FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

特撮復興二次:1~12話プロット

2020/06/28 09:23:16 | 特撮復興二次 | コメント:1件

2461 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:43:49 ID:lJ4vb3JG0 [1/16]
今から14レス失礼して 特撮復興だよやる夫くん の二次創作?を投下させていただきます

2462 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:44:20 ID:lJ4vb3JG0 [2/16]

             ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i'丁`''<ミ、      〉-、   '/:::::::/__/:::::
            ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i.{l    '/    /::/^\  '/:::/7〈,ヘ:::::::::
               ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i.〉     '/  //^ヽ ∧  }/_/∨ノ:::::::::
           ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i.|    //>'´    {   Ⅵ√\〉::::::::::::
             ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i.|   ,ィ'∨       '/  ∨ / {/ 〉::::
         ∧゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i'∧゙i∧゙.|  ////        \ 广¨¨¨¨¨7::::::
          i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i'ッ/´゙iV. :|゙.<////    。o≦\  /⌒\  /{::::::::
          l゙i゙i゙i゙i゙i゙i ゙i゙i゙i゙i'ッ、ミ≦_ \.'. : . ///  ,。o≦__:::::::::/(∨乂_ノ Y j::::::::
            ゙i゙i゙i゙i゙i、≦゙iッ/ (,ツ::.、f r\: :..,Y  ///__ノう// ∨    ∧/:::::::::
           ゙i゙i v ハ「,゙iッ . : .`゛ ̄ ´ 、 Y.ハ'::::::(`て_つ'" /  }::::.    | {::::::::::::::
              ゙i八(,::l 《  . : . : . : . : .`  |:.∨ヽ:::::,。o≦ /  / ,:::: ::.   | '/:::::::::::::
              ゙i゙iト (,∥  . : : :  . : .   |::.|::i::::∨  /   / .::::::::::   \ 〉::::::::::::::
                ゙i゙i'≧∥ : : :       !|:.|:::、::/  ,     /  /:::::::::     /:::::::::::::::::
               ゙i゙i゙i゙i∥ : :.      ッ. |;;;У  /    ./  /:::::::::   /:::::::::::::::::::::::
                  ゙i゙i゙i ∧ :    ,. . : ; : : . レ'   /    /  /:::::::::  /:::::::::::::::::::::::::::::::
               /.:゙i゙i'! . ゙i   , :.: ッ二  |;;:::: /    / ,.::::::::::  / ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::
         _ ≦ヘ.::::::::.゙i!| : .\ : : .:   _  |;;:::::::    .: /:::::::::::/:::::::.......  `ヽ、::::::::::::::::::
    _ ≦.:::::::::.∨ .:::::::::::.∥  : : .\'.: .   . ....|;;。::::::   /〉_,.。o≦i:i:i:i:i:i:i:i::::::::::::...  \::::::::::::::::
_...≦.::::::::::::::::::::::.∨ .:::::::::::::::.∥   : : : .\'. :.: .:.;.|;;;;;:::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:::::::::.  \-ミ::::::::::::

   ―― 一話 ――
   会社員の義姉、狂三と専業主夫として平凡に暮らす宮本明。
   いずれ彼女との関係は変化するのだろうが、この平凡な幸せは続いていくのだと思っていた。
   だがそれは打ち砕かれた。突如二人の家をMARNなる組織の刺客が襲う。
   間一髪明を助けたのはドレスに身を包み剣呑な笑みを浮かべた狂三だった。
   明を逃がすように立ち回りながら、彼女は明の知らない過去について語る。

   MARNの一員であったこと。明が女に奉仕する道具として扱われていたこと。それに思うところがあって明をつれ脱走したこと。

   そして全てを語ったところで、狂三は怪人の攻撃に倒れる。
   腕の中で息を引き取った最愛の義姉の姿に湧き上がる怒りがかつて施された改造の安全装置を解除し、
   明は狂三に託されたデバイスを使って変身する。

   その名は仮面ライダーネメシス。

   圧倒的な力で怪人を屠ると、彼は狂三に別れの口づけして復讐のために立ち上がるのだった。

2463 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:44:47 ID:lJ4vb3JG0 [3/16]

              、   _. - ―. . ._
               >: : : : :⌒:〕iト: \
              /: : :/: : : : : :i: : : : : : ヽ
             ': : : A: : : イ: /}:、: : : : : ::,
            /i: : : ',,_マ( ィュ 、 }: /: : : : i
              Ⅵ∧ヒ!  vリ ' イ: /、: :,ハ
              丶j ' ― 、 イ: | ノ: :マ:',_
      ,,           八 乂 ソ /|: :!__: 乂_Y:⌒ヽー、
      i i∨      _(/:}:丶_  イ ,: i:|_ /ヽア\:<⌒丶, __
     ,,∧' |    _ v/: : /|/〈::/',/ // :|" >"_,,,,,,_ `ヽ乂ヽ:}!こ   、`ヽ
    ∧マ ', γ:7: : :/'7 ∧ }! i|//7 :|/ T /   <: :): : :/, :_: : 〕iト \j!
     .八  v,、ア"/ ィ: // √~∥ , / >:| ,    Y: }:/::::::\`ヽ:', 丶
      了" }!∧ i{: / イ'丶 √ i:、 |  /_>', i|   ー: :ノ、{  \::::', リi
     γ7_j/  ∨: {/ i Ⅵ  |、: :ー ァ、::', 、  ⌒"  ー、  Y:} '
        \    ',: :ゝ |  }!   、 Ⅶ   、:', \ト _     "\j/
          \     ー丶/  |! \、  Ⅶ    \、 |ー_\     \
          \   / | ∧    {!、     〕iト≦" 丶     ̄ ̄∧
            ー"  ,' /  、     \       〕iト、 "<  i / /ト
               //   }ト        Yf        \  "< '_〈   ヽ

