FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:22~25話プロット

2020/07/13 01:24:54 | プロット集 | コメント:0件

4920 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:31:11 ID:GuecEhtv0 [2/12]

                             _ -─-
                             . :´: /: : : : : :`: .、
                          _, ':/ : /: /⌒: : }: : ヽ
                  ──- _ イ/: : :rY: ハ心ァ{: : :|ヽ: : ゝ、
         -───             / {: : :八l从 "" \:沁}: : :',  ̄
     _、‐''゛               _/_,ノ : /: : ト   _   ゙゙/: : \二ニ=
    (: : :ゝ ______  -─: : /: /:r:||(__ \  `_,..イ乂: : : : : :
   ー=<_,,.. -─: : : : : : : : : : : : : -─ン´二二||弋\_`´ニニニ}  ̄ ̄ ̄
   _、‐''゛: : : : : : : : : : : : : : ─=ニニ//ニo/\_/oニニニ>L ≦=-
_、‐''゛: : : /  ̄ ̄ ̄ ̄三── ___/ニ厶_r' ̄ ̄丶、ニ\ニ{ニ(__}_
: : ( (: : (: (       /´       /ニ/二〉r‐ 、 _  \=ヽ!ニニニ{: : : ー-
``~ミ: : : : ``~、、乂      /ニニ/ニニ/   \\   \{ニニニ} ̄ ̄ ̄
      ̄   ー- ミ: : : :/ニニノ=/        \\   \ニニ',
              _/'⌒ア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、 ',ニヽ   ト、ニニ}
           ̄ ̄  {ニニ{    _ -‐  ̄ヽ  \}=ノ\ }ニ}ヽ}
               \ニト‐ァ'1´       \ 、、〉 {ニ∨ニノニ}
      ___        `ー',ィ={           V'´  \/≧ソ
     /ニニニニニニ=‐  {ニニ',   i{         |,,,、     ̄ ̄
     .'ニニニニ\ニlニニニニ=-ゝ_       /ニニ\
   _,..-{ニニニニニニ\ニニニニニ/ニ}>、 ,ィ´_ニニニ>
_,..-ニニ',ニニニニニニニ、ニニニニ/ニニ}ニニ>弋rニヽニニニ=-  _
ニニニニ',ニニニニニニ=、ニニ/ニニ/ニニニニ',ー'´\ニニニニニニニ
ニニ>''~ニ',ニニニニニニニ\ニニニニニニニニニ',ニニ=\ニニニニニニ

   ―― 二十二話 ――
   「なんで捕まえてこなかったのさ」
   嘘だ。捕まえて来いなんて思っていない。
   「まだお前の仕事だろう。俺がやってしまうわけにもいかん」
   「仕方ない。僕が出向くとするか……」
   嘘だ。出向くことに躊躇なんかない。僕はあの『男』を斬りたいと思っている。

   一人の女がいた。
   秘密結社の中で母親にすら道具として扱われていた女は孤独だった。
   心許せる相手などいない。そう思っていた。
   そんなある日、女は一人の少女と出会う。
   組織の施設内でも不思議と顔を合わせることが多くなった少女。
   少女は女にとって、初めての大事な友人で。

   そしてその大事なものはあっさりと零れ落ちた。

   男性の出生率、安全成長率が劇的に落ちたこの時代に、生まれるべくして生まれたのかもしれないアプローチ。
   つまり、女性をベースとした(生殖の可能な)男性化施術。

   女と少女が頻繁に顔を合わせたのも当然だ。二人ともその被験者だったのだから。
   失敗に終わった施術の結果少女は命を落とし、女はただの人間ではなくなっていた。

   僕たちが『捨てさせられたもの』を保ったままの女が憎い。
   僕たちが『掴めなかったもの』を最初から持っている男が憎い。

   解っている。これは八つ当たりだ。それでも、これが僕たちの復讐なんだ。


   施術前の姿に戻る機能を有しない戦闘体“レディウォーリア”。歪んだ復讐鬼はただ刃を振るう。

4921 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:31:48 ID:GuecEhtv0 [3/12]

