FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:天を仰ぐ蛇

2020/07/12 22:53:49 | 特撮復興二次 | コメント:0件

106 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 20:40:58 ID:???


    特撮復興だよやる夫くん 二次創作 天を仰ぐ蛇





     最も古い、自覚できる記憶は、怒りと憎しみだった――



          ー==彡    八. │   |、         |│    、
           ′′ .j{ {: :} 、.ト、 │\ト、   ハ  | lノ   ゚:--イ
          |.. |...|..|..八..|: :乂リ: :\{: : : }: :\}: ゚。..∧       { ̄
          |. |...|..|: : :リ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ: |イ│   |
          |.|...|..|..l: :リ: ゞ^~\ : : : : : : : : : : /^^/ : |イ│   |
             人:{i:::ハ: : : : : :ミ_ヾ_≧ /: :| :ヽ ≦',,_/: :  { | リ
           }八从: : : 戈仆刈,冫: : : : :V__斗予rア彡イ::八:i{
           リ: : \: : : ゝ ㌧ ノ 彡: :}_ : : 攵ゞ=ソ/ :j:/リ |
           {: :.:.:.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧:. }
            \:.:.ー゙. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /-:.イ
          /ニ\__)、: : : : : : : : : 〈|: : : : : : : : : :,:(__ニ{ム



107 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 20:43:31 ID:???



    大切だったはずの誰かが、大好きだったであろう誰かが、目の前で血だまりを作っている。

    弱弱しい笑みが僕を励ます。

    そんな場合ではない。それどころではない。今励ましが、助けが必要なのは、僕ではないあなたの筈だ。


                     _-一'''' ̄''''¬--,,,
              ,,+"          ゙\
            /              ゙ヘ
           ノ                ll
          /廴                │
          上!彳                |l
         ├!|d d                !
          ´│/〕                ll
           ||ノ│                l!
           ||l彳   _             〈
           !|||    !         │   │
           !ll!    ||         │   廴,,-ォ
          _,, |||〕    ||         ||    彳/
          ゙l广l|     |}         !     彳
       ,,_,,,,_,上l| ┐  ∥        ∥     ヘL,,,,,,
        ゙゙ゎ二下 l!   ||l        ∥     〈u+'´
          \la万 |!   |!ヽ       │      ヽ
        ,_..-=宀||! 彳   !丨       d       ヘ
       ヽz;-....上! |l!   ∥1       !!    ュ   ヽ
         ニコ小 |│  ├./l       !||   │  ┐ヘ
     _,,r宀亡下∥|!│  ├│!      7!|   |l   ヽ \
    l!´    下∥l !   ||}||{      |爪   ll|   ヽ ゙ヽ
   丿 ヘ    lll〕|!」 !   |│l!|      个|l   lll _   ヽ_ ゙l 、
   l!   ヽ  !リ│ l|   {l!│|      || l!   !llll   ゙l   ヘ_
  │    ! ./l}│ 上   | ├!      l| │  │l|ヘ   弋、  ヘ_
  キ    │./|l|  l||!   │ !│     上!ヘ   !│1 _  ヘヽ  ゙l 、
  l     |!./|リ 丿||   │ l!│      卅彳  │|| ヘ∥ェ ヾい,ヽ,゙ゝ
  !      ld∥ l゛     | │||      lllビ゛   !∥ヘ||!|1 弋:\ヘ_゙l 、
  !     ∫∥〃     ! │{      〈什   ,,_ !│ |什1 ヽ !ヽヌュ彳
  上     l||├l´  ェ  │ ∥|       !!llヽ-{ヘ下ll l| ¦┌; ヽ勺ヘヌ
  !゙゙    │廴l!_  /! /!│ ∥|       |〈ヘヽ|!l|; ヘ ヽ│ヽヽ│l \ ゙も`,
 ||     /├l彳 /│./ll|│ |〕│      1ll│l」彳 ヘ ヽll││{1|i ¦下l三''
 ∥    │├丿丿 l./ !!|!  〕1   ェュ   ! !│l〉`  ヘ 亡|| ヽ! 11 ヽ !゙l上
 ll|     l ノ!什 ! │ 仆  彳|  ./l!l   」 1ヘ│1  ヘ 下l!  l〕│l:ヽヽ│l从
_ノ||    │lll川r丿  , ∫゙’ ,'|゛1  l彳|   |  ! ヘ ¦  ヽ 下  ! |l   !│゙卅
! ||...............斗ニ川-....⊥ノノ........ノム!....../ノ..ノム..../......ムム....ゝ......ゝ レ...........|ニ.... ム斗l!