   ―― 二話 ――
   薄暗い会議室。顔の映らない女性複数(MARN幹部)の会話。

   明の所在判明と送り込んだ刺客が敗北したことの報告。「即座に次を」との指示が出されて場面転換。

   MARNとの敵対を決めた明だがさすがにそれの心当たりなど無いので
   ひとまず腹ごしらえとコンビニへ向かって狂三の友人、高坂海美と遭遇する。
   軽く言葉を交わして別れ際、不思議な予感を感じた海美は角を曲がって消えていく明の背中を海美はぼんやり見送るのだった。

   狂三の持ち物に手がかりは無いかと当てを付ける明。データ媒体をあらかた自分の鞄に放り込み、
   パソコン内のデータもバックアップして持ち出そうとする。バックアップ完了までしばしの時間。

   CM明け。MARN第二の刺客襲来。データのコピーが終わるまでこの場を離れることは出来ない明、それに気付きデータを破壊しようとする怪人。
   なんとか怪人を撃破するも家には火の手が回っていて、やっとコピーの終わったデータを無造作に鞄に突っ込んで明は家を離れる。
   そして、炎上する宮本家の消火作業を遠巻きに見る人々の中には心配そうな海美の姿があった。

2464 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:45:13 ID:lJ4vb3JG0 [4/16]

                                .......-‐━━‐-.......
                              ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                           /.:::::::::::::|::::::::::::::::|i:::::::::::::::::::::::::::::::::',
                           , ゙ /:::::::::::::::|::|::::::::::: |i::::|::::::::::::::::::::::::::::::',
                       /  ∥:::::: |:::: |::|::::::::::: |i::::|:::::|i::::::::::::|::::::::::::',
                         /   |i::::::: i|:::: |八:::::: 斗七冖|i::::::::::::|::::::::::::: ',
                         ,′  |i::|:::::i|⌒「 `、 :::::|i::::|:::::|i::::::::::::|Yi:::::::::::::',
                     ′   |i::|:::::iドrf冰  \:|i::::|:::::|i::::::::::::|ノj::::::::::: ハ
                          |i::|:::::i|:. Vツ   |i:::从::|i:::::::::::√::::/::::/  !
                    丶    |i::|:::::i|ハ'''''  `      |/:::::: /::::::/::::/   ;
                      \  |i::|:::::i|从 ___ 丶   '  厶イ:/:::/::/  ,′
                          |i::|从:/Y´  \    イ:|:::ノ/∠./   /′
                       八{:从| j/⌒  }ぅT〔__只 ⌒7ニ\/::::/
                              \::| {/   〈__ノ / { \/ニニニニ':;/
                             )八| У  ノ  \人___ノニニニニニ',
                         \八    /   _,./::::|:::{ニニニニニニ;
                        /::::::: /i   Λ__ ,/ニ/ ::: |:::{ニニニニニニ,′
                        /::::::::::::/. |   |(の){ニ{:::::::八:∨ニニニニ/
                        / :::::::::::: //|   |辷ツニ人:::\:::\ニニニ/
                  ___/:::::::::::::::://二|   /|ニニ}ニニ\::::\:::\ニ{
             /:::::::::::::/:::::: /:::/ニニ{ニ/| 〈ニ.|ニ人ニニニ\::::\:::\
.          /:::::::::::::/:::::: / ̄ ⌒ニニ人「 |  「ニ∨ニニ\ニニニ\::::\:::\
.          /:::::::::::::/::::::_/      )ニニニノ| ノニニ}ニニニ/ニニニニ\::::\:::\
       /:::::::::::::/ ̄ ̄        /ニニニ{  |./ニニニニニニΛニニニニニニ\::::\:: \
.    /::::::::::::://            /ニニニ-{  /ニニニニニニ/ニ\________ノ \:::::::::::::
    ..::::::::::::::::: /::/             {ニニニニ乂/ニニニニニニ/ニニニニニニ/    ∨::::::::

   ―― 三話 ――
   愛する義姉と、彼女と共に暮らした家を失った明だが復讐を誓ったとはいえ彼自身はMARNのことをなにも知らない。

   ひとまず寝床を確保して狂三がパソコンで付けていた日記に目を通す明。
   明の日常の様子だとかそれに対する狂三のリアクションが細かく書かれたそれを読んでいると否応なしに思い出が思い起こされる。
   が、それに浸るわけにはいかない。読み進めると、いくつかの名前が頻繁に出ることに気づく。
   自分でも、友人の海美でもなく、職場関係でもなく頻繁に出る名前。

   “木山先生”

   これだけで確定とは行かないが当たってみる価値はあるだろう。
   日記を遡って見つけた住所へバイクを走らせる明にMARNの刺客が襲いかかる。

   男性と思しきその怪人はバイクを駆り、仮面ライダーネメシスに変身した明と熾烈なデッドヒートを繰り広げる。

2465 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:45:36 ID:lJ4vb3JG0 [5/16]

