FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:34~40話プロット

2020/08/05 07:26:44 | プロット集 | コメント:2件

4769 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:52:58 ID:PLkKqcFd0 [2/16]

            乂 彡彡  三  二 厂 )彡、 三―\
             マ   彡  /:: { /``^i 〉彡  ̄`ヽ、
              } /⌒Y イ -=ミ,_` ::... /ハ (⌒ヽ  } }
              } { :. }ミ{ <苡二` ノィ=- }/ /  / /
              } ∧  ``  {  .:::  {苡 / { 彡//
              }彡.>|         __ 〉 /  \ { 乂
              / / ||}   ー-:.. _,  ′   / }  }
             ./ /  .|| \    ー‐ /、   〉 r彳
____      { /---6-、个c。.,_  ..::/ }    ヾ {
: : : : : : : : : \____/: : : : : : : : ≧s。. r=彡 6     }/
: : : : : : : : : : : \: : : :  ̄\: : : : / ̄/: : 〉,
: : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : : : : 〈_/: : /7
: : : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : : : : : : : : O: : ≧s。._, ---- 、
: : : : : : : : : : : : : :.:.:∨: : : : : : : : : : : : \: : :ノ: : : :\: : : : :.\
: : : : : : : : : : : : : : : : 〉: : : : : : : : : : __\: : : : : : :∨: : : :.:∧
: : : }: : : : : : -: -: : : {: : : : : : : : : : : : : __∨: : : : : :∨: : : : ∧
: : : : ,.:'´ ̄ ̄ ̄: : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : ∨O: : : : ∨: : : : :.|
: : /: : : /: : : : : : : : ::}, - 、 : : : : : : : : : : :.:.: ∨.:.: : : : ∨: :  ̄\
: : : : : /: : : : : : : : ,.'´   〉: : : : : : : : : : : : : :∨: : : : : ∨: : : : : :
: : : /: : : : : : : : / ヽ_ - ⌒ヽ: : : : : : : -: : ―: :}: : : : : : :}: , -、: : :
: : : : : : : : : : : :./ ゝ/ヽ...::_>'゙´\、: : : : : : : : /: : : : : / ̄\): :
\: : : : : : : : : : `7   //ヽ / ヽ`''<: : : : :{O: : /: : : : : : :\

   ―― 三十四話 ――
   その日、花京院典明は不思議ななにかを感じていた。予感と言ってもいい。
   革紐を通して首に下げた木綿季の形見の指輪がどうしても気になった。
   もやもやと胸の奥にわだかまる何かを振り切って家を出る。その正体はまだわからないまま。

   「久しぶりだなあ。ゴ・バダー・バ」「シオマネキングか」
   戦闘体の姿を取らずに面と向かって顔を合わせたのはいつ以来か。袂を別ったかつての相棒同士。今は敵同士。
   シオマネキングの能力は知っている。そして雑談を交わしながらも油断は無い。そのはずだった。
   がくんと膝をつく土方。思考が上手くまとまらない。これは危険だと判断しても抜け出し方が解らない。
   「土方さん!?」
   たまたま通りかかった花京院が声を上げ、それで土方は思考を取り戻す。
   「ドクター木山に連絡しろ!」
   聞くが早いか駆け出す花京院。少しでも時間を稼ぐべく土方はベルトを取り出す時間すら惜しんでゴ・バダー・バへと変身する。

   バイクに飛び乗り疾走する花京院。シオマネキングの指示を受けて迫る追手。
   変身して幸い戦闘体がいなかったそれらを一部は撃退し、或いは振り切り、仮面ライダージャスティスは急ぐ。

   「……絶不調のお前が、今の俺に勝てるわけねえだろ」
   戦闘体シオマネキングは、倒れて変身の解除された土方を見下ろしてつぶやいた。

4770 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:53:23 ID:PLkKqcFd0 [3/16]

                      _ -========- 、
                   ,。s≦///////////////\
                   ィ//////////////////////丶
                   〈////////////////////////∧
                }/ヘ//////////////////////゙.
               ∥:::::::"</////斗::::´ ̄`ヽ/////゙.
               i7::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::〉////.|
               i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ////|=- _
               i|:::::`\::::::::::::::::::::::::::::斗―:::::::'////|   ≧s。_
               /」:: ̄`::::::::!:::::::::::::::´::::::::::::::::::::::|///」        \
              ィ1|:}::::< tッ 、:|::::::::,:::::r tッ― ,::::::::::|/::::::}        \
           _ < , .| ゙.:::::: ̄::::/::::\::::ー―:"::::::::::/:::::::::,        !
        _ <     ! .| .::::::::::::::i::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::jゲ∧       |
.     _ <      7 |  .::::::::::/:::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::_ィ〈  ,
   /         | |  }.::::::::乂:::ノ::┘:::::::::::::::::√::/!| . }        |
.. /           | |  | .::::::::r―― 、:::::::::::::::::::::::/ |:! .∨        |  /
/            | |  |∧::::::::K_ ̄_ヽ_〉::::::::::::::::://.| |   !¬        | '
   \         | |  | .∧::::::、__  /::::::::::::::::ィ:/ | |   ! |       |/
    丶        | |  ゙. 丶::::::::::::::::::::::::::::/::/  , !   !...|      ,
      ∨      | i   .   \:::::::::::::::::/:::::/ _, .!   !...|       /
.        ∨       |    ゙.    ー <::::::::/´ ̄}    .|...|     ,
         ∨      .|      .    __Y ( )   !     ! ,     i|
        ∨    |      .   /    !    i     .|7     i|

