {\      く二ヒ「\                        ∧                  { l //
      }==八  (_   \      ノ                        ∧                 八'/
      }//\_∧   }   ___{                           /∧_________r‐ 、 ´ /
    /// / )∧  }  /ニニ「    / /                     _/.::::::::::::::::::::::::::::::::::.'//∧ー  ̄ "_了
    /イ  /// { ̄(∧  }    ̄__)     /´ ̄}_____       _/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八//ノ-l  ̄ ̄_7
    /// / {// 八__(/∧‐-  .,,__〉    __{ ー{__,}_{_(____)   _/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く  工二ハ  _∥
     {///}(          /´    ///   {_(__} ノノ  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ̄ ̄ ̄ ̄ ≧ 、
     //     _____/     / { {人__{(   }  __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"  ̄ ̄ ̄ ̄ ≧ |
    /     ,x≦三三三三三三三三≧x,___   {===ィ  ///.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ≧ ―― ≦_ )) l l     r≦三三三≧ 、
  /{    /ニニニニ=-‐     \    `\┴─┘///.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ. : : : : : : : : : : : : : : : ≧ー/////////////,\
      /ニニニ/⌒\         \       \

2479 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:49:25 ID:PoW2va0Z0 [6/14]


 #2『明』
  山の中の廃トンネルを越えた先にある秘境。かつて村落としては廃棄されてしまった場所を立て直して暮らしている『隠れ里』。
  MARNの掌握は世界を呑み込み、世界の大部分はMARNに支配された戦闘体が支配する地域か、
或いはMARNの支配を受け入れられなかった人々が細々と隠れ潜むこんな『隠れ里』がいくつか点在しているような状況だった。

 (シーン転換。高層都市ドーム内はきらびやかな文明都市のままで、上流階級の女性たちが男を奴隷のように従えて
 贅沢三昧を繰り返している。そのおこぼれのようにゴミとして廃棄されたものを、スラムに住むことしか許されない
 下層市民が奪い合っている。)

  隠れ里で明るく挨拶を交わす隠れ里の民たち。狂三も微笑んで挨拶を交わしながら、自分の家へと帰る。
 「ただいま、明」
 返事は帰ってこない。布団の上に仰向けに寝かされている明。
 「今日は合成肉(バイオミート)が手に入りましたの。好きだったでしょう?カツ丼」
 努めて明るくふるまっている狂三の声にも反応しない。
 (ジュウジュウとバイオミートがカツになっていく調理音)
 「起きないと、貴方の分がなくなっちゃいますわよ?」
 独りごとのように呟いた狂三の頬に、一筋の涙。



                               /::.::.::._{  j∠ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ=-く/    }::.i/::.::.:\ニニ- _
                              /::.::.::.::厂{∠  ( ̄`\  ̄ヾー‐厂 \ΞΞΞ-\  _ノ::ノ::.::.::.::.::.\ニニニ- _
                        /::.::.::.::.::.( /⌒) \  厂Lノ  Г\ \ΞΞΞ-<´_{__{__::\::.::.::.::.\ -ニニニ- _
                       /::.::.::.::.::./ (_ (___)ン::.::.::⌒ー┘::.::.)\/ーくΞΞ-\   )::.: \::.::.::.::.\ -ニニニニ-
                     /:: /::.::.: ( ̄./ ー‐:: /::.::/::.::.::|::.::.| .::.::. |::.:(_〈_r‐..、\-ΞΞ}j>ー<::.:\::.::.::.::.\ -ニニニニ
                     ::./::.::.::.::.::.::)/::.::./::.::.:|::.::.|::.::.::.:|::.::.|::.::.|::.|::.::.::.::.::.::.::.::.:\}Ξ ァ'~ ̄i ̄「\丶::\::.::.::.::.\ -ニニ
                     ::.::.::.::.::.::.:://::.::./:: ;;.斗-:||::.: |::.||::. |::.::.|::.|::.::.::.:: |::.::.::(_ノ^ヽ」 {_ノ::.::|  | |::.::.::\::.::.::.::.\  -
                     / ̄::/ { √::.::/::.::.|| ::.|ト |::.||::.::.::.::TΤ ̄Τト .::.::.:: Lノ | {{____|_.ノ_.ノ\::.::.: \::.::.::.::.\
                     /::.::.:/ /`7::.::.::. |::.::. 八__|| |:||::.::.::.:|八 .:: |::|::.::.::.::.::..└‐勹\ー――┐ )| ::.::.::.::.\::.::.::.::.\
                     ::.::.::.{ {  .::.: |::.::.|::.::|ィf^れうミト八 :: |::.:| _ッ==弌::.::.::.::.::.::.::.::.::.∨ 7⌒\ |_彡八::.::.::. |::.::\::.::.::
                     ::.::.::./\i::.::.|:: 八 ::|八 い:,,,ノ}   \いトアi´ | / \::.::.::.::.::.::.::.: ∨八   )|./ |::.::. |::.::.:: |\::
                     : /// |::.::.|::.::.::.\:ハ 乂;;;ツ        、 ’ ノ ノ个:k::.::.::.::.::.|/  \ノ    |::.::.:: |::.::.:: |::.:::_
                     / (__|__ :|:|::.::.:トー\ :':':':   ノ       `'¬'^.:':':' |::.| ::\::.::|ノ   ノ;.     | ::.::.::|::.::.:: |::._ニ
                       \    ノ:|:|::.::.:|   |八                  」::.|〉 ::. )::ノ::.|//     |::.::. |::.::.:: _-二
                           ̄「::.::|:|::.::.:乂_ 丶   、,,_ _,       _-ニ|::.|Λ:∠j/ /        |::.::.:: |::._:-ニニニ
                            l:|::.:|八 ::.:: \⌒     ゝ ::::ノ    _ -广二|::.|  { ̄   Λ       |::.::._ -ニニニニ
                         从::.|::.::.\::.::.::\       、_... -=广二二二|::.|  {__,,. イ:: |       _ -ニニニニニニ
                                \::.: ::| \::.::.::\      く厂二二二二 ノ:人  }::.::.|::. | ___ ‐ ニニニニニニニ-::./:
                            |::|::.::.::.|  \( ̄        __〕ニ 冂L二イ⌒┘ ノ::. -ニニニニニニニニニ-::./::.:/::
                            |人::.::|   \  _  -‐‐㍉冖┘  __. -=ニニニニニニニニニニニ-::.::.::/::./::.::.
                              \:|     ,.'´       _ -=ニニニニニニニニニニニニ-:7::.::.::.::.::/::./::.::.::
                               \     '     _ -ニニニニニニニニニニニニニ-  ̄/::./::.::.::.::.:/::./::.::.::.::
                                      ;   _ -ニニニニニニニニニニニニ-  ̄.    /::./::.::.::.::.:/::./::.::.::.::.::







          、............l         |::        l.............,
         ∧...........l       ‐ ‐      '.........../、
         / '∧.........l、     , ― ― 、  / l......./  \
      _〃   ∧......| .\ / ´ ̄ ̄   }  '. |..../     !--- _
    ----- l      ∧...l . . \  , : : : .  / , . レ,      |---------
   -------|     ∧j . .V. . . . ―‐. ." . :/. . /       !-------------
   -------|        》  . .V. . . . . . . . . ./. . /      |---------------_
   -------|       /1   . .V. . . . . . . ./. .  l≧、      |------------------ _
   -------l     / --| ―‐ 、ヽ. . . . ./ ―‐|--\    ノ--------------------