              , ------- 、ノハノハノハハヽ- 、
             /ニニニ\ニ }ニニ!ニニニニニノ
           /ニニニニニヽニ}ニニl}ニニニニニニ
          /ニニニニミヽニノノニノノニニニニニニニニ
         ノニニニニニr─く、 n :{ } |、ニニニニニ
        (ニニニニ「}} } :{   } } } } }ノ \ニニニニ
        .{/ニニニ} {ハ{   }ノ=}ノ====ミ∨ニニニ
         {ニニ/\{/⌒\ (/y=rゥュメ、   }ニニ>-、
         ∨ニヘ ∨f_fテ_〉    ̄ ̄ ̄   }ニ/ ィ !
          Yニハ∧   /        U     /}リ} }
        .  人/ニ}  ',  \フ   u u  u  ノノ /
            \} ∧ r __     u   /⌒__/
               ∧ }}---\     O  }`´|\ニ
                  ∧´ ̄ ̄`        八|
               / ∧ ̄{ ̄      /  /
              /  / ∧      イ  __,/__
             (__)  /   ーr一<,。o<´ニ(_)ニニニ
               /   {\__/ニニニニニニニ
              (__)   |ニ|||ニニ| ̄}ニニニ:/ニ
        ー──────jニ:|||ニニ|_}ニニ/ニニ

   ―― 二十三話 ――
   仮面ライダーポチョムキンに手も足も出なかった衝撃がまだ抜けない花京院。
   一方、明はその感覚に覚えがあった。

   あの日、背後に海美を庇っていたとはいえ仮面ライダーネメシスは瀬多宗次郎に完全に敗北した。
   戦闘体でない人間を攻撃することをためらったのもある。しかし、攻撃していても結果は変らなかっただろう。
   あるいはあの宗次郎の動きをものにできたなら。
   記憶の中の宗次郎を思い出しながら戦い方の改善に取り組む明にレディウォーリアの凶刃が迫る。

   それを察知して明のもとへ向かう花京院の前にオズマが立ちはだかった。
   「「変身!!」」
   避けていく時間の余裕はない。ならば乗り越えねばならない。
   意を決して戦いを挑むも、過日と同じく防戦一方に追い込まれる仮面ライダージャスティス。
   「何も変わっていない。能力の最適化(オプティマイズ)も出来ていないようではな」
   膝をついたジャスティスにポチョムキンが言う。
   最適化?
   花京院は考える。自分は今までその速度と体術で戦ってきた。
   その間の戦闘経験によって戦い方に多少なり変化は出ているのは間違いないだろう。
   しかし、仮面ライダージャスティスの基本性能は変化していない。

   なら、身体の性能を戦い方に合わせてやればいいのだ。

   「ありがとう。発想の転換と言うのは大事だな」
   「む?」
   「……超変身(オプティマイズ)!」

4922 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:32:09 ID:GuecEhtv0 [4/12]