    けれど、その人は自分の傷より、僕の事ばかりを心配する。

    そして――



108 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 20:50:48 ID:???


    武装した軍人たちの中央で、スーツ姿の誰かが僕らを見下ろし嗤っている。

    嗤うな。お前が僕らを嗤うな。この人を嗤うな。

    何事かを偉そうに、尊大に、滔々と、言って聞かせるように喋っている。

    ああ、ああ、やかましい。知るか。お前の望みなど知るか。お前の思想など知るか。


                i⌒}  ..:: 〈_ _ 、_  {⌒i
                 乂_! 「 rー--一ュ } .|__人
                     O 、{ `二二¨ / .ノO
                      /| \     /|\
                     /:;:|\ `¨¨¨¨´/|:;:;:;\
                _、‐''゛/:;:;: |  \   /  |:;:;:;:;:|:;\
         _,,.、丶´:;:;:;:;:/:;:;:;:; |\  \´ . /|;:;:;:;:;∨:;:;≧s。._
      /:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;: |  \  \   |:;:;:;:;:; ∨:;:;:;:;:;:;:;:≧s。.__
     /:;:;: {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: //:;:;:;:;:;|   \  \.|:;:;:;:;:;\',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}:;ハ
      |:;:;:;: ∨:;:;:;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;:;: |     \ |:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;:;:; :; }:;:;:;:}
      |:;:;:;:;:;:∨:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:; |        \|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,′:;:;}
    ./:;:;:;:;:;:;: ∨:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:; |       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;: /:;:;:;:;:;}
   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∨:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:; |      /:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,′:;:;:;:;}
  ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;∨:;:;:;:;:;: \:;:;:;:;:∧    /:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;/ :; }
__/:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;∧   /:;:;:;:;:;::;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:/:;:;:;:;}



    何が計画だ。何が実験だ。何がヨルムンガンドだ。

    知るか。知るか。知ってたまるか。

    黙れ。お前など知らない。お前など嫌いだ。大嫌いだ。

    落ちている銃を手に取る。けれど、あの人の手が僕に重なる。

    そうだよ、銃は嫌いだ。武器は嫌いだ。けれど――それよりなにより、僕はこいつらが大嫌いだ。



109 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 20:58:07 ID:???

    やつの顔が醜く歪み僕を罵る。

    ああ、なんて不快なんだろう。なんて不愉快なんだろう。

    なんて醜悪で、なんて、なんて――

    やつの周りの兵隊共が銃を構える。

    あの人が僕を庇うように動こうとする。駄目だ。駄目だ。あなたはもう動いちゃ――


  /.|  ::::{.   、二二 -‐'''"::}  ::....``~、、_,:   .}::::  .|、
_/ 八  ::( !          |              ノ ):: /:.:\
:.:.::/:.:.:\ .ハ:.                     /:_.:: /:.:.∨.:\
:.:/:.:.:.:.:.:込,o_i:..       ,/       、:.       ./::!oノ:.:.:.:.:.:.∨:.:.:
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:○:|:::...    ..:/.:!、     ,ノ:ヽ::...   ..::::::::|○:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::   ..::/ ::::≧==≦::::: ‘,::::. .:::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:沁、::.  ,.:::′/≧=--=≦ヽ :‘,:::::::::::::::ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \  ;′! 〈:::::::::::::::::::::::::::〉  ::::::::/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  ≧s。. ! こ二ニ ニ二)   }:/  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  :::::::::≧=‐-     -‐=≦::::::  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


    そこに――閃光と耳をつんざく破裂音が僕らを平等に打ちのめすように割り込んだ。




110 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:03:51 ID:???