   ―― 三十五話 ――
   「始まったか」
   花京院の話を聞いて木山は顔を顰める。彼女たちが情報を掴んでいた『幸福の監獄』作戦が始まったのだ。
   「俺の出番だな」とポルナレフ。頷く木山。
   「どうすればいいんですか?」と花京院が問う。
   「決まっている。奴らの作戦の初動は抵抗勢力の無力化だ。我々はここにいる。土方君はおそらく囚われた。ならば」
   「ネメシス!」
   木山が頷くのとほぼ同時に花京院は部屋を飛び出してバイクを発進させた。

   他方、明の前にはオズマが姿を現して「MARNに帰れ」と告げる
   「断る。俺は、女に奉仕する道具じゃない」
   「ポチョムキン、俺がやる!」
   その返答にオズマは顔を曇らせ、オズマと一緒にいた戦闘体が取り付く島もない明の反応を見てとり変身、
   明も仮面ライダーネメシスに変身して戦闘を開始する。

   「ネメシス……」
   戦闘体と死闘を繰り広げるネメシスをオズマは複雑な表情で見やるのだった。

4771 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:53:49 ID:PLkKqcFd0 [4/16]

              __
                /:::::::::::::::::::: ̄ ̄~^'  .,
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.           /::::::::::: / ::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::/|:::|::::::::|:::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::
         :::::::::/ __ノ:|::::::::|:::::::::::::::: |::\:::::::::::::::| __
.         |/|::::|ァ笊ミ::|::::::::|:::::::::::::: /::::::::\:::::::: |ニニニ}
            |::::| ノ}  Y:::::: |:::::::::::::/\:::\:::\ /ニニ/
         _ノ Lノ  ノ八:::::::::::://:::::::::::::::>‐{ニニニ〉
           |    :/:/:/:/ /\|イ⌒ト---<:|:::::::|ニニ/
         V⌒丶    / :::::::: |く ノ:::|::::::|:::::|:::::::|\/
               }  /:::::::::::/ イ:::::::|::::::|:::::|:::::::|
             、ノ_/:::::::::::/  |:::::: |::::::|:::::|:::::::|
                 /:::::::::::/ /\::::::::::|:::::|:::::::::.
             |::::::::///´ ̄ ̄\|:::::|::::::::::::.
             |:::::/   /  /´⌒`丶、、:::::::::::\
                  \{   / /        \::::::::::::::\___  ノ
              |{   {/  ノ⌒〉     \:::::::::::::::::::::::::::/
              |{\./{    /        ∨:::::::::::::::\

   ―― 三十六話 ――
   僅かな灯りに照らされて、機器に繋がれ眠る男たち。
   大きな金属製の扉が開いて、ストレッチャーが運び込まれる。

   暗転。「歳三さん」と呼ぶ幼い声に土方は目を覚ます。
   目の前には一人の少女。
   「……ありすか」
   「「ありすか」じゃありません。久しぶりだって言うのになんで寝てるんですか」
   思い出す。五歳くらい年下の幼馴染だ。もう、一年以上会っていなかった。
   はて、どうして久しぶりに会うことになったのだったか。
   思い出せないが、特に悪いことの記憶もない。年下の幼馴染に手を引かれながら土方は少し笑みをこぼした。

   CM明け。一進一退の攻防繰り広げていたネメシスは僅かな隙を突いて戦闘体を倒してオズマに向き直る。
   「……もう一度言う。MARNに帰れ、ネメシス」
   「俺ももう一度言うぞ。俺たちは道具じゃない」
   一緒即発の空気の中で、ぐらりとネメシスの視界が揺れる。
   変身を解除して膝をつく明。ぐらぐら揺れて安定しない視界の端に近づいてくる男の姿が映った。

   土方の愛車を駆るポルナレフと並走する花京院。「今のトラックだ」とポルナレフが言う。
   「MARNの偽装トラックだ。あのタイプに乗せられてたこともあるから解る!」
   ポルナレフがそういうと二人はUターンしてトラックを追うのだった。

4772 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:54:15 ID:Rnn4L6on0 [1/2]
乙でした
「井河アサギ」のフル可動アクションフィギュア予約するのにおっきーみたくもやし生活じゃないけど昼飯を一月くらいヌードルBIGにしたなあ

4773 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:54:24 ID:PLkKqcFd0 [5/16]

