FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

『無言で急接近して両肩を掴んで30秒相手と目を合わせ続けるチャレンジ』:二次 琴葉視点

2019/02/25 16:04:00 | 軽い読み物(単発、短編系) | コメント:0件

3163 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:38:36 ID:yvuWAkrm0 [1/8]
短いですが6レスお借りして投下させていただきます。
『無言で急接近して両肩を掴んで30秒相手と目を合わせ続けるチャレンジ』の琴葉視点です。

3164 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:38:58 ID:yvuWAkrm0 [2/8]

                            ヽ
                             \       _,.
                             丶-‐=≦´
         , -―-、          _,.  -‐/{ノ|
         _/  〉 _,.>r‐、---―=ニ´    /:::::',
       / /   {´  /  {        /{::::::::ヽ. _
        / /   ハ  {   ',      /   \::::::::::::::::: ̄
      ./        \ノ   }     /        丶 :::::::::::::
     /        {   /      /          ̄ ̄
    ノ              |     /
    〈              l   /
    ノ!                ノ X

     頼もしい大きな手が私の肩を掴む。
     それはきっと、逃げられない様に。

     普段の陽気なあの人とは違う、真剣な顔。
     私の今後についてだとかそういう話題の時に垣間見える大人の顔。
     あの人が、その顔をしていたから、きっとそうだと思う。

3165 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:39:18 ID:yvuWAkrm0 [3/8]

                     ヽ
                    '.
                     }
                    .′
                     /
                       /
                  人   _ . -:ァ‐- .
                       `ヽ. ヽ::/: : : :_ : :>                             .:
                        }  ー ´                                .::::::
                        ノ                                     .::::::::
                       八                                  ..::::::::::::::
                         ∧                                  .:::::::::::::::::::
                                                     ..:::::::::::::::::::::::
                      }                                .::::::::::::::::::::::::::::::
                       {                            .:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                                .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          |                        ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ;                       ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      |                   .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      |          ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      人............::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       > ::::::::::___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     だけど、その意図が解らない。
     ふえ? と、混乱のあまりに変な声が出て。

     あの人は肩に乗せていないもう一方の手で私の顎をくいと持ち上げた。

     目が合うように。見つめ合うように。

3166 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:39:39 ID:yvuWAkrm0 [4/8]

: : : :.:/ : : : : : :/: : : /И: : :./、|: :/   |: : : : : ! _|_|、: : : : : |: :`ヽ |: |: : : : :
: : :.:/ /:.: :. :. :.|: :.:.,_,ィf芹芋ミ、|:.:/    :.:|: : : :|-=≠示≧s。_: : |、 : : : |: |: : : : :
: : : |: |: : : : : : |:.:./',イ㌻ん'//小/     |: |: : : :|イ" ///////斧k、|: : : :|: |: : : : :
: : : |: |:: : : : : :l|:/|/´ /∨//,リ |     |: |: : : :|  ん////////V㍉、: :|/: : : :| :
: : : |: |: : : : :ノ |:i:i!  _ノ'⌒V       ヽ|\: :| ' ハ////////  `}}イ.: : : : :| :
: : : |: |: : /: : :|:i:il  {__/            ヽ| l_ノ´⌒\'///    リ,|: : : : : | :
: : /|/|:./ : :| :/i:i/       ,              乂 __,ィ㌻′  ,//:!: :|: : : | :
: /i/: |;' : : :|/:i:i{ ""                    ̄´       /: :!:/|: : : | :
/:i:|: : i: : : :.|:i:i:込、                  """"    /: : :|' :ハ: : :| :

     身長差がある分、見上げることになったその顔は見慣れたもので
     その表情はあまり見ない真剣さで。

     その瞳に吸い込まれるような錯覚を覚えながら
     早鐘のようとはこうなのだろうかと自分自身の鼓動を感じていた。

3167 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:40:05 ID:yvuWAkrm0 [5/8]