     /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.:.:i:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:
.    /:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.._:.斗┼:.∧:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.
    i:.:.:.:.:.|i:.:.:.:._:i:.:.:.:.:.´:.:.:./_二/__∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.i:.
    |:.:.:.:.:.|i:.:.:.:.| ヽ:.:.:.:.:.:彡´廴c彡i:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:
    ∨:.:.:.:!:.:.:.:メハユヽ:.:./  ̄""´ i:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:∧:.:.:.i:.:.:./:.:.:.:.:.:.i:.
    ∨:.:.:.i:.:.:.:.:.t'7 ヽ'         i:.:.:.:.:.:i:.:.:./ \:.i:.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:
      \:.:.i:.:.:.:.ノ           |:.:.:.:./i:.:./i`´/`/:.:.:.:.:.:.:.:/::
        ヽiヽ:.:.ヽ、            !:.:.:/ j:.//|`´ ::::/:.:.:.:.:.:.:.:/::::
         \i 、   _     i/  i'/ ,::::::::::/:.:.:.:.:.イ:.:{::::::
            ヘ`´ ̄         //::::::::/:.:.:.:.:/::i:.:.i::::::
              ヽ`         イ /:::::::::::/:.:.:.:.:.:i::::i.:.:∨::
              ヘ    -‐コ -‐´:::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.i:::::i:.:.:.ヽ
                ̄.<:.:.:.::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::∧:.::.:.
              /:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i::::::::ヽ.:.
                  /:.:.:. >-‐    ̄ ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:::::::::`
             i:./         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:::::::::
              /-‐ ‐-、       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::
            /       \    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::
          /          ヽ   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
           /             ヽ   !:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

   ―― 四話 ――
   車の通りの無い夜の道路を二台のバイクが疾走する。
   方や仮面ライダーネメシス。方やMARN実働部隊に所属する怪人。

   明は思う。万が一を考えればこいつを“木山先生”のもとへ連れて行くわけにはいかない。
   しかし、振り切るのは難しそうだ。ならば倒すしかない。

   バイクを併走させながら拳を、蹴りを繰り出し合う二人。
   だんだんと目的地に近づきつつある。このままではまずいと判断した明は一つの賭けに出た。
   急減速。距離が開いた怪人はUターンして向かってくる。
   それをめがけて仮面ライダーネメシスは跳ぶ。必殺のライダーキックを見舞うのだ。


   “木山先生”とは会うことが出来た。
   確かに彼女もかつてMARNの一員であり、狂三とは組織を抜けてからも仲良くしていたのだという。
   明が狂三の訃報を伝えると「そうか」と寂しげに笑った。


   いくつかMARNの情報を受け取って明が立ち去った後、木山邸に人影が訪れる。
   それは先ほど明に敗れた怪人だった。力尽きるように人間の姿に変じた怪人に木山は笑って話しかける。
   「君か。久しぶりだな、土方君」

2466 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:46:04 ID:lJ4vb3JG0 [6/16]

                                __
                             ...:´:::::::::::::`丶_
                             /:::::/::/:/:::::::::::`:::.、
                               |:::/:/:::::/:/:/::::l:l:::l:::l:::::.
                          八:|::l::┌|::l厶ィ1l:::リリ::リ:i
                           ノヘ:l::∧|/ 茫从//:://
                         ┌vL[二ニ=-从{      〈厶イ
                   //   /-=ニニ二く\ _,.ニ '´
                   / / / /      _ノ⌒Z_
                  /|  / / /   |   ´ ̄ ̄`V
                 / ! j{/ /   l |        ‘,
                 / l  |j{  /    l| | 、   / ̄ ̄`、
              /   i|   j{  /     | | \/     ‘,
               〈   l i|  j{  j{      | |i  \        ‘,
               ∨ i| i| j{  j{'     | |il  \ ``~、、   ‘,
              ‘r〈 i| 八` ┼―‐   | |i|    \   ``ニ=-`ニIニIニIニIニI]
             ∨ i| く⌒フニ==-  | |j'     \      ``ニ=L ̄ ̄
                _∨_i|,.、/ ̄^7 、___∨   \   ``~、,.'´: : : : \
          _,、丶`⌒ _,、「~7=‐┴┴―┬‘,  \ \。+・'‘: : : : : : :_; -- \
      _,、丶`⌒ _,、丶`⌒V: /:/|:\ : : : : ∧=‘,   \ ]ニ==‐ァ‐ァニ二>、ノノ_>、
,、丶`⌒ _,、丶`⌒       j{:/:/|:|:l : :\: : : :∧ノ‘,   /└―/:/    └r‐ '^\
 ,、丶`⌒           j{' : : |:|:l: : : : :\: : ∧ `、 /: : : ::/<.       {\  o\_
                《: : : :l: :|: : : : : : :\: : \ \{: : : :/: : :`丶、.    \\__ノ r'
                  |: : : :l: :|: :| : : : : : : \: : \ \:.∧: \: : : `丶、   | ∩l l |
                  |: : : :l: :|: :|l: : : : : : : : :\: : \:/ ∧: : :\:\: : :\  人l JJノ
                  |: : : :l: :|: :|li: : : : : : : : : : \: : \/∧: : : :\:\: : :\

   ―― 五話 ――
   木山から受け取った情報をたどってMARNを追う明。
   町中の雑居ビルを隠れ蓑に潜んでいたMARN怪人を激闘の末に倒したのだが、
   そこには姉の友人高坂海美の姿があった。

   「その女性を手にかけるつもりですか? MARNの走狗」

   海美の前で変身を解除するべきかと迷っている間に一人の男が割って入る。
   生身の人間のまま変身後の仮面ライダーネメシスにも匹敵する高速の剣技を繰り出す男の強さと、背後に庇う海美の存在。
   そして怪人ではない人間との戦いであるが故にいまいち手を出しあぐねてネメシスは苦戦を強いられる。