2480 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:50:19 ID:PoW2va0Z0 [7/14]
                                                                __
                                                             ィ≦;::::ミx、
                                                               r'v'rゥj'≧N_
                                                          _,r'⌒V r-'、 ,/イ: :`ー-、
                                                      _, -‐'´: : : : : >≧チ;/: : :;; : : \
                                                     /: : : : : : :_:/: :/;;;;;;|: : ;;;;/^\ : : \
                                                 r、.「TY^! : : : / ̄ : : /;;;;;;;;;∨;;;;;廴  \___/\
                                                 ヾl .l l レ7/: :_; :-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ: :;;;;, ̄\. U^Ll」
                                                   廴_ _,.イ: : イ / ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\_;;; : : : ヽ
                                                     |/ ⌒ス ;;;;;;;; ,,;;;;;/リ   \: : : i
                                                         〈;;;;;,;;;;;;;___;;;;;;/イ     \ |
                                                         };;;;;;;.:.:.:.:.:;;;:.:./       `
                                                         |:.:.:/:.:.:.:.:;;:.:/
                                                         !:/:.:.:.:.:.:.:./
                                                            V:.:.:.:.:.:.:./
                                                          ,}:.:.:.:.:.:.:/
                                                          j:.:.:.:.:.:./
                                                            j:.:.:.:.:.:/
                                                         j:.:.:.:.: /
                                                            j:.:.:.:.:./
                                                         j:.:.:.:.:./
  #3『過去』                                                  j:.:.:.:.:/
   (原作ネメシス第一話のストーリーの焼き直し)                           j:.:.:.:./
  襲い掛かるオメガ怪人。「危ない!姉さん!!」                            ,L..ィ
  咄嗟に狂三を突き飛ばして飛び出した明の腹部を抉るオメガ怪人のオメガハンド。    {;;;;;;;|
  「明ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」                                    └ー'
  狂三の絶叫と、血反吐を吐く明。死を間近にして、明の身体がスパークする。
  「―――変身(フォームアップ)」
   バチバチと火花を散らし、オメガハンドに貫かれたままネメシスに変身する明。
  そのままオメガ怪人にゼロ距離からライダーパンチを放ち、爆発するオメガ怪人の爆風に巻き込まれ、海に転落。
  明を追うようにして海に飛び込む狂三。
  波の音だけが残り、その場には誰もいなくなった―――。

  「―――あの日からずっと、目を覚まさない」

   横たわる明の前にも食事を用意して「いただきます」と食べ始める狂三。
  食べながら「今日はこんなことがあった」「隣の〇〇さんの子供が~」と明に向けて在りし日の思い出のように語り掛ける狂三。

  家の縁側から外にズームアウトしていき、庭の竹垣の上にポルナレフ。
  「チッ、見てらんねぇぜ」




    :.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.::/ ̄¨''<__/ / (. . ./:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂ソイ`ヽ:/:∧    イ::::::::.`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:/:/:.:.
    :.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:l       / ∠=、  `7:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ:/:/.:.:.:.:}ヾ/∧イ 〈::::::::::::::::∧:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:/:.
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__   / /. : ../`ー'升:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.::/.:.:ノ‐く:/:∧ー ヾ:::::::::::::∧:.:.:.:.:.:.:.:.∨::/
   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.::[二ニ{ λ: ./:.:.:.:/:.l.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.::i:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.(    \:.}-=イ\:::::::::::∧:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.
   :.:.:.:.:.:..:.:.:/.::/   |/ Y:.:.:.:.;.:.:.:l:.:.:.:.:.::i:.:.:.:.:.:!:.:.:.:| ∨:.:.:.:.:.:.:..:.:l:.:.|:.:.:.:.:!:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.`ー=イ´`ヾ  |   \:::::::∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.
   :.:.:..:.:.:/.:.:.:∧    / _,ノ :.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.::l:.:.:.::|   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨::/.:::|. : ,人=ニニ二二二: : <:.:.:.:.:.:.:.
   :.:.:.:.:>'.;二二ニニ={/.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l:.:.:.:.:.l:.:.:i:.| /|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.|:.:i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨::/:.V´ ヽ≧t:.,_   \:::`ヾ.:V:.:.:.:.:.:
    /:/     /:, イ: . |:.:.:.:.:.:l .:.:.:.:.:.:.:.::/l:.__;:厶斗匕.. |:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:|:.:`¬:十‐-:.、:.:.:.:.:.';:.:.:.:.∨::/ `Tヽ! `ヾ:`ヽ   \:::l: :|:.:.:.:.:.:.
   {: :〈     /:/ /:〉‐|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. √l:.:.:.|:.|:.:.|イ   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::.:i:.:.|:.:|:::::.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.∨::/.::!_,ハ:\  \:\   /: /:.:.:.:.:.:.:
   ヘ: :∨  /:/  /: {__,|:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.::| ,k:.:.{:.|:.i:|=ミ、 |:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:|::.:|:.:.|:.:ト、:::::.:.:.∨:.:.:∧:.:.:.:.∨:.:.:|ーz'V、:\  \:\/: ∧:.:.:.:.:.:.:
    ∧: :`7: :/  ,イ: :/ヾ|:.:.:.:.:.:|::.:.:i:.:.:.:.:.:|/   >!ハ从ヽ ヾ:,\:.:.:.l .:.:.:.:.|::.:|Ⅵ;/´ \::::.:.∨::.:.:.ヽ:.:.:.:.\:.|( ヘ: Vヽ:.\  \:∨ ヘ:.:.:.:.:.:
      ,>/: :/  //:.:/  .|:.:.:.:.:.:|::.:.:|.:.:.:|:.:.《  { l: i! l: }    `ヾト、 :.:.|::.:|  {   ∟\::::.\:.:.:.:.\:.:.:.:.\` \\\:\/У  ∧:.:.:.:.
    /.:λ: ヽ, //: :/  .|:.:.:.:..::|::.:.:|.:.:.:ト、:.:lヽ 弋 ゞ=' ノ       \ト、! 弋   ノ \::::.\:.:.:.:.\:.:.:.:.:`:..、.l\ヽУ:/    ∧:.:.:.
    / :/ \: :.Y.: :.l    |:.:.:.:.:.:l::.:.:|..:.::| ム |  Y ,ニつ´               とニつ |:`'⌒::\:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.>i'ー‐く: :∨   ∧:.:.
    :/   /\|: : :l    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! .:::| {,ハ!  l ;'   ゚; 。     i:.      。゚     ゚o|::::::::.:.:.:.:.l>::.;.:.:.寸¨´|: :|   ヘ: :∨    ∧:.
    /    l: : 厂 ̄   |:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|.:.:::| ゝイ  l ;    ;                  |::::::.:.:.:.:.:.|:.:.::::::厂⌒ |: :|    ∧:.:∨
        l: : :l      |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|.:::::|、 l!  ! ',    l;                i;      ;ハ!:::i:.:.:.:.:.l:.:.:.:.: |    |: :|    ヘ: :∨
       |: : :l       |:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:::::::| `''圦 l ',   l;    r:====:、   lj      /ィ|:::l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.: |    |: :|     '; : ',
       |: : :|       |:.:.|!:.:.:.:i:.:.:::::::::|    ヽj.n ;   :lj,   l/´: : : :`ヾ}        ι |:::l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.: |    |: :|      |: :.|
       |: : :|       |:.:.|l:.:.:.:l :.::::::::::|     Y l      L: : : : : : : 」       イ。  :|:::l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:|    |: :|        ¨´
       |: : :|       |:.:.l.l:.:.:.|:.:.::::::::::|       し’h。             ,.rf〔 o  |:::.:.:.:.:.:;'.:.:.:.:.::l    l/
        `ヾ|      |:.:.| ';.:.:l :.:.:::::::::|          _〕h。       ,.rtf〔__   ;   |:::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:;
              |:.:.| Ⅵ:.:.:.:::::::::|     ゚。 く:i:i|   >  <    |:i:i:)  ij  |:::.:.:.:/.:::.:.:.:.::,′
              |:.:.|  |:.:.:.:.::::::::|      .o 〈i:i:Lr― 、_r― 、_,ノ:i:i〉    |:::.:.:/.::::.:.:.:.:/