///\\//////////⌒ヾ(
/////\\///////    `,
///////  \////  、          , 、
//////////////           /:::::``'~、、,,_
\///////////   ⌒)!        l::::::::::::::::::::::::::::≧s。、_,,斗zzァ
\\////////廴__  ’  ,     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
\\\/////ア⌒''-=ニミ、、..,,_   l::::::::::::::,ィzzzzx:::::::::::::::::::::::::::≧=-
//\  /// ヘ      ``''-=う   {::::::::::/ニニニニO心::::::::::::::::::::::::>  ,_」LL」_
////////{ニ=-ヘ   ヽ         └<::レ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧x:::::ヘ::{\{>''´-=ニニ=-)h、、
////////}ニニ=-ヘ   )  ,斗-=======〈:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽイ>''´-=ニニニ=-ァ'⌒`''=-`
/////⌒'/l二ニ=-ヘ_    ⌒''<-=ニニ二〈:i/::::::::::::::::`ヽ<ニニニニニニ=-イ      ⌒ヽ
////ニニニヾニニニニ=-\――<-=ニ寸-=ニ.イ:::::::::::::::::::::::::::::ヽニニ=-イ    丶     メ
///i-=ニニニヽニニニニニニニニニニニ\ニニ〉-=ハ:::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ=->、,       ,'
///{\-=ニニハニニニニニニニニニニニニ/-=ニ}:::::::::::::::::::::::::::, ィ/ニニ=-/ニ=-`''<
///{  \-=ニゞ)ニニニニニニニニニニニ)h、-=ヘ__:::::::::::::::, ィ.ィ::/ニ=-/ニ=-/二=-ヽ
//,ハ   \-=ニニニニニニニニニニニニニニ{ ヽ,(oソ====≠==../ニ-/ニ=-/-=ニニニ=-∨ /
///ム    ``''<-=ニニニニニニニニ,イ={:i:i:i:iヘ::{::::::/:::::://-/ニ=-/-=ニニニニニ=-∨ /
////ム       ``''<-=二イニニ二',:i:i:i:iヘ:{:::/:::/::://ニ=-〃-=ニニニニニニニニ=-'/
/////ム    ヽ     /-=ニニニニム>''^∨/:::::::,'ニニ=-∥-=ニニニニニニニニニ=-}
//////ム    ,   /-=ニニニニニ/::ハ   ∨::::::::/ニニニ=-{{-=ニニニニニニニニニ=-八
///////心       /-=ニニニニニニ/:::::::ヘ,,、<i∨:::/ニニニ=-〈\-=ニニニニニニニ=-/ニム
\///////心   /-=ニニニニニニニ/ZZ[__ヘ:i:i:i:i:i:∨ニニニニニニヘ-\-=ニニニニニ=-/ニ=-\
\\\////,心/-=ニニニニニニニニ/::::::::,,ィzzヘ:i:i:i:i:i:ヘニニニニニニヘ-=\-=ニニニニニニニニニ=-\
//\\\////心-=ニニニニニニ二/ZZZZ[ ̄_ヘ:i:i:i:i:i:ヘニニニニニニヘ-=ニニニニニ二二ニニニニニ=-\

   ―― 三十七話 ――
   トラックを追って花京院とポルナレフは廃工場に偽装されたMARNの秘密施設にたどり着く。
   土方はここにとらわれているのだろう。先ほどのトラックで運びこまれたのは明だろうか。
   焦る花京院だが、そこに戦いの臭いを嗅ぎつけたイェーガーが襲来。
   ジャスティス、パンチホッパーと二対一の激戦が始まる。

   宮本明の隣に時崎狂三がいる。高坂海美がいる。
   三人で雑貨屋に立ち寄ってプレゼントを買いこみ、友人の家へ。
   そこには瀬多宗次郎とその傍らで微笑むその妻、エスカの姿があった。
   客をもてなそうと立ち上がるエスカを「身重なんだから」と制してお茶を淹れる宗次郎。
   プレゼントの子供用品を見せながら笑いあう狂三、エスカ、海美。それを見ながら顔を見合わせる明と宗次郎。
   そこには平凡だが穏やかな日常が流れていた。

   ふと腕時計を見る明。時計はよどみなく時を刻んでいる。

   イェーガーとジャスティス、パンチホッパーの戦いにシオマネキングが乱入する。
   戦いが面白くなくなると舌打ちするイェーガーに嘆息するシオマネキング。
   ほどなくしてジャスティスの足がふらつき始め、壁にもたれかかるようにして身体を支える。
   「これは……あの時の土方さんと同じ……」
   「幸福な夢の中で寝てなァ。ジャスティス!」
   動けないジャスティスをシオマネキング、イェーガーの両名から庇いながら戦うパンチホッパー。
   戦いの趨勢は決しかけていた。

4774 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:54:52 ID:PLkKqcFd0 [6/16]