   「MARNが何をたくらんでいるのかは知りませんが、その女性は渡しませんよ」

   そして何よりこれだ。この男はMARNと敵対している。ならばネメシスの復讐対象ではないのだ。
   そうこうしているうちに一瞬の隙を付かれ、吹き飛ばされたネメシスは変身を解除する。

   「明君!?」
   「こっちです。急いで!」

   ダメージが大きく二人を見送るしか出来ない明。
   一方、海美は剣士に手を引かれて彼の隠れ家に逃げ込む。

   「あなたは、一体……」

2467 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:46:43 ID:lJ4vb3JG0 [7/16]

                 _(__. : ‐: :ニヽ.‐- 、j;;;;iヽ
               ,. :': : : : : :/: : : : : : :ヽ:゙ヾ、 〉
               /: : :/: : :/: : : : : : : : : : ゙: : ヾ´:、
              /: :/:/: : : :/: /: i: : : : : : : : : ヽ: :ト:ヽ
           _// i/: : /: :/|:/: : i: : : : ::l: : : : : }ヾ:`:、:丶
          / /: : :i: : :/: / i: i!: : l: : : : : l: : : : i::|、: ー: : ゙
        {  /: :,: : i: l: l/ ̄|:「|: : l: : :,: :/|:i!:l: : i!|:ヽ: :ヽ: :|
        ヽ、l: /: : : : i:| ,;_、l 、::i! : :i:/ ̄リ゙l: :l:/\: : :〃⌒ヽ
         /i:i: : :l: : i,ィf'んハヾ ∨ト: :i ,__、__|:/ 「ヽ}ト:{       }
        /:l:ハ: :i!:i: |゙" _) リ     ヽl んヾ'ミ、   }: 人     ノ
         /: :リ: l: ト:iト:l ゞ‐'         _) り ,ム; ,j:_:': : jヽt‐イ
      /: :/: : ヽl:∧l::::::::   '    ゞ‐"    /ヘ }/i:〈:〉:i:}
     /;イ: : i: : :i: :ィ八    _      :::::::::  , ソ /: : :i:〈:〉: i!
     // }: : :i: : :i:∧l込    弋;;;;;;;-,     ,..彡イ: : /: :〈〉:∧
    ∥/{: : : 、: :Y ゙:、 \     ̄    /"  {:i: /: /:〈:〉: iハ
    l:l l::ト: : : ヽ: ゙、 i:ヽ.  \    _   イ/     Y: /: :〈〉: i l::l
    ヽヾl\: : : : ヾ、ノ: }ィ三j   ̄    ∥    //: : : :i〈): i! l::l
      ーニ: : : : : : : :ニヾuト- ,__   _j!三、 /´: : : : :ノ: 〈〉/ |: l
      ヾ、_ノト: :、: : ヾヽ:\三三fハ彡iニ/: : : :_:-:‐': : ::〈〉' ノ:/
       r辷ニj:/ニ、: : :}=|}: ) ゙゙゙̄ゞ‐'  У': : ´: : : : : :-'〈:〉ノ"
    , -'" `\外、三i: :/=| ソ-、    _/;ヘ: : : : : fニ、 ̄〈〉´
   /      ヾ辷ー‐' 三|        ' i:{ ヾ: : : : {ニi!__゙;H
  ./       ヾ三 三三|        `  i込: : : : : :7}:リヽ
           ヾニ三三|           i!三ー‐ニ" '  i!

   ―― 六話 ――
   「あなたは、いったい……」
   「瀬多宗次郎。……しがない剣鬼ですよ」

   剣鬼、宗次郎は自嘲気味に笑う。
   だが突然巻き込まれた海美には解らないことばかり。
   続けざまに浴びせられる質問に丁寧に答えながら、宗次郎は最愛の妻を思い出していた。

   「MARNはね。僕の妻の仇なんです」

   宗次郎は語る。
   妻との出会いから、惹かれ始めて愛し合うようになる道程を。
   そして、その最愛の妻を失うことになったMARNの暗躍を。

   「じゃあ、ひょっとして明君も!」
   「あきらくん?」
   「さっき宗次郎さんと戦った彼。行方不明の友達の弟なの!」

   宗次郎の瞳に怒りが揺らめく。

   「探しましょうか。戻れるのか、斬るしかないのかはわかりませんが」

2468 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:47:12 ID:lJ4vb3JG0 [8/16]

                  ___
               _、+''"~: : : : :`ミx = ミ
              ,. '": : : : : : : : : :ミζ: : : :.\
             /: : : : /: : : :.,. '"~: : : : : :、: : ヽ
            ,:': : : : :.,:': : : : :, ': : : : : : v:v: : \: ム
         /: : : : : /: : : : :/: : : : : : : :ハ: V: : ム: ハ
          /: ,': : : :/: : : :,':f: : : : : : : :l: : !: :\: : :.ム: :l
       ./: :,: : : :.l: : : :.f:v!: : : : : : : jV: }: : !: : : :ハ: l
       .∥: !: : : :.!: : :/|:f l: : : : : :/l:l,,」_ハ: !: : : : :!: !
        i! l: l: : : :.!:,>'"「 V: : : :/ .リ .j/``vl、:.l: : :l: ル
       i! VN: : : Vzf笊斥ヽ: : { "z斧示ミL:/: l:.j:/
        入!V: : ヘ` 乂リヽ\! "辷シ '"l:/: :リメ: ヽ
        .{: :ソ: \: :\ .:.:.:.       .:.:.:.:. メ1:.メf:.V: :.\
        V: :ノ: |: :|ヘ       !:     /:|: :!:.乂:v:メ
      r≦: :「.|: : |: :|: ゝ   ー-‐   , イ: :|: :!: :/: :`:y
      {: /: リ j: : :!: :|: :_,.>s。f''ニヽ,ィ〔~`ーj: :|'''''ゝ--.く
      メ.r '"./_,,,z|: :|.~,斗 チ 」斗-ミ、! ~.ァ!: j.;.;.;.;.;.;.;.;.;.\
    ./: :.x-'"~.;.;.,. !: :!;ゝ、 /{ニニニヽ, Yイ.;.l: :l.;.;.;.;.__.;.;.;\
   八r‐ネ、.;.;./ .!: :!;;;;;;;`/.;.;`<'"y.}ゞ,.斗!: :! ̄.;.;||.;.;.;.;``ヽ.;\
     气7f.x`(   .!: :!ミ__メ.;.;.;.;.;.;.;.;~.U".;.;.;.j: :j.;.;.;.;.;.l.!.;.;.;.;.;.;.;.;.ヘ.;.;Y
    _、+'”//.;ヘ.;V  l: :.l/ ゝ.;.;.;.;.;.;.;f./.;.;.;.;.;.;,': :ル.;.;.;.;.ハV.;.;.;.;.;.;.;.;.ヘ.ノ