2481 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:51:43 ID:PoW2va0Z0 [8/14]
                                                                            / |
                                                                           /  U
                                                                       l | /    |  / /
                                                                       |∪′   L/ /(
                                                            、    、     : |            /
                                                         _z"~~゚"' 〉     U           (
             l l /  i l   /  ヽ、  /                              /    .ィ^Υ    |  /⌒          ̄ /
            l l'   V i  ./     iノ / l                                  人  ,(¨「 L   | . /  i|i        /
           l ! i   \. /   U l / .l                                ___>-->‐≦-ァ‐‐<_   l| |    i|i      /
            ll j J   ^      ,ゝ .|                            (┌─┤/:/.:/:/_   } l>‐''¨¨¨''‐- ||i    (
             〉、        u  ,,.ヘ\ |                            ‐‐───'‐'/.:.:.{⌒¬//L,,__,,二 ニ_|||    >‐
              lヽ.ヽ、..,,__ v--‐''"::::::/ i |                              \.:.:.:.\/.:._ニ=‐⌒7⌒^⌒ l| l     ||i   (_
             ヽ ト、::::::::::::::}nヽ-、:::::_ノ /l |                            `¨フ 77二ミト、/      | |    i|i   (
              \! `¨';::i´l::l U jノ´ ./ l::.l                            へイヽ/,/二ミ_/      .  | :、  i|i    \
             _/ Vヽ ゙、ヽ::!,.、' U f l:: \                  /\_/ ̄(二フ¨¨¨フ⌒>…‐-   ,_  ∩ \ノ       ( ̄
            i´ そ ';、',  `゙ー'__.....、 i /::ヽ i ヽ、_            ___/   \  `¨゛ ,/ /       }  l        (`
            l/_,,...';:\ '"¨´__, ̄ ./::  ', lヽ--..,レ ̄ ̄ ̄      /   ̄ ‐   /  ,/ / _, -‐  ̄  }  |     |\  \
        _,,..,.ィ'¨´   ';::::ヽ `゙i  u /::    i l ヽ:::::::゙ヽ-       ,/           ,' /_  -‐…‐-=ニ _  / (  ∩/⌒\   \ (
    ,. '´ _,,.. ´      ハ\:ヽ、 l.__ノ::      l l  i:::::::::::l      /⌒マ¨¨¨ /  ,'/         て__ / /    |    丶  \
  /  '´  /     U l::::', \ ̄::::::   J  !    l::::::::::l    oC'   ,)- <    /         C⌒フ¨゛
 / / _,.ノi        __l:::::ヽ  ヽ::::: u     `ー-/::::::::::!    (¨○C¨゛    `¨¨゛         〔⌒(○
                                     ヽ _〕                   ヽ 〕
                                     ̄ ̄                    ̄ ̄

 #4『道場』
  隠れ里の子供たちがみんな集まり、道着に着替えて練習をしている。
 教導をしているのは―――パイレート怪人だった男(イメージは猗窩座(鬼滅の刃)。
  強さを追い求めより強い敵と戦っていたパイレート怪人は、己のダメージの蓄積からある日一時的に洗脳が解け、
隠れ潜んでいたドクター木山の下で洗脳の解除に成功し、それ以来ずっとMARNと戦い続けていた。
  子供たちに護身術として手ほどきを終えて、ヤカンで麦茶を飲んでいる猗窩座のところにやってくるポルナレフ。
 「今日は一本取らせてもらうぜ」
 戦闘体に変身し、ぶつかり合う二人。シグマの剣術をパイレートナックルで弾き、回し受けからの正拳突きでシグマを吹き飛ばすパイレート怪人。
 「だぁー!畜生!」地団太を踏むポルナレフを見ている猗窩座。不意に目の前にノイズが走る。
  (モノクロシフト。どこかのジム。顔の部分が映らない誰かの姿)
  ふいに眩暈を起こしたようにフラついて現実に戻る猗窩座。今の映像は……?困惑する中ドクター木山から声がかかる。
 「定期健診(メンテナンス)の時間だ」
 シグマと二人、そろって木山について研究所へと降りていく。




      /:/|:.:::::: |:.::::::::::.V::.:l:::::l::::::::::::l::l::::::.:.:.:.l:::::.:l:.:|l ヽ:.ヽ\:ヽ:.:.|l:.:.:.l::.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l:.:.:l:.lハ:.:.:.:l:.:.:.:.:..\
     /:/l |:.:::::: |:.::::::::::::.V::l:::::l::::l:::::::l::l:::::::.:.:.:l:::::.:l:.:|l ノl:.:.l  \l:.:|l:.:.:.!:::.:.:.:.l:.:.:l:::.l:.:.:Vハ:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.\
     l:/N |:.:::::: |:.::::::::::::::.Vl:./l::::lヽ::::l::l::::::.:.:.:l:::::.:l:.:リ  l:.:.l    l:.|l:.:.:l:::::.:.:.:l:::.:l:::::l:.:.:.マハ:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
     l   |:.::l::: |:.:l::::::::::::::ヽ:lハ::l ヽ:l::l:::::::.:.:.l:::.:.!:.:l _,.l斗  ̄ Wl:.::.!::::::.:.:.!:.:.:lヽ:ヽ:.:.:マハ:.:l`丶、:.:.:.:.:.:.\:.:丶
     l   |:.::l::: |:.:l:::::::::::::::::ヽ‐ハ:l==ミl::lヽ::::.:.:l::::lイl ,. -jノl  ̄ _,. l:::lァ:::.:.:.:!ヽ:.l \\:マハ:.l:::::::::.\:.:.:.:.:.:.:`丶:.\
     l   |:./l:: |:.:l::::::::::ヽ:.:.:.l 从´ ̄ N ヽ:::.:.l:::l Vl ,....:‐弋乏ツ::イl:::::::l:.:l:::ハ::l //\\:.:V:::::::\::::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー‐
     ヽ  j/l:!:: |:.:l:::::::::::::::\l ヽー‐tzァ- ヽ:.:l::l ヽ tzzzzzz彡//l::::.:.!://Vl::l//:.:.:Vi` ー :.', :::.:.:.\::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       / ノl::: |:l:l:::::::ヽ:::::::::.\ 戈zzzヌ,.  lヽl::l `ヾ        l/l:l::::///___ l:lノヽ:.:.:Vl :.:.:.:.:.', :::.:.:.:.:ヽ:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.
      / //l: |:l:l::l:::::::lヽ::ト、::V\ : : :   : i|  ヽ             l l:/V./Z::::ハl:::::::ヽ:.N :.:.:.:.:.:.', :::.:.:.:.:.:ヽl:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.
     ノ // l:八l ヽ:::::::!:::ヽ:.:i: : : :\ : . . : i|   \         ムイ // : V从l:::::::l: 〉l :.:.:.:.:.:.:.:', ::::.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:
       /イ j/  丶 ヽ:::l:::::::lハ ` ー. : : : : i|、              /: : : : :V::::l:::::::Vl:l :.:.:.:.:.:.:.l:.:', ::::::.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:
                l::ヽl:::l:::lノハ::::::\: : : : : : `            . : : : : : : >、l:::::〃ll :.:.:.:.:.:.:.:l:.:.', :::::l:.:..:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ:.:.
              V:::ヽlノ:::ハ::::::::l:丶 : : : : : t ー‐ .、    /: : : : : :/  /::/ ll :.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.l :::::l:.:./:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.\
              /:::/::::::::::::::〉:::/::::/:::.丶 : : : こ二   /: : : : : :/  /::::::/:. リ :.:.:.:.:.:.:.l:::N :::::l:./:.:.:.:.:.:.:.:l:\:.:.:.:.:.:
               l/::/:::::::::/:::://:::::::::::::::> 、:    イl   _ r '゙   /:::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::lノ :::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::.\:.:.:.
            /::/:::::::::/:::/.:::::::::::::::::://  T   〉--〈ヘ     /::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ::ノ_ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::::.ヽ:.
          _ ノ::/:::::::::/:::/.:::::::::::::::::://     l    ハ  r':ハ   /:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.| ',  `丶、:.:.:.:.:l:::::::::::::::::.ヽ
        ,. - '::::/:::::::::∠ イ:::::::::::::::::::〃/      l   /,.⊥.. l<l ハ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/ ノ | ',     丶、l:::::::::::::::::::
      /,.ィ ´:::::::::::,. ィ 7:::::::::.:.:.:.:.:::::::〃/      l   /|三三三 >/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/     |  ',       \ __ :::::::
    ///::::::::::::/ ! /::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::l〃/        j   /. |三=三 //::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/       |   ',          `ヽ
  // /::::::::/   l/:::/:.:.:./:.:.:.:.:ノ,.イ      〈__/  |三三 //::::/:.:.:.:.:.:.:./:/        |   ',     /