                           /!      /l
                     !、       ./ |      / .|
                    l '、      / .|     / /!
                   |、ヾ、   /Vr、 |    ./ / .|
                   | '、゙,\ /.|.゙、 ! !   ./ / ./l!
                   | ゙、゙,:::V /!、 ゙,ヽ.| ,r''゙ _/ ./ l!
                    j゙、_,〉_゙ァl/ | ゙、 ゙, ヽ`i''i`ヽi゙‐、‐'l,
                   /.ィ゙/ 〃l' | _゙、ヽ、l::', l! 'l_,/゙ヽl!
                  丿´! l! l!::j!.    〉.〉 !::! j!__ ! ゙!__,ノ゙、
                    /`Y'゙l、l! .Vl!.    | l l‐'"/ l、 l, l  ヽ
                 /'‐-l. ‐,=゙=゙、l゙、.| j__!、l‐'゙、 _,l! l ヽ-、\
               /  /゙!. `゙'=<-ヽ!,-'゙ァ゙='''゙´ ´_,,,,,_!.,,_ `ヽ\
             /,.-‐‐''゙,.┴‐--、´\゙.レ゙´、/´,、-=゙=‐゙->゙=、.  `\
            /"´,.、ー‐ァ゙‐'"´`ヾ、\ヾ、!/ ,.-'゙/7 ,.r‐''''"'''ヽ、`ヽ、ヾ\
          ,/,.-''"゙,.=‐'゙´      `<、!ヽ!/,r'゙、 ./゙Y゙      ゙ヽ、 `ヾ、ヽ
       ,.、-''゙-''゙  ,r'"           i/!'、l// ./'V゙         ヽ.  ゙、゙ヽ、
     ,.-'7‐''゙   /            i/j!`l〃 .r゙V゙           ヽ  ``ヾ':、
   ,.r'"/   ./            _,,..,,__,.//:j-‐ _,j! ト‐、             ゙!    ヾヽ
  .r'7/゙ _,,,_  /          ,/_,゙y'゙ア'ヽV / _,.-i''゙7ヾ-、          ! _,,..,,__゙ヾ゙,、
 //  _'.,,_ ゙ヽ. l          _r'゙,-='゙"´;z-、/'´‐'7'゙´| `ヾ.、|!         | /:::::-、`ヽ_!゙l
..{'/ ,イ ヽ, ',  !l        /''"´,,.-''"´   \ /   r、  ゙、j!         l l::::/´~`'‐''ヽ!
. 'l / .}-''゙ ' l‐-',!      / ,.-''゙´ 、_,.-==‐‐!Y   ,l .l、.  :|         .゙、!:j、 ‐'゙`l´ l!
 l l:::ノ ‐-、'゙   }、    / /   ,.r'7"´‐、:::::::/7゙、 / Y ゙ヽ. ./        r‐''',、゙  ,.,r 'Y゙
 ヾY、/'、 ‐_'゙ 〈-、':、  /,rj゙  _/ ノ ,r‐'゙::::r゙ ̄T'ヽl  .l  Yj゙        ゙'"ッ´ ,rj .lニ、 ゙l
  { -! ゙, ゙l ゙、ヾ `゙゙  l//_,.-‐'7゙~´ -'゙‐‐‐''''゙   `ヽゞ、 l  ,rl゙         (,,r''゙ / /  '‐゙
  ゙l_j   ゙l,_'l. ゙-゙    ゙'-==‐'゙             ゙ll`''‐'゙ j!            ゙‐'
      `´                       `''‐‐''゙

   ―― 二十四話 ――
   「超変身(オプティマイズ)!」
   定期的な能力の最適化で変身者との戦闘スタイルに身体能力の方を合わせる能力。
   それは仮面ライダージャスティスに最初から存在した機能である。ただ、花京院が知らなかっただけのもの。
   そして、デフォルトの武装が無いだけで、ネメシスのそれと同様のウェポンラックも。

   強化形態となったジャスティスはそれを活用している。打撃武器としても使えるシールドの形成だ。

   「ほう」
   空気が変わる。戦闘経験を反映して最適化された仮面ライダージャスティスの戦闘能力は恐らく自分と同等。
   舐めてかかれる相手ではない。
   推察を証明するように、ジャスティスはポチョムキンと互角以上に渡り合う。
   ジャスティスの流れるような連撃からのライダーキック。
   吹き飛ばされるポチョムキンだが、ダメージは致命的なものではない。
   「また会おうか。仮面ライダージャスティス」
   立ち去るポチョムキン。
   まだ強化形態を得たばかりの花京院は変身を解除してそれを見送るしか出来なかった。


   少し時を巻き戻して、市街から離れた橋の上で鍛錬を積む明の前にはその女が姿を現していた。
   それはかけがえのない友の仇。
   「レディウォーリア……」
   居合わせた海美を背後に庇う明。
   「さあて、君は彼くらい楽しませてくれるかな? ネメシス」

