FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:26~30話プロット

2020/07/17 11:26:20 | プロット集 | コメント:0件

416 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:11:05 ID:OZyVDo6R0 [2/12]

                 - ――-
           、丶`
         `                      ヽ
     /                           ∨
                                ∨
   /                                 V
                                   ヽ
                                      ヽ
      〃 ̄ 丶           , 7              丶
      {  / ヾ l       __ / /  //   、     1
     ∧ 、(::::|  〃´ ̄ 1"≧ミ/_/. :/ 1 /ハ   l\l
     /∧ ヽ"|   l      、 弋ツヽ\′:レ'.:::::∧ /
     / 丶 __ l  l        ̄ "   ヾ .:::::::::/ ル′
    '/   . : :1ルノノ        . : . : .  .. : i:::::∥
   〃   : :|              : : : 〉:∥
   ∨    . :八                   ̄ ´.:∧
   ::.V    : .丶         .: ; : : : . : ; :/
   ::. ∨     . : : .\    . : : " <  ̄ フ 〃
   :::::::.V     . : : : . 丶: : ; : .     ̄ /
   :::::::. ∨   . : : : : : : ≧ ; : . . ; : :、 イ 、
   ::::::::::::.V    v/. : : : : : : :, 二≦∧:::::. \_
   ::::::::::::::八   ∨. : : : : : //v.:::::::::∧::::::::::::..\_
   :::::::::/.:l::l    ∨. : : : /. : V.:::::::::∧::::::::::::::::::..\
   :::/..::::::l::|\__ v. : : : : .   i:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::. \
   " ..::::::::::l::|     ヾ V//, / ̄|:::::::::://∧::::::::::::::::::::::::::.ヽ

   ―― 二十六話 ――
   薄暗い会議室と顔の映らない女たち。MARNの幹部会議はざわついていた。
   レディウォーリア。
   少々危うい思考はあったが彼女は組織全体でも上位の席座る上級幹部だった。
   そんなレディウォーリアが、仮面ライダーネメシスとの戦いで戦死した。
   それはつまり上級幹部のポストが一つ空いたということであり、仮面ライダーを倒したものがその後釜に座る。
   そう考えるものが現れるのも無理からぬことだった。

   それぞれ戦闘体の襲撃を受けたネメシスとジャスティス。
   ジャスティスは身に付けたばかりの強化形態に超変身し危なげなく撃破。
   自身の戦闘スタイルに最適化した形態なので超変身直後に決めるのでなければ消耗も強化形態の方が少ないらしい。

   他方、ネメシス。
   戦闘体を撃破し変身を解除した明の前に一人の女が現れる。
   年かさの行った冷徹そうな目の女だ。
   「はじめまして。宮本明君。仮面ライダーネメシスと読んだ方がいい?」
   女は『ヘスター・ギャロップ』と名乗り、身構える明に「今の秩序より男性上位の世界が正しいと思うのか」と問う。

   「そんなことは思ってない。俺は道具として一方的に奉仕するなんてごめんだし、別に女を傅かせたいわけでもない」

   対等に愛し合いたいというのは間違いかと問い返す明にヘスターは笑顔を見せる。

   「では、せいぜいそれを貫いて見せなさい。宮本明」

417 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:11:32 ID:OZyVDo6R0 [3/12]

                       /{__/|
                  |\  |\ノ   / |
                  |  \|/   /  .|
                  |   |\   ./   |
                  |   Λ。Y⌒ヽ   /
                  Λ  弋} 乂;;;;ノ />―<___
                  | ∨/ ΥT-厂 /  / /  /
                     ノ\| |  └</   / /  /.|
.            __  <ニニニニ{\     /^V/  /   |
      r―<ニニニニニニ>''ヘ  \ /  ___|_/ ______ノ\
   とニ 厂}  }ニニニ>''´     ∨ Λ <__|二=-_     \
.    し く ノ―  ̄ ̄        └<⌒\__/><二=-__/⌒\ __
    └'⌒                   >へ__}/ニニ}`''<ニニニ/ |
                         ___//| |ニニニニ/    `''<ニ|   ',
                          V〔〕 |[]ニニ /       \.|   ',
                      〈 ̄ ̄/――ァ''^~⌒\     ||    ',
                      /ニニニ>''´ニニニニ.}   ||___|
                       /ニニ>''´ニニニニニ二ノ   〈 { ⊂ニ}
                       /二二 「 ̄ ̄ ̄`''<二>''´     し>―r
                     /}ニニニニ \ \二=-  ~ - .,       └'⌒′
                    く__/ニニニニ {ニ\____   ̄「Υ〉
                 {ニニニニく ∨二二二 |   >ー┘ /
                  \ニニニニ\∨ニニニ|   |   /
                  \二二二 「∨ 二二| _| /
                        \ニニノ  '/二ニ|/   /
                         \    ノ/ニニ〈C)__/
                    _ < ¨¨¨   '/二二Τ
                   /二二\__/ |ニニニ|
                   └――――   |二| |_|
                                | ̄   |
                             \_/