                   -‐……‐-
            ,.. ''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
.          /::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::\:::\
           /::::/::::::::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::::::::\:::ヽ
.         //:::::::/:::::::::/:::::::::::::: |::::::|:::::::::::::::::::::::::::::.
.       /./:::::::/:::::/ / :::::::/|:::::|::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::.
.       // /::::::::__/:::::∥:⌒ト |:::::|::::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::.
    /:::/ ∥:: / /:::/::::::|L;;::/| |:::::|::::::|::::::|::::::::::::::: |:::::::::::.
   (:::::::{ {{:::::∨:::/:::::::笊:i:i:i:㍉|:::::|::::::|::::::|::::::::::::::: |:::::::::::::.
    \::::\乂:::|::::i::::::::::|乂ツノヘ〉:Λ /「⌒ド::::::::::::::|:::::::|:::::::
.       >-- ミ:|::::|::::::::::ド;;::   |/ |ァ=ミx:|::::: ヽ ::::|:::::::|:::|::::
    /ニニニニ∨:|:::::::从      |:rⅨ))ドY ::|::::::|:::::::|:::|:::!
.  /ニニニニニ}:::|:::::i\      、  `^彡仏::::::|::::::|:::::::|:::|:::i
/二二二二ニニ}:::|:::::|:::::) `  _   ::::''イ八:::::::|::::::|:::::::|:::|:::|
ニニニニニニニニ}:::|:::::|ィ\___(\___  イ:::/}:::\ |::::::lハ::|ハ|:::|
二二ニニニニニ厂|八| /厶ヘ\\:::::ノ::/ /:::/Ⅵ::::::| |::| }:::|
ニニニニニニ>;’:::::::::: }Λcハ  } }:/::/ /:::/   |::::::| |::| }:::|
ニニ=-‐ '';. ''´:::::::::ノ:::/ } L}ニ> ⌒∨:/:::/   :|::::::| |::| }::j
::::::::;:. ''´::::::::::::::::/::::/ // に(/    V:::/\  |::::::|ノ:/ ノ/
;.'´::::::::::::::::::;:.'´::: / // | |└<     ∨:::::: \八:: |::/ /
::::::::::::::;:. ''´:::::::::/LノΛ | |_ノ⌒}   V\:::/:::::::V/__
;:. ''´::::::::::::;.''´:::::/ー<ニi 乂_/\ _ノ )}、:::::::ー――::::::二二
::::::::::::;:. ''´::::::: /∨ニニ八 \ニ\ \__ノニ「ー-=ニ::;;;_::::::::::::
;:. ''´:::::__:::-=ニニニ∨ニニ\ \二\ \ニニノ \::::::\  ̄ ̄
__:::-=ニニニ}ニニニ∨ニニ/ /\__\ニ\__}/     \::::::\
ニニニニニノニニニニ∨ / /二二 /ニニニ/       ‘;:::::::::\
ニニニニ/ニニニニニ∨ /ニニニ/ニニニ/         ‘;:::::::::::}:ヽ
ニニニ-/ニニニニ{{  ∨二二/ニニニ/.            }::::::::/:::/
ニニニ/ニニニニニ乂__ノ∨ニ/ニニニ|             ノ::::/:::/
ニニ-/ニニニニニニニニ}ニニ〉ニニニ/  __ _,...:''´;.'´:::/
ニニ/ニニニニニニニニ-}ニ/二ニニ/ /:::::::::::::::;:.::''´::::::/

   ―― 三十八話 ――
   「そろそろ行くよ」
   意を決した明は、大きく深呼吸してからその言葉を口にする。

   「頑張りなさい」と笑顔でうなずく狂三。そうだ。姉はいつだって明の行く道を肯定してくれていた。

   「託しましたからね」と宗次郎が笑う。「頑張ってね」とエスカ。「海美のことをよろしくね」と狂三。
   過ぎ去った人たちとの平穏な過去を振り切って、前に進む。力強い意思と共に明の目が開かれた。


   「なるほど、不適合者(ミスディレクション)か」
   「その呼び方をするんじゃねえよ!」
   男性を幸福な夢の中に捕らえる『幸福の監獄』の基幹技術はMARNへの従属処置と同じものである。
   故に、従属処置が効かないパンチホッパーには効果が無い。
   ならば正面から倒すまでとシオマネキングが意気込んだところで、明が駆けつける。
   何故だと動揺するシオマネキング。「義姉さんの愛情のおかげさ」と嘯く明。
   イェーガーを指して「アイツは強いぞ」と言うパンチホッパーにしかし明は笑う。

   「今の俺は負ける気がしない。変身!」
   かつて木山から機能の存在は聞いていた最適化(オプティマイズ)を使い、今ネメシス強化フォーム(仮)が誕生する。

4775 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:55:20 ID:PLkKqcFd0 [7/16]

                               ゙:,''- _            |`、
                                  ゙:,  ´''- ___   /| `、
                               ゙:,    _   /<,|  `、
                                  ゙:, {//ハ      |   `、
                              {Λ 乂//ノ  /  |      ̄\__
                              乂} / ̄\/  /|  / ̄ ̄_ノ_      ____  __
             __                    ヘ/二>┬<::::|_/   /|:::::::::::::: >┬<´ ̄ ̄:// /^/:::::::::: 〉┐
              /::::::::::::`::.、       _  ┐    >''^~ ̄\ :::::\__/::::_|:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| | |::: 〈__/ |::|
            {:::::::::/::/:::::`::、     ||| | /┐ / ̄ ̄ ̄|   \ ::::::::::::: | ̄  ――‐<__>‐└ └く\::厂ノノ
            {::::: /:::::::::::::: \.\    └<厂 ノ /Λ_   | |    \_/|                   ̄ `¨´
            ∨/::::::::::::::::::::::Λ:::\   〈ニ彡 /∠\ Λ|____      /
               >―― _::::::::Λ::::: \  ∨/ ̄\_∠ :::::::::::::: `\   /
.            /二二二二二- _ :::::::::: \ 〈    /|二|二|\::::::::::∨ /
.          /二二二二二ニニニ\:::::::::::::\ ><:::::::::::::::厂\|\::::::∨
         {二二二二二二二二二 \::::::::::::∨ ̄ >―<   VΛ:::/
         ∨二二二二二ニニニニニ\::::::::| /       \  |/:/
             ∨二二二二二二二二二二 \~^\    厂\__〈 ゙̄、
             \二二二二二二二ニニニニ´_  \  Λ  (;;)「  ゙、 ゙、
             \二二二二二二二二ニニ´_.   ∨ |:\ \  ゙、 ゙、
                   `''<二二二二ニニニニニ\   |/ ::::: \ \ ゙、 ゙、
                    `''< 二二二二二二二 ∨:|::::::::::::::/\ \. ゙、
                      \二二二二ニニニ∨>‐ ''゛   \ \.゙、
                      \二二二二二二 }            \ \
                            \二二二二二.}            \ \
                            \ニニニニ/               \ \
                                  ̄ ̄                    \___>