4923 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:32:53 ID:GuecEhtv0 [5/12]

                    l|l  |l    //,/,|l:::::::::::::\|l         /
                      l|l  |l  ///:::::::/|l:::::::::::::::: \|l      /::
                  l|l  |l  //::::::::::// |l:::::::::::::::::::::|l____ /:::::
                    l|l  |l //::::::://  |l::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::∨:::::
                   |l  |l / :::::::|/   |l\|l:::::::::::::::|l::::::::::::::::::∨::
                  l|l|L___|lレ' ',:::::l|l     |l |l 、:::::::::::|_::::::::::::::::∨
         _____ l|l    |  |',:::::l|l   ,.'|l  |l\:::∧ ∨:::::::::::::::
      ,.'´////////7__l|  |l  !|lL|L',:::::l|l  ,.'     |l\∧ ∨::::::::::::
   ./}///////////////>  、ヽ`「「「「',:::::|l「        |l|l∧ ∨::::::::/
  //////////////////≧=‐    ``ヽ、|K   「 \    ∧ ∨:::/
  {//////////////// { ,- \ --、    |l「ヽ|l   \ \     |  ` ´
  {////////////////人rッ〉 \  \    |l| ヽ|l|   ` ._ 丶、_|
  .〉/////////////≧=‐ \_  \ _ /|l|  l|ヽ    }h、     ___
  |//////////////≧=‐    ` i  !::/   |l   l|\    //ミh、   /
  |///////////7777,/ィ(_,i     ′':/     |l|l       ///    >′__
  ∨///////////> | V:ソ    /:/      |l      ,///  /  / /
    \///、/////≧=‐--‐ァ /::::/        |l    //  /  ′/:::
     \/ ≧=‐///_,,.、丶´ イ:::::::/         |l   //  |_/ /:::::::
      ´"'''‐-----‐'''"´::::::::::: /             /     __/::::::::::
             \_____/              /   _、‐''゛ ∨::::::::
             \                 |l    /_、‐''゛      ∨:::::
              ]|` 、 l          |l|l ,.'´           ∨:::
              ]| |l|l``|l、、l|l     _,,.、丶´        ///
              ]| |l|l  l| 「「 ̄ ̄ ̄ //  /      ////
              ]| |l|l     |l|       //  /        ///
              ]| |l|l             /  /        ///
              ]| |l|l               //      //
                  l| |l|l           //     //
                  l| |l|l             ///     /

   ―― 二十五話 ――
   「何をしに来た?」
   「説明が必要だとは思えないな」
   斬りかかるレディウォーリア。明は海美を庇いながら変身し、ネメシスランサーで光剣と切り結ぶ。
   直前まで宗次郎をイメージしていたからか、あの時と同じ海美を背後に庇う状況だからか、
   違う動きのはずのレディウォーリアが何故だか宗次郎と重なる。

   そしてその宗次郎を仕留めたレディウォーリアの戦闘能力にネメシスランサーでは対応しきれない。
   ならばとネメシスはランサーを分割して二刀流で対応する。天秤は少しずつネメシスに傾いて。
   チャンスをつかむべく必殺技を放とうとするネメシス。
   レディウォーリアはにやりと笑うと、いつの間にか手にしていたもう一本の光剣で右手のネメシスブレードを叩き落とした。
   硬直。今度はこちらの番だとレディウォーリアが動く。
   だがそれよりも一瞬早く、左で逆手に持っていた剣へネメシスの手が伸びた。

   裂帛の気合と共に繰り出される剣にレディウォーリアは見覚えがあった。
   あの時、最後にあの男(宗次郎)が放とうとした一撃だ。

   「今のは……」
   「……友が俺に託してくれたものだ」

   ネメシスの答えに悔しそうにレディウォーリアが唇を歪ませる。
   先ほどから感じていた宗次郎とどこか重なるような不思議な感覚についてネメシスは問う。
   「もしかしてお前も、何かに対して復讐を――――」
   「はっ。……僕たちにないものを持ってる奴に教えてやる事なんて、何もないね」
   そう言って笑いながら、橋から身を投げるレディウォーリア。
   変身を解除した明が欄干に駆け寄って下を見る。しかしそこにレディウォーリアの姿はなく、ただ川の流れだけがあった。