   ―― 二十七話 ――
   意味深に笑って姿を消したヘスターの存在に困惑を隠せない明。
   花京院が合流し、その風貌と名前からそれはおそらくMARNの総帥を勤める女傑であると聞かされる。
   倒すべき敵のトップが何故わざわざ姿をさらしたのか。

   何か裏があるのではないかと考える明。
   「ネメシス!」
   その思索を断ちきって幽鬼の様な風貌の男がぎらついた目で叫ぶ。
   声のする方に視線を向け、そこにいるのがいつぞや海美と共に見かけた男二人だと気付いて明は目を見開いた。

   「俺と戦え! 変身!」
   闘争本能剥き出しの土方。仮面ライダーキックホッパーが跳ぶ。対して明、仮面ライダーネメシスは応じながらも、
   あの時間に合わなかったからかと自責の念を抱き説得できないかと考える。
   「こいつも仮面ライダーか!」
   迎撃に重きを置くのは花京院。仮面ライダージャスティス。
   「おっと、二対一は卑怯ってもんだろ」
   殆ど面白そうだからで首を突っ込んでいるポルナレフ。仮面ライダーパンチホッパー。

   四者四様の考えが交錯する乱戦のただなかで横合いからぱんぱんと二度手を叩く音が聞こえた。
   「まったく、喧嘩を吹っ掛けろとは言わなかったぞ、土方君」
   その声の主に目を丸くする明。
   「久しぶりだな。義弟君」
   「……木山先生」

418 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:11:56 ID:OZyVDo6R0 [4/12]

                 /..∨........{....................|......!...../............................/.........ム
              /...........\.....∨................|..从../........................,.:'´.................ハ
                |...................\.乂........................................>''"........./................!
            八......‘:,........../^~"''~、、......,__jI斗---i..../......../...... {
             \.....\../      `¨´          j............/..........j
              }.........ノ     、             ミ..................../
              ∨..(       \    _,.:'´     {............../
               Y^ヽ~"''~、、‘:,  {__,.。 *''"⌒  }/⌒Y
               ハ ::ノ:: ,ァzzz;ヌ::>   ァzzzzz彡..::    }
                }:{  ` ‐=≦:::}   `ヽ:::....     | )::./
                人ヽ..     ...::|   、     /! ./!_
            .。s≦:/:○!   _ノ{    .ノヽ、    ;○:从:.≧s。.
         .。s≦:;:;:;:;:;:/;:;:;:八  . 「:: .个ー=彳-、 :::} /  /!:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:;:;≧s。.
     / ̄;:7;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:|. ヾ圦 く二二二ニ入::}厶イ |;:;:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    ./;:;:;:; ;′;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;|  ヽ        ノ~"''~、、;:;:;:;: ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   .;;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:ト;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;: |    入___/~"''*、.   \;:;:;:;:; 〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    {;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:∨;:\;:;`''<;:;:;!>''"        ̄ \ \^ゝ、\;:;:;:;:_;:;:;:;:;:;:
   人;:;:;:;:; ∨;:;:; ∨;:;:;\>''"         ----、  \ \;:`¨´;:;:;:;:;;:/;:;:;:;:;:;:
 /;:;:;:\;:;:;:;∨ :;: ∨;:;:;/           __  \  〉、  };:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:

   ―― 二十八話 ――
   土方とポルナレフが木山によってMARNに対抗するために用意された仮面ライダーで
   情報を掴んだMARNの作戦阻止のためにこの町にやってきたとだと説明を受ける明と花京院。
   だがそれにしては土方が明に向けた戦意というか敵意は強すぎる気がする。
   それはなぜかと問う明に苦笑する木山。
   「それはね」「木山!」「土方君はあの日、君が私の所に来る途中で戦った戦闘体だからなんだ」
   笑うポルナレフ。目に見えて不機嫌な土方。
   「MARNの支配から解き放たれてもあの日負けたことは根に持っているらしい」

   薄暗い会議室。顔の映らない女たちがヘスターの前に居並ぶ。
   しかし彼女たちをヘスターは見ない。
   その視線の先にあるのは今までの仮面ライダーたちの戦いの記録を移す大型ディスプレイ。
   ネメシスに、ジャスティスに、キックホッパーに、パンチホッパーに倒される戦闘体の姿。
   「さすがに、仮面ライダーたちを無視はもう出来ませんね」
   嘆息してヘスターは言う。

   「イェーガーを出しなさい」

   会議室がざわつく。
   「“母(マザー)”、俺が」
   「いいえ、オズマ。もうあなただけでは戦力が足りないのです」


   頑丈な手枷を嵌められた男は一人、窓もない室内で来る戦いの予感を感じとって口角を歪ませる。

419 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:12:22 ID:OZyVDo6R0 [5/12]

///\\//////////⌒ヾ(
/////\\///////    `,
///////  \////  、          , 、
//////////////           /:::::``'~、、,,_
\///////////   ⌒)!        l::::::::::::::::::::::::::::≧s。、_,,斗zzァ
\\////////廴__  ’  ,     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
\\\/////ア⌒''-=ニミ、、..,,_   l::::::::::::::,ィzzzzx:::::::::::::::::::::::::::≧=-
//\  /// ヘ      ``''-=う   {::::::::::/ニニニニO心::::::::::::::::::::::::>  ,_」LL」_
////////{ニ=-ヘ   ヽ         └<::レ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧x:::::ヘ::{\{>''´-=ニニ=-)h、、
////////}ニニ=-ヘ   )  ,斗-=======〈:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽイ>''´-=ニニニ=-ァ'⌒`''=-`
/////⌒'/l二ニ=-ヘ_    ⌒''<-=ニニ二〈:i/::::::::::::::::`ヽ<ニニニニニニ=-イ      ⌒ヽ
////ニニニヾニニニニ=-\――<-=ニ寸-=ニ.イ:::::::::::::::::::::::::::::ヽニニ=-イ    丶     メ
///i-=ニニニヽニニニニニニニニニニニ\ニニ〉-=ハ:::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ=->、,       ,'
///{\-=ニニハニニニニニニニニニニニニ/-=ニ}:::::::::::::::::::::::::::, ィ/ニニ=-/ニ=-`''<
///{  \-=ニゞ)ニニニニニニニニニニニ)h、-=ヘ__:::::::::::::::, ィ.ィ::/ニ=-/ニ=-/二=-ヽ
//,ハ   \-=ニニニニニニニニニニニニニニ{ ヽ,(oソ====≠==../ニ-/ニ=-/-=ニニニ=-∨ /
///ム    ``''<-=ニニニニニニニニ,イ={:i:i:i:iヘ::{::::::/:::::://-/ニ=-/-=ニニニニニ=-∨ /
////ム       ``''<-=二イニニ二',:i:i:i:iヘ:{:::/:::/::://ニ=-〃-=ニニニニニニニニ=-'/
/////ム    ヽ     /-=ニニニニム>''^∨/:::::::,'ニニ=-∥-=ニニニニニニニニニ=-}
//////ム    ,   /-=ニニニニニ/::ハ   ∨::::::::/ニニニ=-{{-=ニニニニニニニニニ=-八
///////心       /-=ニニニニニニ/:::::::ヘ,,、<i∨:::/ニニニ=-〈\-=ニニニニニニニ=-/ニム
\///////心   /-=ニニニニニニニ/ZZ[__ヘ:i:i:i:i:i:∨ニニニニニニヘ-\-=ニニニニニ=-/ニ=-\
\\\////,心/-=ニニニニニニニニ/::::::::,,ィzzヘ:i:i:i:i:i:ヘニニニニニニヘ-=\-=ニニニニニニニニニ=-\
//\\\////心-=ニニニニニニ二/ZZZZ[ ̄_ヘ:i:i:i:i:i:ヘニニニニニニヘ-=ニニニニニ二二ニニニニニ=-\