2482 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:52:22 ID:PoW2va0Z0 [9/14]
           >  、 _ `´ ヽ ー、ヽ ̄ `丶__             ____ \   \__
     ー、‐ ゙テ ― 、\  ヽー―    ― -    <´            \              \__
       ア  `ヽ ` `/   ー   - ―  、>             \                \       ____
      /ー―  ヾ 〃 /   / `ヽ    _`フ          ___\                \     /       /
     フ _\ー、\∨/ ―<__―― ー―  〉         \__                       丶/         /
   ∠-,ー  <   ゙ / < _    ヽ `ヽ ̄、 ̄ /          ___\                      /       /
    ∠ ー‐ァ‐テュヽ<_ ―ー_`ヽ ̄、 \ \ ゙ ,'          ∧    \                    /         /
   / イ/ ,'i:!:/ /.i:i/7:!.<――    ゞ`ヽj l          ∧       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           /
  ノ_7 i:i! ,'i:!/ /:i:/ /i:i:/ `ル`ー <ヾ \} |            ∧                         ―/
    / '| ;i:! ;i:i:1 !:i:/ /i:i:/    レ\l ハ>-、 ヽー                ∧                         /   /
      ':i:! j:j:l!,,i:i:!,,/i:i7,,,,     1イ / fこ_ \ヾ|             ∧                      \l   /
      i:i ''゙゙:i:! j:i:!_j:l:厂゙゙      ´ 人ルコ } .!                  ∧                 _     /
      ヾi:、 <:i''i:i!_ィテ斥         之‐' 人,|                  ∧――――――‐ ⌒ ――{ \ __/
       ヾ:!  }逐匁マ‐ミ;,__.,.,.,.,.,.,., /  / ゙゙ノ:!.               /-------------l {///}l__  ̄ __「
          j;i  ヘ;:;、ヾ;:;:.-;.,.,._,.,,ー,'/ー ´  ∧:::!              / ------------ 八 -ノ―l  ̄  o∥
       /゙゙    ヾ;:;:;:.、,.,.,.,.,.ーー,'   ヾ/::/ 、             /---------------/ T ――\  o∥
          `ヽ´    ゙ー――― ‐'   ∠::/  ∧:            /---------------((   L ――‐∧ o∥
            、_-_、        ,,癶 ∠::/  |∠/\          /-----------------)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              ヽ      ∠_/:::/  ∠::::<              / ----------------〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶/
               丶_ ‐ \:::<~_..∠::::ヘ::::::、         /-----------------((            /
                      `ヽ:::::/   ∧::::::l        /--------------------))  ̄ ̄  ――    /
                         }::::!   / /!::::i     /----------------------((          ̄ ̄ ―‐
 #5『余命』
  メンテナンスを早々に終えてさっさと立ち去ったポルナレフとは違って、猗窩座はベッドの上であおむけになったまま、木山に問いかける。
 「俺はあと何回全力で戦える?」
  パイレート怪人の必殺技「パイレートブロウニングファイヤー」の正体は、自身のパワーを無理やりに集中、
臨界突破させながら放つ「自爆技」である。その負荷はこれまでの戦いでじりじりと己の身を蝕んできていた。
 「あと2回。いや、後1回の使用にとどめたまえ。さもなければ君の身体は臨界を越えた熱量で自壊して果てる」
 「―――十分だ」
  瞑目していた猗窩座が目を開く。
 ズシンと思い衝撃。揺れる地下研究室。「敵襲か」呟いて飛び出していく猗窩座。
 「やれやれ……コイツを使いこなせる人材くらいは生きのこって欲しいのだがね」
 疲れたように呟いた木山の後ろ、研究機材の中でカプセルに保存されているホッパーゼクター。




                                              /\
                  H                        .,-'"~   〈_
                  | |                     _,/~    /  <、
                  | |          ,-―' ̄ ̄二フ ̄ ̄_    /    〈
                  」__L_____/  _,-'" ̄    ,-'" /  /     く
                 てフ __       /,.―――、  \/   ./ ヽ、    /
                   ヽ、`ー-ニニニニr' /:::::::::::::::::::\     /   l、   く
                    `ー^>、    | |::::::::::::::::::::::::::::|   /    l、    <
                      / `-、,--、.| |::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄フ   l、   <
                      /   / /\ \\:::::::::::::::::::/ /_/~     l、  .|
                     /  / /  .入 \`ー―-'" //        ゝ  |
                   r'" ,イー-'  ./ \_ ̄ ̄ ̄ ̄/          |  r'
                    ̄ ̄  ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄           L_|