    恐らく、必要にして最小限の発砲音が響き渡り、悲鳴と怒号が辺りを埋め尽くす。

    その間、僕はあの人の温もりと――血に包まれて、護られていた。





                                r──┐ / |  r──┐ / |  r──┐ / |
                                ̄| | ̄ /」 |   ̄| | ̄ /」 |   ̄| | ̄ /」 |
                    ,. ----..、         |_|   / l_|    |_|   / l_|    |_|   / l_|
                /  , '´      `ヽ
               ,// / , -‐‐‐‐‐‐‐- 、',
              // / ,´ -_-、___, -- 、 }
                  ( ( ミミミ シ'´  、、,,,_}_ノ __ __ _ __
             ,  二二 ミヽ:く   `゙゙゙゙「 (::::::::::::::(::::::::::(..:.ノ          ヽ从 イ
           ∠   _ _``ヽ::ヽ \.   r'  >=<j::::::T´__ __ ____、 ヾ   ィイ
          ∠ _ __ _ `ヽ \ \「ヽノ}::::(:::::::::::_:__:::::(.:_:(.:‐:._( ( __二二二 (<     ´  ゙゙  、
       ; /´/::/´ /´  ̄ ̄`ヽ \ \ 「゙゙´   T::::::::::::ノ )::::「三三i::::「 ̄   ̄ ィイ    ト、 ""
       / /::/ / , '"´「 ̄ ̄`ヽ \ }   /( )j」ノ /.∠:::ノ_ニニニL:jj      '´'゙ノ ハ
     ;.. ,′,′ / レ'´  {     L::ハ  ノ:::ノ{三},. イ   -{            ' ゙゙ゞ´`
      ,:i :i  ,′  {  「¨¨´  ̄`ヽLj _ノ⌒ヽ{ _ノ ヽ{   ノノ
       {:{ {{ cj    .::',        }    ,. イ `ヽ /´  ̄
     ; リ ..:リ  j  .::::.:',       // ゙゙´ ̄`ヽ  >
       j/ 〃´ ̄ ̄``ヽ::.ヽ     //       } /′
     ; i〃´ く\   `yy'^ヽ  //       ソ
      〃    \\  //  / \jノ     , ′
   ;.. く  ̄`ヽ   \>//   /.:::::::::::リ`¨¨¨゙゙゙´
    ; ト、: :.. . .\   .//  /.::::::::::::ノ


    「Cease Fire! Cease Fire!」と言う声が響き、銃声が収まる。

    こつ、こつ、こつ――と、足音が僕らに近づいて来た。




111 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:08:03 ID:???


    「聞こえていますか、ミスヘクマティアル?」

    そういう声にあの人がゆっくりと振り向く。

    僕の視界も開け、あいつとは別の――まとう空気も、表情も、声の響きかたまでもが違う誰かがそこにいた。


                  /⌒}(゜ `
                  /⌒ / i|  ..丶
                {/./   ハ/,,,/ー...|
               }/ _ / _ ヽ -.!
                 {   泛t   .ィ.符ァリ).}
              /、/.i   !    ./ ノ
                  (  { 丶 -.- ./k
              \ ヽ . ` ‐   |
                ) .) .|   /`=x
                  ( .{/ゝ<  /  .``-
                )ノ!/{(:::)}\/   i!  .冫
                   /   ./^^~i     i! / !
              /  / //....}     .i! / }
             /   . ~^~`~    ../i!   .i
                {.: ̄.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.: ̄.:.:.:.| 、 {
                丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ..,´.!
               ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::/i!  .|
              ≧::::::≡::≡:::::::::::≦i i!   |
               !::::::::::::::::::::::::::::::::::::|...i   .}