   ―― 二十九話 ――
   重い扉が開き、その奥にまた扉。何重ものセキュリティを解除してヘスターはその男の前に立つ。
   「仕事です。イェーガー」
   「……俺が出るほどか?」
   イェーガー(狩人)と呼ばれた男はヘスターを嘲笑うように見上げながら手枷を外すことを要求する。
   「レディウォーリアが落ちました」
   シンプルな答えに自由になった両腕をぐるぐると動かしながら楽しげにイェーガーは笑う。
   「標的はこの四名。いずれも仮面ライダー」
   ヘスターの側近が持っていた資料を無言で引っ手繰りながらイェーガーは悠々と部屋を出る。
   今、最強の戦闘体が解き放たれた。

   明たちと別れ、MARNの次なる作戦の情報を探るべく動こうとする土方とポルナレフの前に一人の男が現れた。
   「よう、仮面ライダーども」「こいつ、イェーガーか!?」「知ってるのか? アニキ」
   変身するキックホッパーとパンチホッパー。襲い掛かるイェーガー。
   「MARN最強の狂戦士だ!」
   イェーガーは二対一でなお二人のライダーを圧倒する。
   それもキックホッパーには蹴り、パンチホッパーには拳と分けて対応してみせるほど。
   ふと、あるものが土方の目に入る。
   「ポルナレフ! やれ!」「おうよ!」
   ライダーパンチ。大ぶりの一撃を掻い潜ってカウンターを叩き込むとイェーガーはパンチホッパーに止めを刺そうとする。

   それを間一髪で阻む戦闘体(ゴ・バダー・バ)時代からの愛用バイクに乗ったキックホッパー。

   「乗れ!」
   満身創痍のパンチホッパーを後ろに乗せてバイクは走り去る。
   「やるじゃないか」とイェーガーは楽しそうに笑った。

420 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:12:47 ID:OZyVDo6R0 [6/12]

                     ''^゚~ ̄ ̄~゚^''
                     /::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: \
               /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
             //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
.              /::/:/::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
           /::/::. / ::.::.|::.::. /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
.            /::/::.::.::/::.::.:|イ"⌒ヽ::.::.:: |::.::.::.::.::.::.: |::.::.::.
           /::/::.::.::.::.::.::.::.::|::|::/   |:|::.|::.|::.::.::.::.::.::.: |::.::.::.:
.          |: l/:/::.::.: |::.::.::rf荻示ミ|八|::.| ::.::.::.::. |::.:|::.::.::.:|
.          |:/:/ ::.::.:: |::.::.: Vぅツ    |/|::.::.::|::.::.|::.:|::.::.::.:|
.           /:/: |::.::.::.:|::.|::.::.| ''       |::.::.::|::.::.|::.:|::.::.::.:|
          /:/\|::.::.::.:|::.|::.::.|   、  丶 ∨:: |::.::.|::.:|::.::.::.:|
.        |::|  人::.::.::|::.|::.::.|\     ー  |从|::.::.|::.:|::./::.ノ
.        |::乂____/⌒|::.|::.::.|  >/´ ̄ ::.::.:|::.::.|::.: //
.          乂_/⌒`|八::.::| ̄ ̄[/⌒\::.::.::.|::.::八/
__________ ,, 、、丶`::.::.::.::.:ノ:|:| N\ _|    |___ノ|: / /|
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./: ノノ || |::|-/'⌒ヽ/ニニ|Λ : |
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、丶{__彡: :.|Lノ:ノ/::.::.::.::.:|二二二 }ノ
::.::.::.::.::.:__;;、丶i二二|  /ニ|: : 「二/::.::.::.::.::.:|二二二/
 ̄ ̄   | ニニ|二二| ./ニ-|: : |二|::.::.::.::.:Λ| 二二 〉
.     八ニニ|二二|/ニ/|_|二|::.::.::.::.:|ニニニニニ/
      [\ニ\二[/二二ニニ|::.::.::.::.:|ニニニニ〉
     ノ二|ニニ\|二二二ニニ|::.::.::.::.:|二二/
.   / 二|二二 \ 二二二|::.::.::.::. ∨ニ/
.  _|二二八ニニ(_)ニ|ニニニ/.八::.::.::.::.::.\{
/ニニニニニ\ニニニ|ニニ{ニニニ\::.::.::.::.::.\___
ニニニニニニ} {ニ\二]ニニノニニニニ\::.::.::.::.::.\::.::.::.: `\
ニニニニニ/厂ニ(_)ニ|ニ「ニニニニニニ\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\