2483 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:53:46 ID:PoW2va0Z0 [10/14]
             厂:i:i:i:/:i:i:i/ -‐-  \ \ \  / . {:iし:}
              ん:i:厂:i:i:i:i/¨⌒i ‐- 、__〉、、 〉  Y ,:へ {:i:i:i:}\
               ん:i:ん:i:i:/:i:i:ir‐''゛⌒^}:i:i:i:{⌒フノ ̄~>'゛>、:i:ヾ,八:i:i:Y                      ,,-z'7,,r'',,..-‐ ,,,...-
           ,ィ:ん:i:ん:i:i/:i:i:i:/\ヽヽ l:i:i:i:l厂  /i/ ,.イ:i:i:i:}:i:i:∧:∧                  __,,..-''  l,:'_'_-_''_¨_,,,,,,...
            {:ん:i:ん:i:iノ:i:i:i:i{\:i:∧乂ゝ::i:i:: ,/ /:i:/ /:i:{:i:i:i:i:V:i:i∧:∧                  /r 、i ,'... ,, - '    l
         /⌒¨⌒¨{:i:i:i:i:んヽV ∧ ゙ l:i:i:l / /:i:/ /:i:i/A:i:i:i:i:V:i:i:∧‐}                 ,,-´ ` ゚'’ゝr',,_  '' ,;'´u l
         { 〈 / ( 厂 ¨{ヽVAV:i∧ ハ:i:ハ  :i:/ /:i:i/:i:i/∧:i:i:iノ¨゛〉  }          ____/ Lヽ u /¨ -ヽ '',,__. !
          ‘, { {  }    {¨"''<}\:}/ }i{ ∨{:i: {>''"¨「 /¨゛ } / :l {        r'´_!、/./、ヽ     ` 、o ,,トv' ..,,/!
          ‘ :{ {  }ノ   {⌒”'‐ ,ヾ[  }i{ ∨/、''"~⌒{/  ,ノ {  :l {        '¨/..:::::..ヽヽヽ u  ` 、 ,, ' r、f"ヽ !
            :} { { / .:'゛   {、  ○ `ヾ} :}i{: /  ○   ∥  {  :′ .: {        !ヽ:: u  `ー’  u , - -' `v'ヽヽヽ !
  -‐……‐‐七'¨ ̄\{:{ :     W≧====彡':}i{: ゝ=====≦,′ ,:′  [  {        !:::::ヽ     ,,-"  , , _  rっ、''、,!l
       ノノ   ,/ノ     }{/i:/:i:/' `Π´  V:i:V:i:\{  .:     ,人       f´::::::::::!_  ,,-''    ,,-<ヽ¨_ -"_,/!
   _ 、-ニ∠ニ=‐ ゛イ -‐::    八i/:i:/  ヽ .ィ  V:i:\:i:i{      /  ¨'‐ニ_   /:::;;;;----::¨;;¨_''‐-'7´ `ヾ’`''77'´  l
  ‐ ゛ -‐…‐‐七゛:i:i:i:i:i:i:i:}  イV゛:i:/ r‐- __ -‐、 \:i:i:`¨,   へ  二 ヽ   ~"'' ‐- ,,,,,,,......r''--;;r"レ''ー''¨¨`X´ ̄ ̄`!
  "´  _、-ニ:i:i:i:i:i:i:ニ- ¨/ ̄ .: 厂`マ,厂 乂r‐--‐ャ,ノ  `ア゙}><:i:i:i:i:\  乂,.二二.,ヽ ::::::::::::::::_;;-'7/ ,' u     `、 ト、,l
  _、‐ニ:i:i:i:i:i_ニ‐''"~~ ̄.:.:.:.:.:.:.:./ニ-_ \ {::::厂 ̄厂:::〉  / ノ‐‘,.:.:\:i:i:i:i\     乂,.二...   ...::/  ',          i `i
  :i:i:i:i:_ニ‐¨  ,/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /‐ニニ‐_ `- ,_  :{:::::/. イ _ ‐ニ‐ ゚。.:.:.:. \:i:i:i:i\ :::::::....:::::::::::::::::::::::.::::/    ',        !  l
  ニ‐¨    ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ }::::r‐ニニ‐ _≧=≦_ ‐ニニ‐ ノ/ :l.:.:.:.:.:.:. \:i:i:i:i\ :::::::::: ::::::. :::::::::!    ' ,        /  l
       ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{`'<::::〉{:::::(" ‐ニ二二二二ニ‐ ゛ /l  } .:.:.:.:.:.:.:.:. \:i:i:i:i\ ::::.   ::::::::::::::!          .::/   ! 
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{::::::/⌒''<ハ {:::::::{}二{ ̄}::::>'゙ :::ノ   } .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:i:i:i:i\ ::::..   ::::::::ヽ _....; ´    ` 、::.    
     / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{乂{  {::i⌒i::「 `'<}二{>''゛\::イ   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:i:i:i:i\ ..   .::::::::::::/      .::::::::     
    {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ノ) ∪ ノ:::}_   }二{   ___)::l-‐   } .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }`、:i:i:i:i:\::::::::::::/       .:::       
    {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ¨    し'゙    }二{ ̄   l::::|:   } .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. } `、:i:i:i:i:i:i:..:::!       ::         
                                                            ヽ                
 #6『アーテー』
  破壊されていく隠れ里。逃げ惑う人々。
 「やめろ!やめてくれ!!」悲鳴を上げているのは―――ポルナレフ。
 戦闘体シグマと変身しているが、その動きは精彩を欠いている。その相手として剣を交えているのは―――ホースオルフェノク(激情態)
 「やめてくれよ兄ちゃん!!俺がわからないのか!?」
 泣き叫ぶような声とともに剣を振るいホースオルフェノクの攻撃を受け続けるシグマだが、
そのたびに受けきれなかった分のダメージを受けて、変身が解除されてしまう。
  地面に転がるポルナレフに止めを刺そうとするホースオルフェノクの前に立ちはだかる猗窩座。
パイレート怪人へと変身して戦おうとした矢先、ホースオルフェノクが道を開けるように下がった。
  ホースオルフェノクの後ろから現れる一人の少女。その姿を見た瞬間、パイレート怪人が苦しそうに頭を押さえて呻く。

 (回想シーン。猗窩座視点に変更。ノイズの走る視界、トレーニングジムの一幕、朗らかに笑う少女の姿)

  少女は虚ろな目で腰のベルトにブレスを押し当てる。
 「―――変身(フォームアップ)」
  ゴウゴウと熱を上げて燃え盛る炎。その炎を腕の一振りで振り払い、超硬ケブラー材の外装を纏った女性的なフォルムのライダーが現れる。
 「―――我が名は『破滅(アーテー)』、仮面ライダー、アーテー」
  歌うように告げて踏み出すアーテー。必死に攻撃を受け止めるパイレート怪人だが、アーテーが掌で触れるようにした
だけで大きく吹き飛び屋根をフッ飛ばして地面に転がる。
 「―――この地を破滅させる。それが破滅(アーテー)の意義。MARNのご意志」
  機械的な言葉で呟いて、パイレート怪人に止めを刺そうとするアーテー。
だが変身を解除して猗窩座の姿に戻ったその顔を前に、苦しみ始め、撤退してしまう。
ホースオルフェノクはアーテーの撤退を本部の意向と見て去って行き、その後姿をポルナレフはじっと見ていることしかできなかった。

2484 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:55:05 ID:PoW2va0Z0 [11/14]

         ―‐   ̄ ̄ ̄    ‐
     _/
   /                           >
                                \
                                ヽ                  _/二 「 \  \二二/⌒Lニニニニ厂}‐――┐
                              \丶            /   Lノ::.|⌒\_厂 ̄{_  ノ \ニ只\ ̄ ̄}├―
                   /1 /! l 、        \`         /⌒\_ノ::.::.::.:|::.::.::.::.::.:|::.:\::.::.::{__几__| |\\::.ノ j\::.::.::\
                 /| / | | || V     |丶 `        {__ /::.:/:./ :|::.::.::|::.::.::.::.::.:|::.::.::.:\::.::.::\::.:\| |  \\く::.::.\::.::.::
               / ̄ル/ /| | |/― V   |ヽ!          _\::.::/::/::.: | ::.: |\ ::. |::.:、::.::.|::||:\ ::.:: \::.:\二二 ノ | ::.::.:: \
   〃≧、     __/z===ミ、   レ   ___ ∨/丿           ( (⌒/::|:|::.:|::.|::.|::.|  |::.::|::.::|\::|:」L..._ト----ド⌒| | |   |::.::.::.::.::.::.::
    ∥ハ ! 〃 ̄             | ´ ̄` り           ((_/\/ : /|..:|::.:|::.|::.|::.|⌒|::.::|::.::| __jア⌒^'|::|::.|::.| j   | | |   |::.::.::|::.::.::.::
    ∧` ' | /                '.                /:: | |::.::.||:|::.:|::.|::.|::.L__|/⌒      '' |::|::.|::.|イ   | | |   |::.::.::|::.::.::.::
    /∧ヽル                 - ノ                 : |::.:| |::.::.||:|::.:|::.|::.|:〃⌒  ,        |::|::.|::.|ノ  | | |   |::.::.::|::.:\::.::
     i/≧、              , . . . , .     .'           |::.|::.:| |::.::.||:|::.:|::.|::.|::ハ''        ┐  |::|::.|::.|.   |_「   |::.::.::|::.::.|::\
     | . :∧         , : " ____'.              |::.|::.:| |::.::.||:|::.:|/ ̄__フ    `    ′ ,:|::|::.|::.|.        |::.::.::|::.::.|::.::.
   八   . :      . : '   丶 _ ノ :  ′             |::.|::.:L|::.::ノ ト:|//\::.::.:>-        イ::|::|::.|ノ    __  |::.::.::|::.::.|::.::.
   、′   . :丶   . ; :        : /                 |::.|::.::.::. /  厂 ∠\ \/ У⌒\ ̄{ニニ|::|::.|二>ァ'´    `ヽ ::. |::.::.|::.::.:
   :.\     . : 、 . : ; : .    . .    ,:′               |::.|::.::. |′  {  __| \」 /   // \ニニレ::.厂 /         ::.::|::.::.|::.::.:
   :::::::.\    /∧ > ". : ; : : : : ; :/                 |N ::.|::|    {    〉   /   //        |/ //        ::.: |::.::.|::.::.:
   :::::::::::::.\   :∧: . : . : . : .― ≦‐-..               |::.::|::|   人 てノ\ /   //         ノ //  ,       /::.::|::.::.|::.::.:
   :::::::::::::::::::.\  . :∧ . : . : . : . :/.:::..\:::::.` 、             |::.::| 乂/⌒\    /  」{┐       _,// __/      /|::.::.::.::. |::.::.:
   :::::::::::::::::::::::::.\ : .丶: . : . : ./!:::::::::::..\::::::.\           八:: | ::.:{_  {_ ノ \r{ニ干┐┌干┤二二7      / .|::.::.::.::. |::.::.:
                                          \::.::.「  /   |   \ ノ二ニ 干┤二二二L/        /  |::.::.::.::. |::.::.:
                                           \j、_/  人   \ニニニニ二冖厂 /       /   .|::.::.::.::. |::.::.:
 #7『ネメシス』
  時を同じくして、子供たちが避難している場所にも敵襲はやってきていた。
 先んじて明を抱きかかえて非難していた狂三が最後の砦として皆を庇うように前に立つ。
 「非戦闘型素体か、失せろ。大人しく見て見ぬふりでもしていればMARNに返り咲くこともできるだろう」
  避難所の扉をぶち破り、そう言い放つ戦闘体『ゴ・バダー・バ』。
 牽制のための弾幕も、まるで意味を成さない。「いい加減、邪魔だ」
 ゴ・バダー・バの拳が狂三を貫く直前。ゴ・バダー・バの体躯が大きく後ろに吹き飛ばされた。
虚を衝かれて吹き飛ばされた状態から身をひねって着地するゴ・バダー・バの前に立つ一人の男の姿。
 「ごめんよ義姉さん。寝坊したみたいだ」
 「まったくもう……お寝坊さんが過ぎますわよ」
  涙を流す狂三を背に、腰のベルトの感触を確かめるように手で触れる明