                     _-一'''' ̄''''¬--,,,
              ,,+"          ゙\
            /              ゙ヘ
           ノ                ll
          /廴                │
          上!彳                |l
         ├!|d d                !
          ´│/〕                ll
           ||ノ│                l!
           ||l彳   _             〈     はい、聞こえています――
           !|||    !         │   │
           !ll!    ||         │   廴,,-ォ
          _,, |||〕    ||         ||    彳/
          ゙l广l|     |}         !     彳
       ,,_,,,,_,上l| ┐  ∥        ∥     ヘL,,,,,,
        ゙゙ゎ二下 l!   ||l        ∥     〈u+'´
          \la万 |!   |!ヽ       │      ヽ
        ,_..-=宀||! 彳   !丨       d       ヘ
       ヽz;-....上! |l!   ∥1       !!    ュ   ヽ
         ニコ小 |│  ├./l       !||   │  ┐ヘ
     _,,r宀亡下∥|!│  ├│!      7!|   |l   ヽ \
    l!´    下∥l !   ||}||{      |爪   ll|   ヽ ゙ヽ
   丿 ヘ    lll〕|!」 !   |│l!|      个|l   lll _   ヽ_ ゙l 、
   l!   ヽ  !リ│ l|   {l!│|      || l!   !llll   ゙l   ヘ_
  │    ! ./l}│ 上   | ├!      l| │  │l|ヘ   弋、  ヘ_
  キ    │./|l|  l||!   │ !│     上!ヘ   !│1 _  ヘヽ  ゙l 、
  l     |!./|リ 丿||   │ l!│      卅彳  │|| ヘ∥ェ ヾい,ヽ,゙ゝ
  !      ld∥ l゛     | │||      lllビ゛   !∥ヘ||!|1 弋:\ヘ_゙l 、
  !     ∫∥〃     ! │{      〈什   ,,_ !│ |什1 ヽ !ヽヌュ彳
  上     l||├l´  ェ  │ ∥|       !!llヽ-{ヘ下ll l| ¦┌; ヽ勺ヘヌ
  !゙゙    │廴l!_  /! /!│ ∥|       |〈ヘヽ|!l|; ヘ ヽ│ヽヽ│l \ ゙も`,
 ||     /├l彳 /│./ll|│ |〕│      1ll│l」彳 ヘ ヽll││{1|i ¦下l三''
 ∥    │├丿丿 l./ !!|!  〕1   ェュ   ! !│l〉`  ヘ 亡|| ヽ! 11 ヽ !゙l上
 ll|     l ノ!什 ! │ 仆  彳|  ./l!l   」 1ヘ│1  ヘ 下l!  l〕│l:ヽヽ│l从
_ノ||    │lll川r丿  , ∫゙’ ,'|゛1  l彳|   |  ! ヘ ¦  ヽ 下  ! |l   !│゙卅
! ||...............斗ニ川-....⊥ノノ........ノム!....../ノ..ノム..../......ムム....ゝ......ゝ レ...........|ニ.... ム斗l!


    あの人の返答は血まみれだったけど、どうにか聞き取れるものだった。

    それに、目の前の人は満足したようにうなずいた。

    「遅れてすみません。周辺は制圧しました。あなたたちを――ジョナサン君を、迎えに来ました」

    言いなおす意味が、解ってしまう。


112 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:18:00 ID:???

    血の気の失せた顔に笑みを浮かべ、あの人が僕にお別れを言う。

    聞きたくない言葉を、けれど、僕は真摯に受け止める。


            | :       |:::.  | |::|:.  、\:::\::::\ |::    |  |
            | :  |     l |{:::   | |:八::_ |\-‐=寸⌒` |::    |  |
            | l  | :|  :l |ハ::ヽ::斗匕\|,斗泛/│  :::|::    |  |
            | |..:::| 」:⊥::N ∨\|: :ァ≦乂_ン  l  .:::::|::    |  |
            |/∨|八_|;斗=糸    ´       l  .::::::|::    |  |
               Ⅳハ≦乂ンハ         l .::::::: |::    |:: l    ヨナ、ヨナ、笑ってヨナ。
                    | :::::.     ;         l .::::: /|::    |::: l
                    | ::::::::.   〈|         ノ|.::::/|/´|::    |:::: l    私はこの世界が大嫌いだけど、君だけは大好きだった。
                    | :::::::iヘ         -‐ ´ |: //  :|:::  :..  |::::: l
                    | :::::::| |:\    ̄       |//   |::::....::::: |:::::::..:.、    君に新しい世界を見せてあげたかった。
                    | :| :::::| |::::::::::....            |:::::::::::::l八:::::\::\
                    |八::::リ |:::::::::::::i个ト:..    /     :|:::::::::::::|  \:::: \::\  けれど――ごめんね、私はここまでだ。
                     |::::| :|:::::::::::_抖匕「><|\     /|:::::::::::::|   \:::: \::\

    言われたように、笑みを浮かべる。必死に、ぐちゃぐちゃの顔で、笑って見せる。

    「この人たちと一緒に行くと良い。『再建者連合(アズールレーン)』が、君を守ってくれるだろう」

    僕の頬をなでるその手に僕は頷いて見せる。





113 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:29:09 ID:???