   ―― 三十話 ――
   MARN本部基地の廊下に一組の男女がいた。
   「なんでアンタがここにいるの?」
   嫌味たらしく女が言う。
   「ああ、アンタのいた支部もうないんだっけね」
   「それはそうだがここにいるのは別の理由があるのさ」
   女が怪訝そうな顔をする。
   「幸福の監獄(ハピネスプリズン)。例の計画の責任者さ。大抜擢だろう」
   女を嘲笑うように男が言う。その正体はゴ・バダー・バのかつての相棒シオマネキングの人間態。
   ふん。と鼻を鳴らしてシオマネキングはその場を立ち去る。

   「アイツが、あの計画の? それに、イェーガーもポチョムキンもいる。
    ,早くやらなきゃ……早く仮面ライダーを……」

   思いつめた表情でぶつぶつとつぶやく女の瞳には昏い狂気が宿っていた。


   MARNの次なる作戦の情報が気がかりながら、明は海美と共に買い物に出ていた。
   一体奴らは何を仕掛けて来るのだろうか。荷物持ちをしながら、気もそぞろな明の視界にある後ろ姿が目に入る。

   「………え?」
   「ウソ?」
   海美も気が付いたらしい。よく見知った姿。
   「あら?」
   振り返ったその女性は、もうこの世にいないはずの時崎狂三そのものだった。

421 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:13:12 ID:OZyVDo6R0 [7/12]


    ┌┐
    ||
┌─┼┼─────────────────────┐
│  ||          ┌―――――――――――――――┼―┐
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |      now reading ...
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |
                                └―――┘                |


.

422 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:13:36 ID:OZyVDo6R0 [8/12]

          , イ    .Ai:i:i:i/        ,        ',   ヘ
.        , イ  , '  .Ai:i:i:i/       i       ',     ヘ
      ←一 '''7   Ai:i:i:7        ,{ i,         ,',. ,   ヘ
.          /  i{i:i:㌣ . ,      ; .ハ .!V.      ハ i  . ',
         /   ,{㌣_,ィ .i!    / ,' ',l V.    ム.! .!   N. ',
        ,:'   / ,壬リ  .|!   ./ l ,'  ',  V   /',,、! l  } .V}
       /   _,:'.ム/   _{i  ム-fー- ..,,_ .V ,ィチ}.′ハ | ′           「どうだ?」
.      ← ''"~/ i{←一fΤ. ', .j{ ,ィtzzzx_   }/ ぅソ i ', ', ;
          ,' /li', vム. ', ', .', ハヾ う:::り   .ハ    ! i ∨
.         i ./ |ヘ Vァ ', ', .' . ',          '   .  |
.          i/   ! .ヘ   . } .',   N',           /.∧|        この三十話の女の「早くやらなきゃ」ってのは
.            ,' .ノゝ-イ-イヘ | '      -  ´ .'i /           .女性至上主義のMARN内部で男より低い地位につくことになる
           ムイ  { .ハ .ハk\l.}iト          イ ′           女の焦りとかそんな感じか?
.               V }/ .{ミト,,_   ≧ ‐- イヽ
.                 ,ィ}ニニニト,,_   ハv  Υ=-  ..,,__
               _,ィ仁二ニニニ}i  { Nv_/7ニニニニニニヽ        「うむ。放っておいたらシオマネキングが上役になるんで
.           _,,zt≦ニニニニニニニ}i    ,Ni7二二ニニニニiハ        それを覆すにはという感じだな」
        ,ィ二_二二二ニニニニニニニ}L_ 、    W二二ニニニニlニ}i
       /ニニニ>.、二二ニニニニニニニY ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
         iニニニニニヘニニニニニニニニ0ニ}i/                     /
.       l二ニニニニニヘニニニニニニニニ/                     /
.        l二ニニニニニヘ二二二ニニニニ/                     /
.         lニニニニニニニハ二二二ニニニ/                     /