   ―― 七話 ――
   仮面ライダーネメシスと剣鬼・瀬多宗次郎。
   MARNが追う二人の敵対者が同じ街にいてそれぞれに追手が放たれているのだから
   いずれかとその追手がかち合う可能性は当然上がるのだ。
   今回はそれが仮面ライダーネメシスの側であった。

   宗次郎との戦いのダメージが残る体でそれでも追手を撃退し、
   人気のない場所で壁にもたれて座り込む明を発見したのは海美であった。

   「明君? 私がわかる?」
   「海美さん?」

   別れたあの日と変わらない明にほっと胸をなでおろす海美。
   かくして、二人はお互いのことを話し合う。狂三の死とあの日の話を聞いた海美が息を呑む。

   「あの人も同じなの」

   海美の口から宗次郎の事情を知り、明は複雑な表情で天を仰ぐのだった。

2469 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:47:40 ID:lJ4vb3JG0 [9/16]

       /: }: : : : : |: : : : : : : : : : :/ : : : /     |: : : : : : : : :/: :',: ',
       ,': :/.: : : : :.|: : : : : : : : : :/: : :/       | : : : : : : : /|: : :|: |
      ,': /: : : >‐l: : : : : : : : : {: /-─- 、    l : : : : : : :/ .|: : :|: |
      |:/: : : / ‐'7: : : : : : : : : :{/        \  l.: : : : : :./  |: : :|: |
      |: : : : :{ f´}: : : : : : : : : /  7⌒ア心-、ヽY: : : : : :./  | : : |: |
      }: : : :从 ' l: : : : : : : : :.l  {  んu(_ハ /: : : : : :/   ノ: : ハ:.|
      / : : : : : ゝソ: : : : : : : : : |     乂ソ  //: : : :/ィ≦^7: : :| |:|
    //: ノ: : : : | : /.: : : : : : :.|      ¨¨  /7: : :/ん(ノ〉 ノ: : : | |:|
   厶ィ: : : : : : : : : :/ |: : : : : : : |        //: / 、し' / ': : : : :| ,ソ
    ノ: : : : : : : : /:,' .|: : : : : : : |       //   〉¨  ': : : : : :|
    /: : : : : : : :./:,'  |: : : : : : : |           ´  /: : : : : : :|
  ./: : : : : : : : /:从   |: : : : : : : |       _        /: : : : : : : |
 /: : : : : : : : /^\ \.|: : : : : : : |         `   / : | : : : : : :
 : : : : : : : /ニニニ>-|: : : : : : : | 丶         ィi〔|: : : ハ: : : : : |
 : : : : :./ニニニニ7 |: : : : : : : |_/ > __ ィi〔: : : :|: : : | | : : : : |
 : : :./ニニニニニ八(l|: : : : : : : |===‐ ) /: : : : : : :|: : : | | : : : : |

   ―― 八話 ――
   薄暗い会議室。顔の映らない女たち(MARN幹部)を叱責する声がある。
   本部から送り込まれた上級幹部“レディウォーリア”である。
   「さあて、君たちの実力を見せてもらおうかな」
   レディウォーリア付きとして派遣されてきた強化型怪人が一人、追手として放たれた。


   「ああ、くそ。先にこっちとかち合うのか」
   悪態をつく宗次郎。海美との合流も彼女の探す“明君”の発見もまだのうちに別の追手と遭遇するとは。
   しかし、この追手はいつもとは違った。
   普段相手にしている一般怪人なら倒せているだろう攻撃で倒せない。避けられているだろう攻撃が捌き切れない。

   「強化型か!」

   じわじわと追い込まれる宗次郎。絶体絶命の状況に割って入る仮面ライダーネメシス。

   「君か!」
   「話は後だ!」

   強力して強化型怪人を撃破する二人。
   戦いが終わると駆け寄って来た海美が二人に笑いかけて、宗次郎と明は顔を見合わせて嘆息するのだった。

2470 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:48:08 ID:lJ4vb3JG0 [10/16]