   ―― 三十九話 ――
   強化フォームを得たネメシスはイェーガーを圧倒し、パンチホッパーとの連携でシオマネキングを追い込んでいく。
   「何故だ! 俺だって強化改造を受けたって言うのに!」
   悲鳴にも似たシオマネキングの叫び。
   知るかとばかりに放たれたパンチホッパーのライダーパンチがシオマネキングに直撃し、
   強化改造によって埋め込まれた精神干渉装置を破壊する。
   敗走するシオマネキングと別方向へ撤退するイェーガー。
   しかし、ネメシス達も動けない花京院を放り出すわけにもいかず追撃を断念するのだった。

   「よう」
   柱に背を預けて荒い息を吐くシオマネキングに声をかけるのは土方だった。
   「良い夢は見れたかよ?」
   「ああ、悪くないものを思い出させてもらったよ」
   袂を別った二人だが、奇妙な友情がその間にはあった。
   「決着をつけようか」
   「絶不調の俺が、今のお前に勝てるわけねえだろ」
   自嘲気味に笑いながらシオマネキングは構えを取り、土方はキックホッパーに変身する。

   決着は早い。始まってからそう時をおかずにキックホッパーのライダーキックはかつての友を粉砕したのだった。

4776 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:55:46 ID:PLkKqcFd0 [8/16]

                         / '
                      :::/
                   l::{_/:¨::::::... - - 、
               _,.,イ>.{l//::>。:::::..   ヽ
                 / ,:'::::::/>.ニ三三ヽ::::::..   ヽ
.                 {./:::::::/〈..<:::ヘ::ヽ:::::::マ:::`ヽ   ヽ
              ,.. ,:::::::::':::::i::::!   マ} ヽ_',マ::::::::マ    \
                //:;:::::::::'::i:::|マ{   イ!  ヾ マ::::::::i\    、_
            / /:::/:::{:::|,::{´ヽ、   ',ィオト,}::::::::',>、:. ≧s。 _ ̄ ̄ 〕iト .,
              |.../, イ::::::i!::| ,ィオミ、.   弋ソ !i:::::::|/::ム     ≧s。,   \_
          ‐ '   i!::::::|::ト. 弋ソ      .:.:.:./!|::::::|',::::::::ム.   /、.     / }
.            く/  i!:::::| i!ム .:.:.  `  ,  ´ ,:|::::::|::',::::',:::ム /::::::::\  ./  / > .,_
             /    i!::::|:::i!::l:..   `    ...:::i!::::::i::ムヽ: : :∨:::≧=- _ へ  /    _ ≧s。
            /    ム::::!::::_:7`=ト 、__. イ .{:::i!:::::,j.::::ム ヾ:.、<:::::::::::::::::::::::::\{ _,. <   ∨
.        /.     /::::マ∨∨::::i:::::::。}   ∨Vリ'-- ミ:::::::.. \ ` < :::::::::::::::::: ̄′       〉
       / -─- ミ /:イ::::::::::/::::::j:: 8゚/   。o°    マiト::::::::≧s。_  ̄` マ:::,'        /
       {__   {i. ´/::,,::::::,.  ─ ´゚oo ゚           ',:::::::> .,ー─-- ==,'       /
     /___ユ/ /:::/:::: ′                ',:::::::::::::::::> .,    ,'    .イ
.   / ´     {./::::, ::: ,lノ   ..:           :.     ',::::::::::::::::::::::::::\ /   /  l
  _,.ゝ--   __  }::::::/.,xく _   ,:´イ^> .,   ゙:,  ',   ト、_ '^',::::::::::::::::::::::::::::::: l /   |
^’          `>':::::/. ′`  ㍉ {/,. へ \\ }  .;v , -─ ,::..\:::::::::::::::::::::::}/    |
 _ -─    ̄ ,.’::::, .八 _r‐チ⌒Y´r‐ミ-. \\'/ /:::V     ',:::::.. \::::::::::::::{′    l
´       / !::::::::f^-‐_^ヽrミY┐ノ/⌒ーYト, , イ /::::::::V  ̄` ',:::::::::::::\::::::::人   __/
<__   /  .|:_,. 厶イへ} Y _ノ/{ { a`Yリ l}   ′:::::::::V    ',:\:::::::::∧、::::::::: ̄::::::::::::\
     ` /  厂r‐<^l V_ノり{ゝ-_ク-‐ 、彡'く⌒ヽ{:::::::::::::: ∨   ,:::∧マ:::::∧\:::::::::::::〈\::::::\
      {__ 〉{厂} }}从r=ミメ、{厂゙> } {r ⌒>、 } ̄ ̄ ̄`    ,:::::∧\::∧ \:::::::::/  ̄/::.
          》 rΞミメ、》f く ^Yハて^ミメ、r=Ξミメ,{         ゙,::::::∧ マ∧   >'´   / \::
.          {√「⌒}ヽ《ゞ-ゝ'ノノγ^>}从 く9 }ハ }─--_      __/::::::: ∧ マ:::. /   /:::∧
     ,. < 八廴_フ_/ノ辷ー==く辷z彡'人`<⌒ノノ、     ≧s。.,_::::::::::::::::: ハ  /   / }:::::::リ
.  ,  ´   <ゝー ≦^Lハ/r‐、 ∨厂㍉tハ}⌒リ  マ         ≧s。.,::: /   /  /::::::/
/  ,  ´    乂_ト、_ー ノ}-'┤}L ト、/_ノ {  /    マ          /   /    /::::::/
:、         ,. <\^辷z_彡'j^ゝ ___彡'≦∨   ∧        ,. イ  /\   /:::/
: ` 、_   _,. <  / / 7 ! T^ l^マ \     v    ∧   ,. イ   /     \//
≫---- ̄──=≦{  { / / Ⅵ | }  i ` 、  ∨   _゙,. <   > ´      /゙\
<  ∠....._   八  ̄ ,.イ∧ \l_/ / \   ̄ ̄ ̄     > ´             \
  \ マ: : :> ^゙  、/ ̄/  /ゝ----く∧  ` ー──=≦∧                   \