423 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:14:02 ID:OZyVDo6R0 [9/12]

              ト、 _ノ!      __
          -= ''''' Y!ニ、: : :'"´ ̄ : <    _,
         __ \: : :!ニニ, : : : : : : : : _: 斗≦/
         `ヽ: : : : :!ニニニ〉: : : :,r≦ニ/_ア′
          γ: : : : 寸ニ' : : : 〈ニニ/: :<7⌒
           /:斗 : : : : : : ': : : : : : :´: 、: : _,, >
         ' イ: :/}: : : /:/小 _: : : : :}i: : :!
          i:ィ: (i! /!: :ト´_ fj丶〕: /:_}ヽ!
          ' i/ }レ-!: :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij`ヽ  '        他に何かあるか?
           ' ,: : 小: !i:i:i:i:i:i:i:イ             特にないなら折木の所に持っていくが
           /: : jト ',:|_rー "Ⅵ
           ,i!_ イ"ーヽ乂_  ヽ               「無い。無いけどさあ……」
        斗 ≦ _    丶   > ,,_
     <: : "守t、: : : : >. .,, 斗≦: : : : ィア:>、
      i\: : :"守t、: : : : : : : : : : : :: ィア: : :/
      }: : :>: _: "守t、,,_: : : : :_: ,ィfア : /: |
      !: : : : :: : :>:_:"<ニニニ>": : :イ : : : !

424 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:14:35 ID:OZyVDo6R0 [10/12]

          ((  (  /  rく⌒〕iト.≧=彡
          _乂_彡 \  ⌒“''*、  〕h、\
          ) / /         \   \
          /  /       \     \   \
            /        |i     \    \ ̄⌒\
        /     |   八      \    \   \
          / |i   人    \      \   (⌒  ̄ ̄彡
       八|i     \    \      \  \   /
         |i  八   \    \      \  ̄ /
         |i  |.えぅ、 | \(⌒ _   \  (⌒ 〈
__     /八 { vリ\}     _ xrぇ\  》⌒〉   〉\
ニニニ=‐  《ニ=.∧       ´ 乂タ /\八ノ_ ノニニ\
ニニニニ=‐ ∨ニ=.∧    ,          /  〈⌒ニニニ=‐/
ニニニニニ=‐\ニ=‐    `       u  / /⌒ニ=‐/ニ/
ニニニニ\ニ=‐ \ニ= \ `ー== ´  / ∨〕iト ニ/ニ/|        ここにきて狂三義姉さんぶち込んでくるとか
ニニニニ=‐≧s。 ___\ \   ィi〔   ∨ >''"ニ/ニ .\        お前本当どういう神経してんの?
ニニニニ=‐/        ̄ ̄ ⌒“''*、>''"ニニ /ニニ.|ニ=‐\
ニニニ=乂(                   \ニニ/ニニ ノニ=‐
ニ/⌒ ─────‐ 、       、 \〉⌒ \ ̄ ̄ニニニ=‐
ニ(/⌒ ∨‐=ニニニニ∧〕iト.   ', \ リ 〉ニ=‐ \ニニニニ=‐
       ∨‐=ニニニニ∧ニニ〕iト 〉 ノ// ∨ニニ=‐\_ノ、ニ=‐
        \‐=ニニニニ`、ニ≧=彡⌒ゝイ: : :\ニニ=‐∧ \ニ
        }..\‐=ニニニニ\ニニ|: : : : : : : :i|: : :\ニ=‐ ∧
        Yニ.\‐=ニニニニ\ニ.|: : : : : : : :i|: : : : :\ニ=‐∧
         八ニニ.\‐=ニニニニニ.|: : : : : : : :i|: : : : :| \ニ=‐',
        /‐=ニニニ.\‐=ニニニニ|: : : : : : : :i|: : : : ′ニ \=‐',
      /‐=ニニニニニ.\‐=ニニ.|: : : : : : : : : : : :/ ニニニYニ〉
    /‐=ニニニニニニニ≧=- 人: : : : : : : : : :.Y ニニニ | /
   /‐=ニニニニニニニニニ /: : : : : : : : : : : : :| ニニニ. |./
 /‐=ニニニニニニニニニ /: : : : : : : : : : : : : : :| ニニニ. /

425 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:14:57 ID:OZyVDo6R0 [11/12]