4924 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:33:21 ID:GuecEhtv0 [6/12]

                            _________________________
                          __∠______________________    ∠_
                       /                                    /  /  /  /7 |`! |] |]
                     /                                    ∠_∠  /.  / / ||
                   /                                    ∠__∠∠_  く_/  L,l
                 /                                    ∠      ∠∠__ _l´l_l´l_
               /                                    ∠∠_   /∠_  / └┐r‐┐r‐┘
.                /                                    /   /  //  //     └'  ||
.              /                                    /   /  //  //       ノノ [| [|┌i
.             /                                    /   /  //  //                 _ノ /
         /                                     /   /  //  //             `ー'"
.          /                                    /   /  //  //
.        /                                    /   /  //  //
.      /                                    /   /  //  //    γY⌒ヽ
.    /                                    /   /  //  //    ー (   ノ )
.  /                                    /   /  //  //       ゝ、_ノ
./                                    /   /  //  //
                                       /   /  //  //
                                      /   /  //  //
                                /   /  //  //

4925 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:33:46 ID:GuecEhtv0 [7/12]

      寸ニニ≧。,_: : : : : : : : : : /ニ' : : : : : : : /   _, -
    _,斗 寸ニニニニ≧,: : : : : : :,イニニ': : : : : :_, 斗=ニニ/
     "''7: : 寸ニニ>’: : : : : : マニニ: : :<ニニニニニニ/
     イ: : : : :寸': : : : : : : : : : :.マ/: : : : :寸ニニ/,,_
    /: : :斗,: :イ: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : マ/: : > `
   '"´  ./: : : /:: : : : :/: ,イ: /: : :}:,: : : : : : : K'"´
      /: : : /: : : : !:.:// ,': : :,: /}:: : : : : : }∧
     ./:_ イ: : : : : : /{弋ァ-': /リtア: :/: : :ト、: : }
     ′ /i: : :/: : /、ヽ  /イ   .イア: : iリ  ヽi
        !: : ,: : :/`i、     }  ./: :ト、:∨
       ,: : :,: : ,: : : i\ r  ッ /: : :i! \             待たせたな、折木。
      , : : :i: :/: : : ,ト ,\_,,イ: : : : : :!                 ようやくなんとか折り返しだ。
      ,: : : : !/: :./ ` <ニ>ト ._: : : :!  _,,_
    _ !: : : :_>'  :::::::::::::::::f    ` ー==> ` >  ,_
   /: :: -= "     _  :::   ____, <: : : : : :_,,、ュi>>
. /: : : : : : : : :> ._-   ̄   ´   <: : : : : : ,ィiア'_,ィ〔
'__: : : : : : : : : : : : : : : : :≧-  ,,_ <: : : : : : : ,ィiア':/ニi! 、
ニニニニ≧ュ ,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,ィiア':/: : :マム ∨
: : : : `: : マニニ≧ュ ,_ : : : : : : : : : : : : : : ,ィiア'://: : : : :マム: ∨
 ̄`: >: _: : `: :-=ニニ≧ュ,:_: : : : : : : :,ィiア':/:/: : : : : : : :マム: ∨
: : : : : : : : :>: _: : : : `: :-=ニ≧、: :,ィiア' /: :∧: : : : : : : : :マム: ∨

4926 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:34:13 ID:GuecEhtv0 [8/12]