   ―― 四十話 ――
   神聖なチャペルに新郎、花京院典明の姿があった。
   新婦は白石紬と紺野木綿季。式が終わればどちらも花京院姓になる。
   指輪の交換。誓いのキス。自分の隣で笑う紬と木綿季。
   何物にも代えがたい心の底から望んだ倖せの形。

   参列者には明、海美、土方、ポルナレフ。木山の姿もある。
   みんなの祝福の真っただ中で木綿季が花京院の顔を覗き込んでえへへと笑う。
   「ねえ、僕とっても倖せだよ」
   花京院が頷くと、木綿季は周りを見回して花京院に向き直る。

   「こんなに君に愛してもらって、こんなに皆に祝福してもらえて」
   「木綿季?」
   「ね、ノリアキ。……僕のことはいいから、するべきことをして」

   がつんと殴られたような衝撃。そうだ。木綿季はいつだって「僕のことはいいから」と花京院に言い続けてきた。
   正義。仮面ライダージャスティス。置き忘れていたそれらが繋がっていく。
   だからこそ思う。この木綿季は自分の妄想ではない、本物だと。

   そしてだからこそ、花京院に木綿季を放り出して戦場へ帰る選択肢は無かった。
   いつだって彼は木綿季の言葉に「それじゃ意味がない」と返して木綿季の手を取り続けてきたのだから。

4777 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:56:15 ID:PLkKqcFd0 [9/16]


    ┌┐
    ||
┌─┼┼─────────────────────┐
│  ||          ┌―――――――――――――――┼―┐
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |      now reading ...
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |
                                └―――┘                |


.

4778 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:56:44 ID:PLkKqcFd0 [10/16]

                ー=ァ: : : : /: : : : :..:.|: : : : : :、: : : : : ゚ 。
                /: : : :.:/..: : : : : :..|: : : : : : :\: : : : : ヽ
            -==彡: : : : : /: : : : : : : :.| : : : : : : : : ヽ: : : : : \
            /: : : : : : :/ : : : : : : : : |: : : : : |: : : : : : : : : : 弋
           ⌒7: :/ : : : :′: : : : : : : : |: : : : : |: : : : : : ゚。: : : : ハ
             /..:/: : : : :{: : : : : /: : : :..|: : : : : |: : : : : : : ゚。 : : : : \
               /ィ:′: : : : : : : : :/:./i|: :..:|: : :}: :..l: : :|: : : |: :.。: : |: :|`ー‐
            / |: : :|: : : : : : : /}ノ}:j|: : :乂 ′:小、{: : : |: : |..: :|: :ト-
             /}: : :|: : : :|: :.:/≧ュ|:ハ: : : : :{: :/≦乂 : : |: : |..: :|: ノ
             八: :|: : : :|:.:/斗zzレ'`} : : : {i/斗zzミト:. :} : ‘/:小
               { }ノ}:.: : | {″込ツ `,八: : :{(  込ツ ∨: /∧: トヘ
             ,ノ{人: : :ハ` `¨¨     \_{  ¨¨´ ノ:.// }リ
              ゝ、、):リ               彡イ /
               リ\__}、       ′    し  /_/{
                 }小.     ,、          /{ {
                    -=| |...\   ` ====″ / | |=-              あのさあ……
            -=ニニニニ| |....{ \       / }.....| |ニニニニ=-
         -=ニニニニニニニニい....ゝ  `  .,__,.  ´   /....//ニニニニニニニニ=-
   _ -={三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三}
.  /ニニニ∨                                          /∧
 /ニ∨ニニ∨                                        /ニ∧
.∧二∨ニニ∨                                          /ニニニ}

4779 名前:携帯@胃薬 ★[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:56:55 ID:yansu [52/53]
アッ(瀕死)

4780 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:57:13 ID:PLkKqcFd0 [11/16]