    「Maam、周辺掃討を完了。目標黒は逃亡、追跡班が方向を特定中です」

    別の女性が部屋に来て、そう報告する。

    前髪を垂らした女性はそれに頷き何事かを指示していた。

                                 --
                              ´   /_
                            /    rー--<  ______
                            / / ̄ ̄ ̄\__,、 - '"     /
                          / /__      _,、 '"     ーイ⌒
                _  --/⌒V}___l_〈_]0[_  _、 '"         <_
               //  r┘-  ̄}」」r┘ _、 - '"__r――――、__z ⌒
          /| |  圦___/|/_/-rー :. .:玳ッ〕.: .: .l.: .: .: .:∨ヽ ∧〉
          イ   | |  ∨ト、__ _}乂{  \:|   |.: .: 乂_).: .: .:∨∨
      /  |   :|  、  ⌒込__>┘ ∧ 、     __、.: .:\.: .: .: .:\
     /    \ ヽ \      }   r- ___ -ニニニ\.: .:.\.: .: .: .: .: ...
      |      ヽ__\ \___ノ _ノニニニニニニニニ=- _.: :\.: .: .: .: .: \
          ´  ̄ ̄ \___/ __|ニニニニニニニニニニニ|.: .: .: .ー――――ミ、
        \              /  \ニニニニニ=-----=ニ/.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヽl
        `   ____/__/:/ / / ̄  〉    ̄ ヽ.: .: .: .: .: .: .: .: .: \.: .:∨
                      /: : l/ /l ___/       |. \.: .: .: .: .: .: .: .: .ヽ.: ..
                 ′:::/__/: : :|   \         |.: .: :\.: .: .: .:ヽ.: .: .: i.: .:
               从: ::/ イ}/: : : : ::|    〉       .: .: .: .::\.: .: .: l.: .: .::l.: :
                 ∨ l/l : : : : : |    ./        .: .: .: .: .: ヽ .: .: .:.::/.:./
                  /\/: |: : : : : :|   /    ',     ∨.: .: .: .ヽ.: .: .: .://
                    /_/: : : :|: : : : : :|  l     ',     ∨.: .: .: .:|.: .:|/
                l_/|l: : : :|: : : : : :、  :|     ',     ∨.: .: . :|.: /
                     | |l: : :/: : : : : : ::\ l       ',      、.: .::/:/
                丶|l: :/ ̄ l -   _: :\.      ',      \' /
                    |:∧__l________\ O.   ',       \
                        }  j}        丶    ',         \



    それを聞き、あの人が僕またかき抱いた。
                        拳銃
    「さようなら、ヨナ。君が二度とこんなものを持たなくて良くなりますように」

    さようなら。ありがとう。でも、ごめんなさい。

    僕はきっとこれを最後まで手放さない。

    あいつに、あいつらに、弾丸を撃ち込むまで、僕はきっとこれを手放さない。



114 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:31:26 ID:???



      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -





115 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:35:06 ID:???


           ./! _ ィ____
         /        <
        /             ヽ,_
         ´7     ,   / ,  i
       /ィ    /  / イ/,,7
        |      / / i | 庁
        N     ( /j 、jN: : : 〉
         Ⅵ   //': : : : :__/   …………
           Y ,ィ/: : :丶: : :'
         _!"__: : : : iー-
         √ニニニニニニ\_
        /ニニニ>ニ´ニニニニヽ
       /ニー― "ニニニニ> ´ ̄\
.     /ニニニニニニニ>"ニニニニニニ,
     jニニニニニ>"ニニニニニニニニニ,
     i|ニニニ>"ニ/ニニニニニニニニニニニ,
      Y ̄ニニニ/ニニニニニニニニニニニニ,
.      |ニニニニニ'ニニニⅥニニニニニニニニ,
.      |∨ニニ/ニニニニⅥニニニニニニニニ|!
.     |ニ、ニニ'ニニニニニⅥニニニニニニニニ,
      iニニ""ニニニニニニⅥニニニニニニニニ,
      |ニニニニニニニニニニi|ニニニニニニニニ}



                    ___
                   厂|    | ̄ ̄}―┐
                    r―く  | Lノ _|__ / /厂>┐
                 厂 L,>''^~ ̄      ~^''< /{__
                _| /     /        \ \ /^>
              {_|/     /             \ \/ ̄ }
               7/   /              | ∨/(_
             /    /            |      |⌒V^V 〉
.            /|  |          /|      | __人/Λ
             |  ||         / /    /  八__,ノV| |
          | |  || | /|/  /    // /  V /| |
          | |  |人 ,斗ー―- /   /―-/ミ |/ /| |
          | 人  | \|   _,// /   /     l/  / |
          |  \ |  _z==ミ ⌒   x==ミ_   /⌒V|  |
          | |     \               `  刈 〉|  |
          |八     ト\      丶           <ノ //|  |
          | |\  |ヘ               Λ_//| |  |    おはようございます、ジョナサン様
             | \ | 人     t   ,    人__/| | |  |
             |   | \  l          ィi|  |  | | |  |
           ノ   |   || }>  _  <{ |  |  | | |  |
.       ┌く⌒\   /   || |´^''‐---‐''^`|  |  |  |/⌒>'⌒\
        〉 \  \/ / |_/^'''‐--n--‐'''^∨|  | / /     \
.        /      / /   ノ/      [n]     ||  | ̄\       |
.      {       / / /  ̄ ̄    ]   ̄ ̄ 人  \ |       ノ
      Y⌒\ / // /         [r]        \  \     /|
      | |___/ / /                  \  ∨  ( |
      | )  / //                       \ |  ̄ ̄ ̄|
      | { ̄ / /          `\  /           \    |
      |) / /                 ∨             ∨   ノ
      | V /                    |                  ∨_(
      |  | |  / ̄ ̄ ̄~^''~、、    |    _、-''" ̄ ̄ ̄ ̄\| |