                                  〉
                       _____ ___,,ノ}__ __/
               \__,...  ´ /⌒          ` <
                    >                    \
               /                   \     \
                      /     /      . :      ヽ    `二ニ=‐'
                        /     /    . : : : : .          ヽ
               /       /     /    . : : : : : : : : .    : .
           /                . : : : : | : : : : : : : . . : : .   \}
             厶イ          /    . : : / : ∧: : : : : : : : : . : : : .   ハ
.              リ     /  . :     . : : : :/: :/⌒∨.:.: : : : : :|\: : : : .  │
           / /    :  . :|     . : i: ://: :/二 ヽ〉: : : : : : :|ニ.|: : : : : : . |
              /   . : : :.  . :| : | : : :人{ 气守广∨八: : : : :ァ守ト: : : : : : 八
          厶イ゙ : : : :│ . : : | : i : : : : :|/         |/\|   リ: : :/|/
               | : : |: :八| : : ∧: ! : : : : : |            、 厶イ
               | : : l : : : \/{ V\ : : :八           /  |
              ∨八: : : : : |人 ー {\{\|
              |/\: : : : :\___,        、____    /          ようやくっつったかお前。
                    \: : : : : :小、             `   /             こっちの当初計画に比べたらかなり早いんだぞ。
                      |人: 八 | 丶、
                         |八|\   ≧=-
                   __r─┴─--   ,,,....___ァ=一'′
                  |三三三三三三二ニ=─仆、
                   |三三三三三三三三三二ニ≧=ー┐
                    _r仁 二ニ=ー-- -=ニ二三三三三〉  h
               /三三三三三三三≧x三三三三/  | |
            _..-=ニ三三三三三三三三三三≧x.三7_____/人
         _..-=ニ三三三三三三三三三三三三三三三≧x_\ニ\

4927 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:34:36 ID:GuecEhtv0 [9/12]

         丶ー--ヽ: : : :|ニニ,: : : : : : :ヽ   _,, -
          `丶: : : : : : :!ニニ,: : : : : :_,斗≦ニ/
           / : : : : : 守ニニ〉: : : : マニニニ/_
         イ: : : : : : : : : :寸/: :、: : : : マアニ>_´
        ` <: : : : : : :_: : : : : :/ハ: : : : : マ__: >
           7: : : :{ |: : : : / !_メ}: ,: : : :ハ
          /_: : : : Y!: : : :{ i´ i!レ7: : / !
         ´ ,7: : : :i!W: : :i丶   イ′
           7 : : : ::! {i!: :|   ァ"       当初計画はまあ、いいんだが
            7: : : : /ト ,,_{: :|7 ー.' !         .結構行き当たりばったりで書いてたから
         7: : : :,イ_≦=;Ⅶ!  |: :!        レディウォーリアの撃破とか大分ずれこんでな……
          ./: >"   "".Ⅶ丶i: i!,,,_
      _, --<  ー― 、  ,,Ⅶ''"iリア: :\
   _, <: : : : : : : ≧. . .._    }_, イ: : : : : : >,           「あー、十何話で仕留めさせたいとか言ってたっけ?」
  <"マt、: : : : : : : : : : : : : :ー: : : : : : : : ,ィア :.>
     "ト "マt、 : : : : : : : : : : : : : : : : :_,ィア':,ィ     うむ。ちょっと想定外だ。
     |: : :>:_"マt、: : : : : : : : : : :_,:ィア'::/: !     ここから本気で気合入れる展開だしな
    .}: : : : : : :>:_"マt、 : : : _,ィfア: :/: : : |
    i!: : : : : : : : : : :>:_"マニ>" : イ : : : : : !            「……ん?」
     }: : : : : : : : : : : : : : :>- < : : : : : : : : |
    ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }

4928 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:35:02 ID:GuecEhtv0 [10/12]