寸ニニニニニニニニム: : : : : : : : : : : : : : : 寸ニニニニ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
 寸ニニニニニニニニ': : : : : : : : : : : : : : : : : 寸ニ,': : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : : ∧
/: 寸ニニニニニニリ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'': : : : : : : : : :∨:∧: : : : : : : : : :∧
: : : : :`:マニニニニ': : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : N: ::∧::::::..: : : : : : :∧
: : : : : : : :`::</: : : : : : / : : }.: : マ::.: : : : : : : : : : : i!:ト、 : : i 丶: ∧"''- ,,,_: : ∧
: : : : : : : : :::::: :!: : : : : : ': : /!ハ: : マ::::.: : : : : : : : : }_!} ',: : !: : : : ∧      ̄ `
: : : : : : : : : : : i: :: : : : :i : /ノ  ∨ム\::.: ::: : : : : :/_リ, ∧: ,:::. : : : ∧
: : :.イ: : : : : : : i: ::: : : : :i:/ ""''__-_\',__マ: !: : : : :イ! / '::∨:::::: : : : ∧
/ /: : : :.::: :::::|: ::: : : : :{ マ" f:∧` マ リ ! : : /='   .':::::::::i::::ト、: : : ∧
  ,: : : :::::::::::::::|: i! : : : : ト, ` 廴リ   / :}:/ '    !::::::::∧:!  > ,,_\
  !: : :::/!::::::::i:Ⅳ:: : : : |`ヽ        /'     /:::: !:, マ      `
 .i: :/  !:::::::リ:::::::: : : :i          ′ 、   ./:::: :i:リ
 .!/     Ⅳ:::::::::::: : : : i           _  ,イ::::::: :!!
. '        W:::::::::: : : : !:ト、      -  '"  ィ:::i:::::::: :|!        ああ。三十七話のデートシーンは新撮で頼む。
.         i:::::::::::: : : : ::::i::::\       /!:::::i::::::: : |       三十一話の映像流用だとどうしてもコピー戦闘体が頭をよぎるからな。
.        !::::::::::::: : : : ::::}  ::::>..,_  /:!::::!::::i::::::: :: i
.        !:::::::::::: : : : ::::::i!ト ,,__,, 斗 ''i:::::!::::!::::: ::: |                   「いや、そこじゃなくてだな」
.         !::::::::::::: ::: : :::::::i : : : : : : : : : : : !:::::::::,::::: :::: i!
        !:::::::::::::::: : : :.!:::/、: : : : : : : : : 斗、,_::,'::::::::::/:i
         !::::::::::::::::: ! : :!'".:} " ー ''"    7:::::ト/,,_:!
.        !:::::::::::::::>! : |::::::i:::.     .::::   /::::::i   `"''ー ,,_

4781 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:57:40 ID:PLkKqcFd0 [12/16]

 :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
 :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:l :.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:∨
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.i:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:. ! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.\   _,
 :.:.:.:. : /:.:.:.:.:/i|:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:. |∧!、:.:.:.、:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌- ´
 :.:. :. /|:.:.:.:./ヽ!:.:. |:.:.: /:.:.: vー|‐\:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
 :.:.: /. |:.:.:/   !:.:. i : /:.:.:Ⅳ   !  ` :.:.:.\:.: !:.:.:.:.: |:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
 :.:./ //_ ̄`|/!:.: /:.:.:.:.:.| ′ ̄_ |.\:.:.:.:. |:.:.:.: /:.:.:.|/ :.:.:.: |/ }/
   イ爪り¨¨` .}:./ :.:.: l:. |\イVfjソ¨¨`\:. |:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     `¨¨¨´  /\:.:.:./!ヘ!   `¨¨¨´   .|从:.:.:.:.:.:.:乂 :.:. ∧!
.         ′ 〉へ!             |:.:.:.:./|'  |:.:./  \
           / !            }从/    ∧'
  ',          j             u /    _, ′
   ′        `              ,、_ }:7
.    ′                  u ./:./ .|'
   }∧、    _            ..イ>'
      \  ‘ ̄   =‐-     .イ:. !               なにこの四十話……
       |へ   ⌒       .  :`!l:.:ハ|
         | \     .  今   :|ハ!                      「いやなに」
       rぉび|  `ー  '’ : : : :     |ミ....、
       |ニニニニl  lニニニニニニニ |

4782 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:58:05 ID:PLkKqcFd0 [13/16]