                                _,.. ┬- _
                           _,、-=二 ̄   _「|三二ニi!
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
                          |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l
 ̄”¨“  …┬‐=¬''“¨”| ̄”¨ '' ¬ー- ..,,_  |_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l___
 ̄` ¬…─--=ニ二_|_ ̄| ̄   ─- _ |  |_,,. -‐…¬''二¨「|二二└─n─┘
: : : : : : : :|…─--  _ ̄  -    _   ̄`i..|_,,. -‐…¬''二¨「|二二ニ|l | |
: : : : : : : :| ̄ ¨¨'' ¬─┘   __ ̄ ̄¨''┤|_,,. -爻爻爻二¨[|二二ニ|l | |    癶      /\
: :_:_:_:_:_:_:匚丁゙T¬ー‐┐ ___ || ̄|| ̄i二7.|_,,. -〉;';';';';';)二¨「|二二ニ|l | |_,,,,,∠二\_ -' ──`ー
_:|_|_    ̄”¨“ '' ┘ |:| |||_||     |_|_,,.シ;';';';';';'ン二¨「|二ニァ'⌒ヽ| |__,,.. -──--─==ニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄”””¨¨¨““''''冖¬=|:|_|┴---⊥ ___| し'";';';';';';';'乂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |丁〕iト弍二二二二二二二L
二二二二二二二二二ニニ|:|ニ¬zzzzzz≦√乂;';';';';';';';';';'; )ニニニニニニ:| |ii| |'^|:|'^il丁うぅ┬tttttt|`|i‐┘
\::::::| |::::::⊥| |:::|:::::|::: || ̄|:| ̄||_||_|l ̄冂| ̄|「|``'iii^|⌒´/|| ̄| | ̄\i| | ||l |:|ニi| | | | | | | |i |||
二二丁二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|'´  (   )─┘ ̄└ |i|┴‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ー__| |┴ー┴‐| | | | | | ̄ ̄||| ̄
--     _          ̄ ̄ ̄ ̄        _|i|__「_ ̄丁¨¨丁 ̄_,| |     └   ̄ ̄ ̄└'′
    _ - ¨  _ - ¨   _ -  __/   i    -_ `¨¨´ _   ̄ ̄ ̄ ̄  |_|
_ - ¨  __ - ¨   _ -   _ア_....  |     ‐_    ー _    ─__     ___.......   --
 _. - ¨    _ - ¨   ─ァ'…    |    ─ ‐_    ̄ ー __二二─‐__  --─
--──___─¨…………ァ¬¬冖冖 」「¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ -_ ̄ ̄ ̄ ̄ ‐___  二─_ --─   ̄ ‐
  _- ̄─────_ァ¬¬¬¬¬¬」「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─_     __─_   -─
_‐ ̄      _二ア___ _ _ _ _ _」「_ _    - - - - ─_─    '''   ̄─_ ̄      ─_
~~   ̄ ̄   二√          」「           -_            ─_

   ―― 九話 ――
   戦闘無し日常回。
   宗次郎、強化型怪人との連戦で負ったダメージを癒すべく休む明と
   甲斐甲斐しく世話を焼く海美。
   そんな二人を見て亡き妻を思い出した宗次郎はそっとその場を離れる。

   「そんなにあれこれしなくてもいいよ」
   「私がしたいの」

   かつての平穏のような一日。
   そこにいたはずの狂三のことを思い出しながら明と海美は束の間の休息に身を浸すのだった。


   「もう万全ですか?」
   「ああ。問題無い」
   そして、復讐者たちは再び戦場へ足を向ける。

2471 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:48:35 ID:lJ4vb3JG0 [11/16]

                        '/,       / /  // /
                        '/ハ     / /  ∠/ /      _
                         Vハ  _ / { .//| /    ,。o≦/}
                         ト、∨{::::::::}∨イ//ー'‐、,.ィ´/ /| .j}
                     _  \N/'く^>V // }::::::/:::/ /i:i:リ j}
                   //^\_ `{Yトvイ癶// |/::::/ /i:i:i:i/ /
                  / /::::::://^>ゝ`Yノ'´ 「| /\::/  ,イi:i:i:i:i/ /_
                  / {_xく>'´,.イ^}// ̄|/ノ/ / { /i:i:i:∨/ / | |
                  { / ヽ/::/  /∠二:::::::/ ̄ \ |/i:i:i:i:i:i:ハ /  //
                  ∨ヘ / ̄/ゝ-イ/ /:::::::|\   ∨i:i:i:i:i:i:i:}/   //
                    ∧{\{:_:_:_:_{`¨:_:_:_:_ノ::::::\/^\i:i:/ |  // ̄//〉
                   //くニYi:i:i:|\ゝ--く:::::::::/   /7   }/::::::::::::///
                   〈/   V{i:i:i:{i:i:i:\:::::::\/   / ∧__/:::::::::::::::::/::/
                  / / ∧マi:リi:i:i:i:i:xヘ、::::\/   }i:i:\/ ̄ ̄|/:::/
                 ノ/__/ /ヘ¨i:i:i:i:/ /i:>s。ヽ  j}i:i:/    /ヽ/
                /^Yソ´ // {∨/ ∨i:i:/   ∧  }i:/     / /
               //}::/  / {  ¨/ /i:i:/   / ∧ ハ{     //
               //彡'   /  〉  {  /i:i:∧    / }{::::{   / /
             /  Y/\ /  /|\ーY {i:i:/ ∨    {しへ/_/
             / / |::::::::V /   |i:i:ヘ ∨}i:i{  ∨__   ∨彡' ̄
          // /   .|::::::::::∨   ゞ‐ ヘ ∨∧  {\`ヽ、 .〉
        / /,.イ    {:::::::::::::\__/  ゝ∨^\ l:::::\::::\

   ―― 十話 ――

   「状況を整理しましょう」

   宗次郎の隠れ家にてどこでどんな戦いを経てどんな情報を得たのか情報をを突き合わせる半総集編。
   仮面ライダーネメシスの戦いを振り返ると同時に、
   宗次郎の口から新情報を提示して二人はMARN支部への攻撃計画を立案する。