 「――――変身(フォームアップ)!」

  仮面ライダーネメシスに変身する明。そのままゴ・バダー・バと組み合って避難所の扉から外へ。
 「―――おかえりなさい、明」
 涙を流しながらそう呟いて微笑む狂三。

2485 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:56:30 ID:PoW2va0Z0 [12/14]





           i{│   ∠    |
            i{ | j/⌒ハ  _ |
            i{ /   __{ ヒノ二│
              ∨   _} ヒノ二j              , z=.'"¨.`.:."¨:''::..、
            │(,ィ_rッノ 入{n }              ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              マ     i  r_リ廴         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
               辷     |  |[ } 川         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             ト--   | 人) 川         /::::::::::::::::::::::::::j!:::::::::::::::::::::::::::',
        フ¨¨¨¨\ー―一<__  jl八       j!::::::::::::::::::;:::::::ノ|:i::::::::::::::::::::::::::i!
     / /"´/   \三三ニ=     \      レ'ル:::::::;込レレ' ii|ヽNヘ;:::::if;ハi!
    / /   i      \三三ニ=   \ \     Vi1::リ´ ヒjミト、 リ/ヒijンjヽ:ji!り!
   / /     }       i ヽ三ニニ=   ヽ  ヽ__  j!:ゞj!   ̄-´ ! ''     レ':;リー‐ - 、
  _」  j{    ,ノ      /   マニニ=    i  } \ :.Viハ     、|!,     j!::::∧::::::::::::::.',
   人__/  '⌒ヽ     /    マニニ=   ノ     } .:.:.V!ト、  ,.:.;:::.:::.:.,  /:::/.:∧:.:.:.:.:.:.:.i
                            /.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:V \:  ̄ ̄ ':./i::/.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:!
                           ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.\  丶 _,.ィ゙ ' i:!:.:.j\jリ.:.:.:.:.:リ
                         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.ヘ ':,     /  ノ!:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                         ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V;;><ハ _   ,:゙ / i!.:リ.:.:.:.:.:.:.;.イ
                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:j! ̄` ヾ   /:./.:.:.:.:.:.:/

  #8『反撃』
   ゴ・バダー・バも退け、なんとか人的被害を最小限に抑えることはできた。
  しかし隠れ里は壊滅的な打撃を受け、もうここで生活し続けることはできないだろうと絶望に膝を折る人々。
   そんな大人たちを励ましたのは―――子供たちだった。
  「先生はMARNなんかに負けない」「ネメシスが居れば大丈夫だって狂三お姉ちゃんは言ってた」「ぼくたちだって母さんたちを護れるんだ!」
  声を上げ立ち上がる子供たちの姿に、絶望を振り払う母親たち。
   少し遠い場所になるが、隠れ里は他にもあり、其方に移動するという話を聞き、明が立ち上がる。
  「俺が囮になってMARNのドームに攻撃を仕掛けよう。陽動に引っかかっている間にみんなは非難してくれ」
   明の提案にポルナレフと猗窩座が加わり、3人でMARNの都市ドームに攻撃を仕掛けることに。
  「きちんと戻ってくるんですのよ?」心配そうな狂三の声に「ああ」と答える明。
  差し出された小指を絡めて約束を交わす二人。                                  /{___
                                                             /{/ / __/
   そうして、狂三は皆を集めて別の隠れ里へ、三人はMARNの都市へと歩き出した。   _/ {  //  ∠ ̄\_
                                                         } _,,..,,_ヽ{ ,//-‐< ̄ ̄\  (
                                                       /    >''゛}:i:}:i:}:i:}   }::h、 \ハ
                                                     /  / / 苹苹ミヽ}   }::{ \ \}
                                                     ノ / /,/  {⌒⌒ V∧ .}::{ /', \)>
                                                     7 / /  /\㊤ ,}{   }::{///}\/
                                                     {/⌒ヽ__,/ / /⌒ _ Vぃ㍉ノ∨
                                                    / /〉 {__,/ /     /ト'-/∥'}
                                                    `、 V^ヽ{_/ /  -‐  、 | | ∥⌒
                                                  ‐-ミ, \_ノ`、_,/     ⌒ ` ∨∨〉
                                                     \/_} `、             ∨/
                                                        ∨ ∧ ̄ ̄\      /''゛
                                                       ∨ ∧.: : : : :.l    _.イ
                                                            ∨ ∧.:. .:. :.|l>‐:7
                                                  \     ∨ /.: : : :.||`¨7
                                                  :i:i:}       ∨.:.:.:.:.:.:.||,..イ \
                                                  :i:i:}     / .:.:.:.:.:.:. ||゙:i:} ∨/,
                                                  :i:i:}    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||:i:i}  V∧
                                                  :i:i:}  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ||⌒}ト,V/\
                                                  :i:i:}/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 八 }:i:{ `\:.:\_
                                                  ;/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   }:i:{___}.:.:.:V \
                                                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l   }:i:i:i:i:i:i:i:}.:.:.:.:V/∧
                                                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. /  ::   二二二}.:.:. :. V/∧
                                                     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   }   「:i:i:i:i:i:i:i:}:.:.:.:.:. }'/ }