                 \: : : : : :!ニムト. ,_∨: :.∧ /        _,ィ/
                  \: : : :iニニニ、: :\: : : :∨_, --= '" /         _, イ/
  、,_             ''" ̄ >: : :iニニニニ、: : :`: : : ': : : : : : :/          _, ≦ニ/.    _, < :
   寸≧ュ.,_         >: ": : : : : :iニニニニニ.、: : : : : : : : : ""'≧:- ,_   _, ≦ニニ/   _, <: : : : :
     寸ニ≧ュ、,_   /: : : : : : : : : : :!ニニニニニム: : : : : : : : : : : : : : :_,>ニニニニニ/  _, <: : : : : : : : :
       寸ニニニニ≧<、,_: : : : : : : : : : :.iニニニニニニム: : : : : : : : : :r≦ニニニニニニニ/ _, < : : : : : : : : : : : :
           寸ニニニニニニ≧ュ/: : : : : : : !ニニニニニニ': : : : : : : : : iニニニニニニニ,ィ:<: : : : : : : : : : : : : : : : :
         _,>、ニニニニニニ/: : : : : : : : :寸ニニニニ/: : : : : : : : : : :マニニニニ/: : : : >: : : : : : : : : : : : : : :
     _,, <: : : : :寸ニニニ/: : : : : : : : : : : :寸ニ/: : : : : : : : : : : : : マニ/:、'''": : : : : : : : : : : : : : : : :>
      " -=ニ=- '' 寸i/: : : : : : : : : : : : : : : ': : : : : : : : : : : : : : : : マ{: : :∧ : : : : : : : : : : : : : > "
                / イ'': : : : : : : : .:1: : : : : : : : : : : :ィ: : :}!: :/: : : : !: : 、: : : :\: : : : : : : : > "
              / ': : : : ,: : : : : ::小: W: : : : .::/: ./7: :/}i::A: : : : i: : : Ⅶ ,,_>: : > "
           /  ': : : : ': : : : .::/"トⅦ、: : : :/!: /:._!:/イ,リ_,,マ : : !:: }:、:i: ',: : : :> "
             ': : : /!: : : :: ::ト, 丶辷!、: : {' !' ナア'弋ソ./ .}: : : !:/::!:::}: ! <
            /: :イ  W:::::::::∧    \:{       '  .!: : :レ:::::A:::: !
             イ     ∨:ト,:::::∧     丶       ノ: : :/::::,' マ:}!
               _, <: }!: Y: : :ト、   '        ,イ::  ,:::::ア  マ
            _, <: : : : : :': : !:::::::i!: \ ゝ 丶   イ::i:::!: :,:::::::{       俺なりに考えた結果、惚れた相手を斬るとか
         _, <: : : : : : : : : : : : |::::::ハ!::::::::\   _ イ:::  i:::!: ,::::::::|       ただ気付かず助け出されるまで目覚めないなんかよりも
      ._, < : : : : : : : : : : : : : : : :!:::::': i:::::::::::::|::::ー:::::     i::!: ,:::::::::!
    _, <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !::::,:!_i::::::::::::}`"'' ー--- ''!:!:.,::::::::::!       『解っていて選べない』
.._, <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _,:!::f´ .!:::::::斗,,_: : : : : : : : : !:リ:::::::::::i
: : : : : : : :,、≦}! : : : : : : : : : : : : >_.Ⅳ斗 "   .:: "-- ''" !,'、:::::::::::!       のが一番心に来ると思ってな。だからこうした。
: : : ,, ≦i:>'': : : : : : : : : : _, <   - ,!:!__   __.:::::::::    .::: /  ` <:i
i:i:i:i:i:>:": : : : : : : : : > ": : : : > ,_ リ   ̄  ヽ::  , < ー      `_,≧=-. . . ,_
i>:": : : : : : : : : >:": : : : : : : : : : : : >. .._           __,,. . . <: : : : : : : : : : : : >. ,_
: : : : : : : : : >:":マt、: : : : : : : : : : : : : : : : : >. ,_  _,, .-=: ": : : : : : : : : : : : : : : : : : 斗≦ニニ> ,_

                    自信満々に言い切る脚本家に思わず絶句する折木監督であった。

4783 名前:バジルールの人@バシルーラ ★[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:58:50 ID:???
やっぱ赤霧脚本は悪魔や(確信

4784 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:59:28 ID:PLkKqcFd0 [14/16]
以上になります。お目汚し失礼いたしました。
少なくとも俺なら恋人斬って脱出するより、夢から覚めたら全部終わってたよりこれが一番嫌です。
さあ、そろそろラストスパートだ!

4785 名前:携帯@胃薬 ★[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:59:33 ID:yansu [53/53]
オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛

4786 名前:ふなっしー[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 01:59:39 ID:Mz1FubRN0 [2/3]
あのさぁ…

4787 名前:サンダウンの人[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:00:52 ID:/o8wMcGG0 [2/2]
乙でしたー赤井先生は鬼やww

4788 名前:ふなっしー[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:02:57 ID:Mz1FubRN0 [3/3]
おつでしたー
悪魔を通り越して、鬼畜がいるぞぉ!!

4789 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:03:11 ID:xOgMl5W70 [2/2]
乙です
悪魔だ、悪魔が居る

4790 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:03:33 ID:8FMaFhNe0
ヒェッ

4791 名前:携帯キリト[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:04:05 ID:Z4EpLSD40 [3/3]
乙でしたー
やっぱり悪魔じゃないか!

4792 名前:デイリー[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:10:15 ID:gbICqdGN0
乙でした~
終身名誉悪魔の称号を……(戦慄

4793 名前:バジルールの人@バシルーラ ★[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:10:17 ID:???
乙でした

オッキーや立花先生より、身内のワイらが先に死ぬ

4794 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:19:03 ID:PLkKqcFd0 [15/16]
ちなみに花京院とユウキのシーンは明と狂三の関係と「いつだってこうだった」という形で対比してるシーンだったりしますw

4795 名前:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[] 投稿日:2020/08/05(水) 02:31:51 ID:tora [41/41]
脚本の魔王さぁ…(震撼

今からこの話組み立てるの震えが来るんですが


4797 名前:トーリ@全裸[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:38:29 ID:RWkBHYvd0
……ここで、ここでその道を選びますか(絶句)
うん、自分には絶対に出来ない。
できない子さんと同じようにこの言葉が出てきましたわ。
この脚本はあたまおかしい(最大級の賛辞)

4798 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 02:39:32 ID:0iYoBDlf0 [3/3]

oh…

4799 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 03:06:34 ID:Rnn4L6on0 [2/2]

幸福の監獄作戦はこの世界だとV型感染症がモチーフとか難癖つけられるんだろうか?
それだと目覚めることができた明と選べなかった花京院の対比も別の意味が生まれてくるかな?

4800 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2020/08/05(水) 03:11:43 ID:pork [311/311]
乙であります!
流石悪魔の脚本家やで
関連記事
スポンサーサイト




コメント

2020/08/05(水) 13:50:01 | URL | 名無しの住民 #-
外伝とかで土方の半生とか今までの部分を見たくなるね、もしくはそれが判明するのをパンチホッパーのポルナレフの視点から見ることになるとか。

2020/08/05(水) 13:52:15 | URL | 名無しの住民 #-
やべえ、改めて花京院のプロットをみてあああああああああ!?ってなったw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する