      寸ニニ≧。,_: : : : : : : : : : /ニ' : : : : : : : /   _, -
    _,斗 寸ニニニニ≧,: : : : : : :,イニニ': : : : : :_, 斗=ニニ/
     "''7: : 寸ニニ>’: : : : : : マニニ: : :<ニニニニニニ/
     イ: : : : :寸': : : : : : : : : : :.マ/: : : : :寸ニニ/,,_
    /: : :斗,: :イ: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : マ/: : > `
   '"´  ./: : : /:: : : : :/: ,イ: /: : :}:,: : : : : : : K'"´
      /: : : /: : : : !:.:// ,': : :,: /}:: : : : : : }∧
     ./:_ イ: : : : : : /{弋ァ-': /リtア: :/: : :ト、: : }
     ′ /i: : :/: : /、ヽ  /イ   .イア: : iリ  ヽi
        !: : ,: : :/`i、     }  ./: :ト、:∨
       ,: : :,: : ,: : : i\ r  ッ /: : :i! \         はっはっは。褒め言葉と受け取っておこう。
      , : : :i: :/: : : ,ト ,\_,,イ: : : : : :!
      ,: : : : !/: :./ ` <ニ>ト ._: : : :!  _,,_
    _ !: : : :_>'  :::::::::::::::::f    ` ー==> ` >  ,_
   /: :: -= "     _  :::   ____, <: : : : : :_,,、ュi>>
. /: : : : : : : : :> ._-   ̄   ´   <: : : : : : ,ィiア'_,ィ〔
'__: : : : : : : : : : : : : : : : :≧-  ,,_ <: : : : : : : ,ィiア':/ニi! 、
ニニニニ≧ュ ,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,ィiア':/: : :マム ∨
: : : : `: : マニニ≧ュ ,_ : : : : : : : : : : : : : : ,ィiア'://: : : : :マム: ∨
 ̄`: >: _: : `: :-=ニニ≧ュ,:_: : : : : : : :,ィiア':/:/: : : : : : : :マム: ∨
: : : : : : : : :>: _: : : : `: :-=ニ≧、: :,ィiア' /: :∧: : : : : : : : :マム: ∨

            なお、部屋に行ったら折木監督がいなかったので原稿メモ付きで置いて行かれました。

426 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:15:52 ID:OZyVDo6R0 [12/12]
以上になります。お目汚し失礼いたしました
さあ、楽しくなるぞおww

427 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:19:44 ID:rTC6cJwH0 [5/6]
乙です!!
コレはアレか、いよいよくるみおねえちゃんのうたが日の目をみる時が来るか?

428 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:20:11 ID:q85QuV7w0 [5/5]

監督が戻ってきたら絶叫する爆弾を仕掛けてるww

429 名前:サンダウンの人[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:20:43 ID:hYXyYlqq0 [3/3]
乙でしたーまたもおっきー昇天コースがww

430 名前:バーニィ ★[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:21:31 ID:???
乙でした!

431 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:22:42 ID:7PldDu6d0 [5/6]
乙でしたー

鬼だこの脚本家w

さて、次はイェーガーのキャラソンか・・・

432 名前:狩人 ★[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:35:45 ID:???
乙でしたー。くるみおねえちゃん……

433 名前:スネア ◆UUcp66tYgQ ★[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:40:43 ID:sunea [47/47]
おつでしたー!
おっきーが死んだ!

434 名前:携帯テリー ・ボガード(休憩中)[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:41:23 ID:mVj7GE0s0
乙でした

435 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:45:50 ID:30YSo7GN0 [2/2]
乙です!
すげえ……作詞家の人も赤霧さんもやっぱすげえですよ。

436 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:51:18 ID:fQE3Hz7C0 [3/3]
乙です

437 名前:オバロ ◆byojq1CxuSzn [sage] 投稿日:2020/07/16(木) 20:51:44 ID:1MhO51E+0
乙でした。
盛り上がってまいりましたw

438 名前:カエル[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 21:02:40 ID:2fWpjHSM0 [4/4]
乙でした
3クールの半ばにして特大の爆弾を放り込んでくる脚本w

441 自分:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[sage] 投稿日:2020/07/16(木) 21:23:35 ID:tora [10/10]
ついに幸福の監獄計画が来てしまったぜ・・・・・!!

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する