    あの後、僕はあの女性たちに連れられ、日本へと来ていた。

    本来ならば男子が国境をまたぐのはほぼ不可能に等しいが、あの時点で僕は存在しない人間だった。

    どこの戸籍にも僕の存在は記録されていなかった。だからこそのウルトラCだった。

    そして、この土地で僕はごく普通の子供として、表向きは過ごすことになった。

    もちろん、僕の今の保護者の経済力に従った生活ではあるが。



119 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:57:51 ID:???




                         ィ ノL//__ノL_
                        / レ,.。*'" ̄    'ー-_、
                _ -' /' l      ,    ゝ
                  ̄7 ∥{  ゝ ,ィ/:|ハ{ 、 ゝ
                _ノ  ||  { /レ≦ユ: : ヽハリ ゝ
                ̄| /ィへ{ lヽ!:筏笏,: : :rニ>ハゝ
                      }  |: 〉:ヾ: : : : ̄: : : :{'戎1^
                    И 、:ヽ: : : : : : : : : : :': : 7}
                     }ヘ`Tヽ: : : : : : : :-: : ://   おはよう、ベルファストさん
                   }ハ: : \ : : : : : : : //
                  /ニニ=- _: : 个s。: : /´    フッドさんはもう出発したんだっけ?
                _」ニニニニニ-_: : : :厂 ||
             /ニニニニ=- _ニ-_: |ニ-||、
             〉´ニ\ \-ニニニ-_ニ:ヾ.∥_ヽ_
               /ニニニ∧  ∨ニ=- _ニ:/ニニ/ニヽ
              ./ニニニニ∧  ∨ニニニニ≧=ヘニ/\
           √ニニニニ∧  ∨ニニニ||ニニ\l.  '∧
              √ニニニニニ「 ̄ |ニニニ只ニニニl  '∧
           √ニニニニニl   .|ニニニニニニニ!- 」-!
              |ニニニニニ|ニl  .|ニニニニニニニl  lニl
             /ニニニ|ニニ.!ニl  .|ニニニニニニニ|   lニl


                       ,。、
               .,。,ィ‐‐ァ, 〈  `7x。、
              r´   、 \イ', ',´  `i-.、_
           メ、ノ ヽ>'´  ̄`ヽ-- 、  ',´ .∧ヽ
.           .,'´  /   ,ィ `', ´  `ヽ-,' 〈<,。、
.           j  ./   /         ゝ-、ヽ  ゝ
.            `/   /      . l  、     〉.j` ┘
          /   /         .j   ', ',   〉、j',´j ',
           /. / /         .j   j .ト, ,ィ‐ノノ./i .!
         ./,' .,'  j       /,'   /', .j ',(ィノイ / ,',.|
         / .{  {  .{   -‐  /ノ   / 、j l .',  ./ /,'.!|
       .{. {  ',  .',__ ./ /   /.  ,''  イ ノ ./,'.j.!',
        `' ヘ  ', .灯弌ミx./,。ゝ'´x斗==ミ、 .彡、 /./ ! ',
        ( __.ヘ   ト '丈ソ´    ´´つy::ノアイ´`.',.イィj  ',
         /´ヽ `' x_=-    ,.     .ヾ-'´ / イ 丿ノ '.,  ∨    はい、奥様は今朝早くから「UNION」へ――
        ./.', ', ヽ', ', j、           /。イi     '.,  ∨
       /    ./| | | ` 、   ‐- '   .イ,' ト、| | .',    '., ∨   今朝放送された「仮面ライダー」に関連して、色々交渉があるとの事で
       /     ,'.|| | | /ィ> 、 _ , 。 彡i:i|.! .| ',.',` '‐‐ 、 .'., ∨
        /    /',.!! ! ,// \: : : :ゝj--‐.{.{ .{ ,.' , ィ´/`ヽ '.,. ∨
     /     ,' ,'.|| .,','i/      ヽ ィ'ノ: :, 。',', .|   `´    .', ヽ ∨
.  ,。.-/      ,'/´ .!.,','´       ィ7 ´   ヽ ' ,  .、,.      }、 ', ∨
  / ./      j.{ `.!./         .' ´ ,       `ヽ,.、(_   ,' .' , .', ∨
  〉_ j     ./j,ヽ、,'/        : :, ,': :       `ヽ、 ミ‐-、ヽ ヽ  .∨
. / 、 j. , ィ/. ,'Y´,'/          : ',': :         : :`ヽヽ`! ヽ ヽ ', .',
..{  ィ'´ ⌒   ノ ノ j,'             :.,': :            : : ',','.,.\\\, .',
 〉´.∧ _ , 。イ / / ヽ          .:イ:: :             ./}.} .',。- 、.\\!