   「それと最後に一つ」
   「なんだ?」
   「悪いんだけど、長い黒髪の中性的な光剣使いが出てきたら僕は奴を倒すことを最優先する」
   「……奥さんの仇?」
   「はい」

   「レディウォーリア。奴が僕の最優先目標です」

2472 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:49:03 ID:lJ4vb3JG0 [12/16]

──┬ 、:,:,:,:\ト、:;:;:;:;:;:;:;:l.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:;:;:;:;:.; ∧/斗┬───|:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:|  ,,>|─────
  : : |  | ̄ ̄  k:;:「]:,:,l.:.:.:.:.:.:.l:;: 「].;.;.;./    ̄l |      |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|'^゙´  |::::::::::::::___
 . : : :|  |_____ k,Li.;.;l.:.:.:.:.: l.;.;.L!;.;./____l |      |__________,|    |::::::::::::::| ∧
: : : : :.|  |───┬───────┬───l |      |───────‐┬ |    |::::::::::::::| /‐ヘ
──┼ヘl _____,|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |____j ≠───|_______|   | |    |::::::::::::└─‐‐
「A | |  |      |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |       | | 「A |  |             l__ |    |:::::::::::::::::::::::::::
´ ̄ ,|  |'‐──‐,|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  | ───| |   ̄  ├────‐, イ ̄ ̄jr「 ̄ ̄^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.: ̄ ̄|  |: : : : : : :.|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  | : : : : : : | |      l  __ , -=r'゙_      //|     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    |  |: : : : : : :.|_l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |_| : : : : : : | |_,斗-= ' "⌒        '<_イ⌒|     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    |  |´ ̄ ̄/ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \ ̄ ̄`| {{二二 >‐─z─‐─────‐|     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    |/.   / /            \ \.  |__| 「二 廴「__)__/ ̄`ヽ  |     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
── '  /  /                  \  \   \_} v二二_i!二二{i:i:i(⌒)i:i} ~|     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    /  /                  \  \   `ー──── 乂i:i:i:i:iノ─ |     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /   /                    \   \               ̄    |     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      /                     \   \´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

   ―― 十一話 ――
   「駄目です」
   「危ないから、海美さんは残っててほしいんだよ」

   MARN支部強襲作戦、スタート。
   置いてけぼりの海美は不満げだが戦闘能力のない彼女を戦場に放り出すわけにはいかない。
   「絶対に帰って来てね」と瞳を潤ませる海美に頷いて二人は動き出す。

   とある地下駐車場の一角。
   何も無い壁の前で戦闘員が端末を操作すると壁が開き、隠し通路が姿を現す。
   「はい。ご苦労様です」
   そして隙をついて戦闘員を仕留める宗次郎と仮面ライダーネメシス。
   「じゃあ、行くか」

   二人が侵入するとほどなくして迎撃の怪人たちが現れはじめる。
   だがその程度は想定の範囲内だ。支部とは言え敵の懐に飛び込んだのだから。
   激戦を繰り広げながら突き進み、ある扉を開いた先にそれはいた。

   「ようこそ、天剣。待ちくたびれたよ」

   自身を仇と追う剣鬼を見据え、黒髪の美剣士は楽しげに笑った。

2473 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:49:32 ID:lJ4vb3JG0 [13/16]

    \//∧ ヽ  \¨¨  =…-  ≧=-       \
    /ハ//∧  -=⊥二三_  ニ=-   ≧、      \
-==三─}i: //∧ {又≧z__  -=≧__  `丶、 \     \
      |  //∧ ∨:\:.:.:.:‐-z     `丶、 \  \ ///   、
      |   // i ∨江ニ==--≧x    \   ヾ、 ∨/
      |      |  ;.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:-=云==-  \ }}!  !  //  ゙
      |      |  i.:.:.:≧=======-;≫x    \}  i} //     !
      l     |  |-==-x:.:.:.:.:.:.:.:./    -≦_ \_}//    :|
       ′     |  |.:.:.:.:.:.:≧=--〃      :i:!  -={ト、//、  :|
      ,     |  |:.:.:.:.:.《.:.:.:.:.:.〈{      |廴__   ≧x  \::l
            ⅱ :|-=≦.:=--=癶、     |  ー il}   li 、 :〈
   /         l| /!.:.:.:.:.:≫ァ=--く \   i     |:!   l|  \ :.
 イ        /;!/:|-=≦イ、    \ \ \   j」__j}、  \i
_.: _\      / / :|.:.:}〃|ハ     \ ヽ Υ          \
    \     ∨ /↓/ノ//|: l      \≧i          `¨¨
      、   ∨.:∧″//|i |         ̄
丶        、   ∨ ∧///リ イ
   、     Y   ∨ ∧//{ fリ
   \    ∨  ∨ ∧/Ⅳ
:、     \   ∨  ∨ ∧il|
/\    \  ∨  ∨ Ⅶ

   ――  十二話  ――
   かねての宣言通り、レディウォーリアを優先する宗次郎。
   彼が斬りかかったのを見て、仮面ライダーネメシスは更に奥へ進む。
   MARNそのものの壊滅を目的とするからにはここで本部、或いは他の支部の情報を得る必要があるのだ。

   宗次郎とレディウォーリアの死闘は続く。
   怒りをぶつけながら斬りかかる宗次郎。冷徹な笑みを浮かべながら捌くレディウォーリア。
   「なぜ彼女を殺した」
   「ムカつくんだよ。僕が捨てたものを全部持っている女を見ると」
   その言葉の真意は見えない。だが、一つ解ることがある。