    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
--==彡 : : : : : : : : : }: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ー=ァ
   /: : : : : : :/: : :│ :  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : { ̄`ヽ
    |: : : /: : ::/:: : : |: : : |: ::. : : : : : : : : : : : : : : : : :.|
    }: : : ;′: : /::::. : :..:|: .::.  |:. :::..  : : : : : : : : : : : : : : : |
__,.イ: : : |: : : {:::::::. : : |:::::::::...{V: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ
  /j!: : ::|: : : :j{::::::::..: ::..::::::::::::::l-ヽ: 、: : : : : : : : : : : : : : : ;⌒
  }八: : : |: : ::::|ト:::::::::::...::::..::::::::::}:.:.:.\{_,、: : : : : : : :j\: :..:/
     }: :j{: : : :..:::::代}::::::ト::::、::::::::{ゞ{'¨气歹ソ{: : : : : : イ  }ノリ
    |::八: : : :::::::{:.:从リ:.:)ノ\::ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:./!: : :/   イ
     乂 ゚。: : : : :乂      ⌒¨´       リ }/リ__,/ル
       ノ \:ト       〈           /}:{三\
         } 、                  从三三≧ュ
              \                / /三三三三三≧ュ
           イニニ\  ∠二二ヽ   / /ィ 三三三三三三三≧ュ          おい。ひょっとしてまた
       -=ニニニニニマハ。.        / /イ三三三三三三三三三三             俺の胃が痛くなる何か仕込んでないだろうな?
    -=ニニニニニニニニニマム >―‐ ´ /イ三三三三三三三三三三三
-=ニニニニニニニニニニニニニマニ\       {ニγヽ 三三三三三三三三三三
ニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニ}ヽ   /|ニ乂ソ 三三三三三三三三三三
ニニニニニニニニニニニニニニニニ二マ} {  } .|三三三三三三三三三三三三三

4929 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:35:35 ID:GuecEhtv0 [11/12]

                       7ニ| .、      //
                    ___ 'ニニ!/: :\、   /ニ'
                `ヽ: : : :,ニニニ : : : : : :>ニニニ7
                /: : : 〈ニニニ!: : : : : 寸ニニ7ィ/ __
              <_: : : : : : :寸ニ': : : : : : : : 寸7: : ̄:<   __
                /: : : : :<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ニニニニ> "
           /: : : : : : : : :>: ´: : : : : : : : : : : : : : ::/ニ> ´
            ̄`ヽ: :_: : < : : : : :ヘ_ 斗:/: : : : : : :〈´
     _ ―  _ <: : : : : : : //   "=z/: : :/|: : : : '
   _,,,,,,_    >: : : : : : : : : : :/i{     /イ/ 、_j: : ∧:}
>斗  ァ- : : ̄ : : : : : : : : : : : : :/'         , 7W′丶
 _ <: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,        ―  、/       …………。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/_   \      ′
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  >. _ /> _/            「無言になるな!
: :: : : : : : : : : : : : : : : : 斗匕<: : : : : /|                  何をする気だ、吐け! 赤井!!」
: : : : _: : >:7、  ̄: : : : : :\ __  ̄ 7.、
<  _/:> 、:\: : : : : : : : :〕ト _  \∨
_. <: : : /: : : \:\ : : : : : : : : : 〕ト _ 丶.、
:::://///: : : : : :/\:\: : : : : : : : : : : >._|: :\
:///// : : : : : /: : : \:\: : : : : : : : : : : : : : :∥>

                  なんとなく意味深に黙ってみただけの霧であった。

4930 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:36:31 ID:GuecEhtv0 [12/12]
以上になります。お目汚し失礼いたしました。
ジャスティスパワーアップ後のAAはまだ知らなんでとりあえずそのままw

4931 名前:サンダウンの人[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:39:11 ID:NKh7LH6N0
乙でしたー赤井先生!性格悪いですぞww

4932 自分:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:39:56 ID:tora [96/96]
もう半分まで来てしまったよプロットがwwww
乙でしたん!!

4933 名前:ふなっしー[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:40:21 ID:SlUV8iwv0
おつでしたー
まだなんか隠し玉あるってのかこの野郎(胃がキリキリ

4934 名前:パワポケ[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:43:34 ID:nYlvt8oR0 [2/2]
乙でした。
この速さ、クロックアップでもしたのだろうか?

4935 名前:携帯キリト[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:43:48 ID:sTe64ZTs0
乙でしたー!

4936 名前:トリプル・テリー[sage] 投稿日:2020/07/13(月) 00:44:48 ID:m71K/9Z50
乙でした

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する