    今の僕の保護者は、あの日僕らを助けに来たフッドと言う女性だった。

    世界再建者連合――アズールレーンと名乗るグループの重鎮なのだそうだ。

116 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:46:20 ID:???


           ._ ≠   ×/! _ ィ_,
         ゝ        ^<
        /  ″          ヽ,_
         ´7     ,   / ,  i
       /ィ           ,,7
        |           ゝ    仮面ライダー……か
        N  ヾ       j
         Ⅵ     //  /
           Y ,,  , 、ソィ
          _!:.ヾソ:.:.:.:.!
          √ニニニニニニ\_
        /<ニニニニ´ニニニニ>ヽ
       /<ニニニニーーーーニニニニ>\
.     /<ニニニニニニニニニニニニニニ>"},
     jニニニニニニニニニニニニニニニニ,>i
     i|ニニニニニニニニニニニニニニニニニ,>|
      Y ̄ニニニニニニニニニニニニニニニ丨
.      |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ,
.      |∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ|!




                >´ /   (  \丶
              /  ̄´ゝ  ` = ´    ノ ヽ
            (    ヽ \ _  l`    ∨
          /`v´       -‐    `丶/、ヽ ヽ> 、
          ', _   > ´  / ヽ   \ \ \ヽ、 `ヽ、
          _ ) /  / /        ヽ ィ   \iil  { :}
         < / / /       ,   l :l ヽ __}iil /´/ ヽ
           / ./  il /    /l    l ! ヽ、><ィ`>´/ ∧
.          /  ,'   |      /./   / 人  _ヽ- )_ ノ´   ハ
            ,'   l        / /   /:/ ヽ‐- `´ ノ    l  ハ
         l |  |.        / /  //   }‐-_,。 / /  l l  :l
         |   |     / / _,ィ≦笏ミx  l /ヽ |/   j l  l
         |    ', .,ィ / ´ ̄ .ァ´v:fj:ノ  /ィl -´) } |   //  !  ',
            ヽ  ヽ 斥弐       ̄  //  x ./  ! / ,イ |
             ',  |\}ヾ ´          /   ィ´  :| ./ l :|   |
           ',  l  l  、           /     !´     |   |     ……お気に召しませんでしたか?
               ', ヽ  、 _          //  / |--‐ / /   :!
               \{  l\       /  |   / l  ̄   ノ     |    ああしたドラマは
                  | ヽ、___      _/  /  ィ-‐‐‐- 、   |
              //   |_ィ´i:i: ̄i:i:i:i/  // ∧       \ :|
              / /   /ィ、>_i:i:ィi:i:i:/ , - 、/ /  \  ィ,‐-- ヽ !
              (  /    /、>/-‐  ̄|/ /   \   ヽ/ {  __/ |
          , -‐) /  / {ilji}´    / /{    __ヽ。_ ノ ∨    」_
          (    / ./ //>ノ    ./ | .ヽ _(    \    ∨ ´/ |
              //  ´ ,ィ    /  l  ` )     ∨   ヽ´  l
       >-= ´ ´ -‐  ´   `  /  /`ヽ.‐/       ∨        |


    見ろとは言われなかった。

    ただ、学校で同級生たちに話題を合わせるために、自分から見てみただけだった。

    フッドさんやベルファストさんが僕にアレを見る事をすすめもしなかった理由はすぐに解った。

    アレは、僕にとっては劇薬だからだ。

    ライダー。仮面ライダー。僕に彼のような力が、あの時あったなら。

    もちろん、そんな事はただの夢物語だ。

    解っている。


117 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:54:02 ID:???