   「やっぱり“僕を狙った結果の事故”じゃなかったんだな。レディウォーリア!」

   交錯。膝をつく宗次郎。

   「まあまあ楽しめたよ、天剣。ご褒美にこの支部は君にプレゼントしよう」

   けらけらと笑いながら支部の自爆装置を起動させて、悠々と立ち去るレディウォーリア。
   荒い息を吐きながら仰向けに転がる宗次郎のもとにネメシスが戻ってくる。
   短い付き合いだが友人だと思えた剣鬼は、自分の名と意思をネメシスに託してこと切れた。

   だが嘆く暇は無い。自爆装置の作動でこの支部は間もなく崩壊する。
   しかし、ネメシスの強化された感覚はその場にもう一人の誰かがいることを認識していた

   「なんだ? 誰だ」
   「正義。仮面ライダージャスティス」

2474 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:50:02 ID:lJ4vb3JG0 [14/16]



 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘

 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘

 ┌──────┐
 └──────┘

 ┌──┐
 └──┘

  □


.

2475 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:50:31 ID:lJ4vb3JG0 [15/16]

    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
--==彡 : : : : : : : : : }: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ー=ァ
   /: : : : : : :/: : :│ :  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : { ̄`ヽ        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ Y
    |: : : /: : ::/:: : : |: : : |: ::. : : : : : : : : : : : : : : : : :.|              |  なにこれ?  |
    }: : : ;′: : /::::. : :..:|: .::.  |:. :::..  : : : : : : : : : : : : : : : |              ゝ _______ヤッル
__,.イ: : : |: : : {:::::::. : : |:::::::::...{V: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ
  /j!: : ::|: : : :j{::::::::..: ::..::::::::::::::l-ヽ: 、: : : : : : : : : : : : : : : ;⌒
  }八: : : |: : ::::|ト:::::::::::...::::..::::::::::}:.:.:.\{_,、: : : : : : : :j\: :..:/
     }: :j{: : : :..:::::代}::::::ト::::、::::::::{ゞ{'¨气歹ソ{: : : : : : イ  }ノリ
    |::八: : : :::::::{:.:从リ:.:)ノ\::ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:./!: : :/   イ
     乂 ゚。: : : : :乂      ⌒¨´       リ }/リ__,/ル
       ノ \:ト       〈           /}:{三\
         } 、                  从三三≧ュ      一クール分のプロット。さっき赤井が持ってきた。
              \                / /三三三三三≧ュ
           イニニ\  ∠二二ヽ   / /ィ 三三三三三三三≧ュ
       -=ニニニニニマハ。.        / /イ三三三三三三三三三三                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `Y
    -=ニニニニニニニニニマム >―‐ ´ /イ三三三三三三三三三三三             |  なんかおかしくね?  |
-=ニニニニニニニニニニニニニマニ\       {ニγヽ 三三三三三三三三三三              ゝ _________ヤッル
ニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニ}ヽ   /|ニ乂ソ 三三三三三三三三三三
ニニニニニニニニニニニニニニニニ二マ} {  } .|三三三三三三三三三三三三三

     それについては全面同意したい折木であった。

2476 名前:赤霧[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:52:05 ID:lJ4vb3JG0 [16/16]
以上になります。お目汚し失礼いたしました。
なお、女性陣については私的仮配役だったりするのでAA的に使いづらい等あれば切り替えても問題無いと思いますw

2477 自分:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:53:36 ID:tora [53/53]
ホンマに僅か一日で1クール分のプロット持って来たwwwwww

2478 名前:カエル[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:54:39 ID:8eQYTklk0 [4/4]
乙でした
もう1クール分のシナリオが上がってきたw

2479 名前:スマホ狩人  ◆4DW524qqd2 [sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:55:55 ID:QF6I94DU0
乙でした

2480 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:56:18 ID:pork [31/31]
乙であります!
はえーよホセwwww

2481 名前:携帯キリト[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:57:54 ID:NyY9/Ik+0 [3/3]
乙でしたー!
仕事が早すぎるw

2482 名前:ふなっしー[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 18:59:50 ID:EhZpT10d0 [21/21]
おつでした
どういうことなんだよ!!!

2483 名前:胃薬 ★[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:03:11 ID:yansu [183/183]
はえーよホセ

2484 名前:トリプル・テリー[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:06:14 ID:jUYbcLom0 [10/10]
乙でした
時と精神の部屋でも使ったのかなw

2485 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:08:39 ID:nJqcpWRz0 [1/2]
乙です ジョバンニですかな?

2486 名前:いたう[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:10:20 ID:IUPoBWm80 [4/4]
乙でした!
仕事速過ぎぃ!

2487 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:10:36 ID:gJ+/fWE+0 [2/2]
乙です
凄い 早い

2488 名前:成金@黒覆面 ★[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:12:29 ID:???
アッ アッ アッ アッ アッ アッ  (男友達世界で育った男性にはアンフェタミン級の刺激だった模様)

2489 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:16:27 ID:nJqcpWRz0 [2/2]
ジャスティスの登場に合わせてサブ仲間の離脱とそれと因縁の敵キャラの明確な登場
出来ておる・・・・・・1クールで関連商品やベルトなど浸透させてからのもう一人の主人公の登場
(お財布)壊れちゃうー

2490 名前:デイリー[sage] 投稿日:2020/06/27(土) 19:22:02 ID:AXiz3Mgm0 [4/4]
乙でした~
赤霧さんの本気wwww

関連記事
スポンサーサイト




コメント

2020/08/04(火) 23:37:38 | URL | 名無しの住民 #-
はえーよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する