2486 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:57:16 ID:PoW2va0Z0 [13/14]
          j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
          Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
          /   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
              ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
              lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
              {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
             ヘ_                        、     ‐;、                 /ア          ヘ
               [ft                   _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、            〃
               Νk                   i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ            7
                 !垈              ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ        ノ
                  為llll}               'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
                 ィ圭洲;               {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
             ,ィ劣圭:㌢            L   {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ       λ
            ,ィ劣斧ア                 [代 r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ      {会ュ。.
          f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心 |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l      `''寺ll≧ュ。.
          /淤圭Ⅳ                   Ⅵ7 l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |       為圭圭丞
          圭丞Ⅳ                   7 O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /      為圭圭圭丞
          圭i:洲{                   |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′     ,炸,圭l圭l圭l丞
          圭i:刈                 [  l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ      ,炸圭圭l圭圭刻
          圭lil代                    /k  |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
          圭圭淤t、              ! ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_          以圭圭圭淤jⅣ
          圭圭:歪会ュ。            ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、       込i:圭l圭圭:Ⅳ
          圭圭淤冰ik会ュ。  ─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、7:圭lll圭lⅣ
          ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
          圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。
  #9『宿業』
   MARNの都市ドーム。大きな壁で隔離された区画(イメージ:センダイ一等地)への攻撃は、圧倒的な数の戦闘員との戦いだった。
   ひと当てして逃げる三人は戦闘員との戦いで徐々に離れて行き、三者三様の戦場で、お互いの因縁の相手と相対する。
   猗窩座VS仮面ライダーアーテー
   ポルナレフVSホースオルフェノク
   そして、仮面ライダーネメシスVS―――

  「―――もう“正義”など何処にも無い。
    ―――変身(フォームアップ)」

   おどろおどろしい闇を纏って変身していく花京院。地獄の底を見てきたようなその表情を覆う黒いマスクと超硬バイオケブラー材の装甲。

  「―――デュスノミア(無法)。それこそが僕の名に相応しい」

  仮面ライダーネメシス VS 仮面ライダーデュスノミア

  (過去回想シーン)
   あの日ネメシスは現れなかった。
  あの日ネメシスは立ち上がれなかった。
  狂った歯車は世界を捻じ曲げて、自分が動けるように世界が替えられた。
   時はねじ曲がり、セカイはねじ曲がり、圧し折れた過去が彼を苛む。

   MARNの権勢が強くなり、弾圧が強くなっていく花京院の周囲。MARNによる圧力も日に日に増していき、
苦しんでいる花京院を支えようとする紬とユウキ。
   けれど無力な自分の身に憤ることしかできないユウキが選んでしまった選択。
  葛藤、悲哀、激情、その果てに『紬を殺そうとした仮面のレディウォーリアを討つ花京院』、
  剥がれ落ちる仮面。砕け散ったその仮面の奥底の素顔は―――――

  「あの日、僕の“正義”は僕自身の手で壊れて消えた」


2487 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/21(金) 23:58:21 ID:PoW2va0Z0 [14/14]
                               _ {\
                              \ ̄\\/{_/{
                          ___\  \  {/  {
                          \   /⌒>‐<  />
                        _/  /  /{ \ ¨ ‐ _ \
                           ア   /      {   \\ ̄ 、>
                       /  /_/ /   }   \  \
                        ̄ ̄}  / ̄/ ∧   }    V∧ .  \
                        ノ/-‐ 7/∧∧  } ∧ V∧{ ̄ ̄
                         }   /  / . ∧ .} / ∧ V∧
                         }//(\,'}  /   ,/ //∧ 〈⌒
                         }'゙ `、ヽ マ/{∧ {\ 〈\{`'<、
                            ゚。`、},,,, {/∧.{:i:i:i\:i:iV:i:i\
                              \:i:i:i:  〉-‐<{   V∧:i\
                                   >''^~~~~"'' ‐---‐''^~~~~~~\
                           , < _  \:i:i:i:\   V:i:i:i:∧   V:i:\
                         /    `ヽ  \:i:i:i`、   V:i:i:i:∧   V:i:i:i`、
                            /     ___`、   V:i:∧   V:i:i:i:i:}   }:i:i:{ | \
                                 /:i:i:i:i:i∧   V:i:i∧  :}:i:i:i:i:}   }:i:i:{ |:i:i: }
                           {__  /:i:i:/ ̄ ̄', . V:i:i:i:.  }:i:i:i:i:}   }:i:i:{ |V:∧、
                       ,ノ:i:i:i:i:i:i:i:"'+/ ,  ノ〉  }:i:i:i:}  }:i:i:i:i:}   }:i:i:{ | ∨∧\
                      /‐- _ /"'+、i∨< /  /:i:i:i:/  }:i:i:i:i:}   }:i:i:{ | . 〉:i:/ ∧
                     /-‐‐<:i:i:i"'+、 ∨''‐‐''゛ /:i:i:i:/   ノ:i:i:i:i:}   }:i:i:{ | /ii/ /:i:∧
                        /     //"'+、:ハ./      /:i:i:i:/__ 二二__}:i:i:{ ∨/ /:i:i∧‘,
                     ′    .:i:i:/  V/    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{  V/:/V/, `、
                   ,     .::i:i:/   /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   V''゛  V//, \
                    /     .:i:i: '゙  /゙        _-¬冖7¨¨¨¨¨"''+,_____}、     \:i\ `、
                _./   /:i:i/ . /  ̄Τ三三三「   } /:i:/ /_::-‐/ ̄      \    \:i\`、
              >''゛    } /:i:i/ /       { ̄ ̄\:i:\   /:i:/  /:i://           ゚,ヽ     V:∧ :、
                     レ:i:ノ/ {      {三三\}:i:i:i:} .:i:i/  /:i://           ゚。    V:/, ゚。
                   // ' /        / ̄ ̄\:i:i:i:√ {:i:{  :{:i/:i{             `、    \/, ゚。
                 //   /        /三三\ノ:i:i:i√ :{:i:{  :{:i:/¨∨               \    ' /, `、
               //   /      _/ ̄ ̄\:i:i:i:i:{√ {:i:{  :{:i:{/三V_              ` 、   ' /,  、
              :i:/ _ ‐ ゛     「 〈_     \ii√  {:i∧ V:i:i{ ̄ 〉 }               ` 、  ' /, \
              '゙_ ‐ ゛       _||   \ ̄ ¬‐────── ¬ ゛  }                `、  ' /, ヽ
                      /{⌒^リ    \_____       _/   /}\                }      \

#10『師弟』
   パイレート怪人とアーテーの戦いは、ほぼ一方的だった。
  攻撃をすべていなして防御するパイレート怪人に対してアーテーの攻撃は的確。
  いなせなかった攻撃を受けた場所が砕けてキラキラと破片を飛ばす。
   長期戦になるほど自分が不利になることを理解しているパイレート怪人だが、攻撃をいなして拳を打ち合わせるたびに
脳裏にノイズが走っていく。

『コイツは誰だ?』『この記憶は何だ?』

  困惑する猗窩座と同様に、苦悶の声を上げるアーテー。
  攻撃が雑になった瞬間、次に飛んでくる攻撃が猗窩座にははっきりと理解できた。記憶がそう叫んでいるのだ。
   アーテーの攻撃をぎりぎりでかわし、カウンター気味に拳を振り上げる。
  「パイレートブロウニングファイヤー!!」
  炎を纏った拳が、アーテーのベルトを砕いた。
   バチバチと火花を散らすベルトを剥ぎ取ると、少女は元の姿に戻り、倒れ伏す。
  パイレートナックルがドロリと溶け、全身が赤熱して赤くなっていくパイレート怪人。臨界を越えた熱量は、体内のコアをほどなくして停止させるだろう。
   倒れたままの少女を背に、戦闘員と下級戦闘体たちの群れに立ちはだかる。
  「―――目を覚ましたら、どうか俺のことなど忘れて幸せに生きてくれ。
   たった一人で俺を信じて待ち続けていたお前を、俺は―――――(ミュートで口部分のアップ。口パクのみ)」

   死屍累々と戦闘員が横たわる戦場、戦闘体の残骸も転がる中で―――ただ一人、生命活動を停止しても爆散することなく、少女を背に立ち続けていた怪人が居た。

2488 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:00:16 ID:4zghTkNV0 [1/2]