    /                ー<
   /                         \
  ./          ヽ    ヽ  、   ヽ 、\
 │            ||  ヽ リ |、l\ 、  ! 「 ̄      /| ̄ 、
  j           ∥ |  ハ  l: |: : ヽlヽ l、乂       |ニ>=ニニニニ=-、
/ィ    |     / /:l ./: : ハ/: : :;ィ;_:_: :ソ:N         /'"ニ/=-──-=∧
  ',  |  !    {:、 |: j/: : : :/: : //,z-r、ァ:}      /./ニ.///_ ̄>、\ヘ
  ノ  、 {  、  {: ヾ: :,zーァ: : : ´ ィィ_ソノ:,:l'   / /ニ/ニ/ /':::::::::::::::::ヽ_ヽヾ      あの時はダメだった。
  ノィ {、 \ {\{: : :-‐_二_: : : : : :`'' : :∥|  / /ニ∨|ニl !〕::::::::::::::::::::| ┤|',
    ヾ`{トヽ 、', : _ノr丈ソ`: : : : : : : : : :/ニマ /ニニニ∨、∧ '、::::::::::::::::::/-//∧     今でもまだダメだ。
     八: 〈:ゞ`: : ̄`''''": : : : : : : 、: : :」//-〈ニニニニ.∨ヾ\\ー-r_彡 /ニ∧
       `ー 、-\: : : : : : : : : : : : : :_: |_/二、〉ニニニニ.∨∧-≧二 -≦ニニニ∧   明日も。明後日も。
        _}::丈> : : : : : : : : : '´: : |ニニニ」ニニニニ.∨∧ニニニニニニニニ|
     、丶`::> 、:::::::::>  : : : : : : : ∧ニニニニニニニニ.〉::∧ニニニニニニニ∧   けれど何時か――その日は必ず来る。
     /::::::::::::|   \::::::::::::::::≧=-<::: 〉ニニニニニニニ/::::::::::\ニニニ/ ̄ - ∧
    l:::::::::::::::|   `~、- ::::::::::::::::::::::∨ ∨ニニニニニ/:::::::_ -=ニ\ニ      ヾヘ
    |:::::::::::::::ヽ -‐   ̄ ー-ヽ二_ ─〈  ∨ニニニニ_/-=ニ∨//∧ニヾ{       }ニl
    ∨::::::::::::::/              ~、 .。*∨ -=ニニニニ∨//∧ニニ乂    /-/
     .∨:::::::::∧                  Y´<\ニニニニニニ∨//∧ニニ≧≦ニ./


    だから、僕は自分を鍛え続ける。

    仮面ライダーたちの戦いの様子を、友達と語らい楽しむふりをしながら。

    天を仰ぎ、世界を枯らせる毒の牙を磨き続ける。


    ねえ、ねえ、仮面ライダー。僕は君には憧れる事は出来ない。

    けれど、僕の同級生たちが、もしつらく、悲しい場面に直面したその時――彼らの背中を押してあげてくれないか。

    バイクのエンジン音で彼らの勇気を奮い立たせてあげてくれないか。

    僕はあなたから受け取れるものはないから、その代わり、僕の友達たちに、あなたの勇気を分けてあげてくれないか。

    それが、僕のささやかな願いです。


                                                                  おしまい


118 名前:狩人 ★[] 投稿日:2020/07/12(日) 21:54:42 ID:???
以上、投下終了。仮面ライダーが必要な時に、仮面ライダーになれなかった子供たち。

120 名前:ミカ頭巾 ◆mg.gia4Pks [sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:07:40 ID:rqtVYO8o0
乙でした。

121 名前:テリー・ボガード[sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:11:36 ID:Mz+AHRbl0
乙でした

122 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:11:46 ID:pork [2/2]
乙であります!

123 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:13:56 ID:xsWzur/80
乙でしたー

124 名前:キリトの人[sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:14:25 ID:Gu829Kva0
乙でしたー!

125 自分:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[sage] 投稿日:2020/07/12(日) 22:29:22 ID:tora [5/5]
乙でしたん!!
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する