                              ,ィ劣王ミ::、..___
                      ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                    r:升圭少    ``x圭圭少´
                     `¨´             ̄   ___
                <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                        {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                    __........__寸圭圭圭圭圭リ
         ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
         `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
           `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}                       「`''ー-丿 丿  _/_/′ 亅   ノ´  _/" `' 、ノ
             {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´                       |、  ノ  丿 ノ  r'、_、゙ヽ.._../  ,/ 丿  ./」
               {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心                          │  /    |! -" 卜     /  /  _/ │
               寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ                        、   '、 イ、 ....- ,〉-、,,-''フ    /  /  / 丿
                      ̄                            ヘ ゙'ー.._ l、  `ゝ....r' ン''´ヘ ィ /  / _,,ノ   丿_/ ノ
                                                    ヘ   |T   /  |    ゙| /  _..-‐''二 ト-―lっ┘ :f
                                                     ゝ//   イ  ''' tコ‐''tノ-´ /" ニ-'''、   ′ 卜
                                                     / 丿  │  /ン(1 `ヘ _ノ' _ノ'' _.... 、ヘ....-‐''ゝ_ |
                                                    丿 ,'    ! _/´ ,,ノ´゙┐|! ..!'´ ∨´  ゙ぃ-‐''''ゝ」1
                                                   _/ ..│    'ゝl _ __/  / │ l  ヽ__     l 」 ∟
#11『兄弟』                                        '、 ヘ、    ∨ ∑  ¦ ノ  ノ  」―'、ヘ   ノ l 丿`' 、
  剣劇の音が鳴り響く。シグマとホースオルフェノクの戦いが続いていた。     ヽ      ヽ′ヽ  ヘ  /  ‐′  丶 ー‐"’''ヘ^ー
一合、また一合と繰り返すたびに、シグマが劣勢になっていく。
「兄ちゃん!!アンタはそんな戦い方する人じゃなかった!!」
  急所への攻撃を躊躇うこともなく、倒れた相手への追撃も躊躇なく行うホースオルフェノクへとポルナレフの悲鳴のような叫びが上がる。
  武人として、男として、正々堂々たるホースオルフェノクの背に憧れた一人の戦闘体として、今のホースオルフェノクの有り様が涙を流すほどつらかった。
一瞬の間隙、弾き飛ばされる剣。切り裂かれる身体。
袈裟懸けに斬られ変身が解けて膝をつくポルナレフ。それでも立たなければと片膝をついた状態のポルナレフに、
血のりを払うことすら面倒なのかブレードを放り捨てて予備のブレードを抜いたホースオルフェノクが剣を振りかぶった。

「―――――――なんでだよ」

  地面に転がったブレードは、“たまたま”ポルナレフのすぐ近くに落ちて

「―――なんでなんだよ」

  それを拾い上げる時間があるほど“大上段に構えていて”

「―――アンタ、俺を殺せたじゃないか……兄ちゃん」
「―――平気な顔で弟を殺せる兄など、どこにもいないさ」

  剣を振り上げた姿で、胸を貫かれたホースオルフェノク。涙を流して泣き叫ぶポルナレフに看取られたまま絶命し、爆発四散し煙がもうもうと立ち込める中、
ホースオルフェノクの持っていた超硬バイオファイバーブレードを手に歩くポルナレフ。遠巻きに包囲していたはずの戦闘体たちがモーゼのように割れていく。

「―――今のおれに手を出すな。細切れになりたくなきゃぁな」


                                                  |l「 |l                   | |  |
                                                  |l   |l         \      l| l |  |
                                                !l  ∨  ヽ.     \    l| l.|  l|
                                                |l    ∨   \__   \   l|  ll^V,!
                                                     |ト、    \ ヽ/ `ー──<│ l|  '|
                                                    |  \    ヽ〈  i       `ー‐'i  |
                                                   |       ∧ 、          ヽ. |
                                                  |レ==ミヽヽ  ミ、 ',           ノ |
                                                 ! , --、\\\  〉 }       i   |  {
                                                 |'/ ´ /\\\i/  ノ    /  ) } l、 ノ
                                                ////∧∨ /  (__   ィ{_ノノrテラ
                                                  // /{ i/ ,ハ V/   -ィfヒテ二-ぅ'^ヽ V{ |
                                                    // /,人ヽ(  `│   ー、 r‐一' i   ', '}}l
                                                  / // /\ー‐,、\   〈 {    ヽ __∟〉 .f⌒ヽ
                                            / // //|  `ナ|  ヽ   |( o     ` ー/  |   ',
                                              / / // //| /⌒フ!   ', } | ,. ---- イ ! │  .}
                                               / / /  ///│ 〈  ヽ   i│il(`二`二ノ ,l   |  _,イ ___
                                            | / /   / // ,乂_〈    丶、 |│ 、_ . -=イ|   }   /|    ̄ ̄ヽ
                                            l / /   / // /     \   > 。        | ./ ⌒|  l    _ ノ
                                            i´/  / // /       ヽ o   } > 、___ノ  {    `T¨ ̄ ̄  _ヽ
                                            レ'  / //  i       / \ ( ( i o { |  ∧    ヽ____   ,ノ
                                          |   / //  |      /    \ ) }_|   l {  /{ )、_ {l    ̄ (
                                            |  / //   ,ノー---r'       ̄ ̄ ̄ ̄` <::|/    ヽ_     〉



2489 名前: ◆eD9fqD2KvU [sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:02:19 ID:4zghTkNV0 [2/2]
とりまここまでです。
脳内メガヒートしすぎてこっから先書く前に日をまたいだので仕事に支障がでそうなんで()
お疲れ様でした。

2490 名前:狩人 ★[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:09:15 ID:???


2491 名前:昭弘 ◆/kMHZS9w.c [sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:14:20 ID:2DHQaddU0
乙でした

2492 名前:名無しの読者さん[] 投稿日:2020/08/22(土) 00:17:22 ID:tx6ep6MT0
乙でした
555のパラダイス・ロストのノリかw

2493 名前:チャーハン[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:20:37 ID:6+MpjZzZ0
おつでした、熱さが伝わってきます。これは期待したい。

2494 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:22:20 ID:pork [177/177]
乙であります!

2495 名前:カエル[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:26:46 ID:sITM0JYq0
乙でした
IF展開で裏設定を拾いつつ総出演、まさに劇場版

2496 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:45:44 ID:8jvtNIw90

こう繋げるか

2497 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:48:27 ID:ahJYiy9KI
乙です!
パラロスをこっちの世界観に落とし込んだのか。


2498 名前:トーリ@全裸[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 00:59:06 ID:Gtl0k+j90
乙です! 

2499 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 01:36:19 ID:jQrqx36Xi
多分同時上映は、劇場版マジカフェ

2500 名前:バジルールの人@バシルーラ ★[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 02:46:38 ID:???
乙でした
平成ライダー初期の劇場版(本放送分とは直接の関係がない世界)ですな

2501 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 06:46:09 ID:JcCUAbpd0
特撮の同時上映というと

モルモットの日常モノかな? 宇宙から来たプリンスモルモットとの大冒険系のw

2502 名前:飛竜[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 07:08:49 ID:O6pHLgLH0
色々乙でした

2503 名前:携帯キリト[sage] 投稿日:2020/08/22(土) 07:46:54 ID:jY2QaByW0
乙でしたー
関連記事
スポンサーサイト




コメント

2020/08/22(土) 13:44:59 | URL | 名無しの住民 #-
パイレートの人もホースオルフェノクの人もかっこよすぎてアアアアアアアアア!!

2020/08/22(土) 22:06:53 | URL | 名無しの住民 #-
ポルナレフとかも目立ってるのがいいね、映画化・・・果たして実現できるだろうか・・・

2020/08/23(日) 03:32:01 | URL | 名無しの住民 #-
あの日にネメシスが現れなかった世界か。ここまでよく考えたな、すげえよ。
と言うかパイレート怪人のかいじんかいせつの最後の紹介文をもとにした敵役・・・あれを見たことがあった大人から子供が絶叫したり大泣きしそうだぜw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する