           ――`/             `
         /        \            \
          ´            \  \         \
        /                   \        \
.      /     /                \        \
       ′                         丶     ⌒ヽ
     ,:    /      }    ィ⌒Y⌒ヽ           :,
      |   /      /  /i´ ̄`´ ̄`  /         l
      |  ′     /    |       ∨         |
      ′/              ′      |l   ト  /    |
.       ∨ /   | ′  ィ /         |l   | ∨    |
        ∨  ⌒|/  / |__       八   | | l  |  |
.       , 〈  |  イ   、_ ̄ヽ      \斗 :| l  |: 八
        ,  Y :|  |  ィ_元ヌ`  ̄´   /ィf乎ア ヘ | ′
         ′ 八|  |   ` ̄           ` ̄´ ∧|/
         |   |  ト ' ' `        {     ``/
.         ノへヘ|/∧{           、     /
      /: :{ ノ  ∧           , ノ      ′
.     _/. : : ∧ ∧  、     、____    /
   /〈: : : :/ ∧′∨  \     ー   /
  /. : :∧: : : / ∧.  \   ヽ       イ \
/: : : :/: ∧: : : /: :\  \_ ` ̄/ ̄´  l ヘ_〉
: : : : : : :/: ∧ : : : : : : \  ./ `   \_ ノ/ : : \
: : : : : : : :/: ∧: : : : : : : :.\/    |    |  \: : : : .\
: : : : : : : : :/: ∧: : : : : : : : : \  |    |:  /: : : : : : ヽ
: : : : : : : : : :/: ∧: : : /´ ̄ ヽ: 〉  \ / /l: : : \ : : : ハ

     一秒。二秒。三秒。
     見つめあったまま時が過ぎてゆく。

     あの人……プロデューサー。
     私の多分最も身近な男の人。

3168 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:40:26 ID:yvuWAkrm0 [6/8]

              /
             rー ´
  `ー―   '''''  ̄ ̄i.
               i
             |
                  i!
                  ',
                   ',
                乂_
                 }
                ノー、
                    /:.:.:.:.}
               ,:.:.:.:..:.:|
                i:.:.:..:_:/
                 {:.:/ヽ{ 0
                .c乂:.:.八
                Y  ヽ
                  }   .ハ
                      ∧
                i    .∧
                |       ∧            ィ
                     |       ∧       。≦
                           ゝ-- =≦
                   ノ

     私も女の子なのでそういうコトを想像したことが無いわけじゃない。

     だから、きっとこれはそうだと思う。
     うん。



     ――――プロデューサーに、キスされちゃうんだ。

3169 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:40:49 ID:yvuWAkrm0 [7/8]

                              /:. :. :. :. :. :./ 、:. :. :. :. 、:.:\.  \:. :. :. :. :. :. :. :. :
                                 /:. :./:. :. :. /   \:. :. :. \:. :.\  〉:. :. :. :. :. :. :. :
                                  /:. :./:. :. /         \:. :. :. :. :. ∧/:. :. :. :.::.:.:.:|:. :. :
                              /:. :./:. ;/          \:. :. :. :.:/:. :. :. :. :. :.:.:.|:. :. :
                                /:. :./:. /'´ ̄`      ~"''*、 \ :. /:. :. :. :. :. :. :. :|:. :. :
                           /:. :./:. / __         .:   \ ∨:. :. :. :. :. :. :. :.;:. :.:. :
                             /:. :./:. / '´ ̄r‐      ィf≠ミ、 /:. :. :. :. :. /:. :. /:. :.:. :
                              /:. :./:.,.'     |             /:. :. :. :. :. /:. :. /:. :. :.:. :
                          /:. :./:./                  ,':. :. :. :. :. /:. :. /--、:. :
                            /:. :./:./                  |:. :. :. :. :./:. :. :,′  ;:. :
                        /:. :./:. |       , --、           |:. :. :. :. :{:. :. :/  ./:. :./
                      /:. :. :. :圦       ̄             |:. :. :. :. :|:. :./___/:. :.:/

     顔が熱くなる。
     でも、かまわないと思った。
     相手がプロデューサーなら。

     そう覚悟を決めて、私こと田中琴葉はゆっくり目を閉じた。

3170 名前:赤霧[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:41:26 ID:yvuWAkrm0 [8/8]
以上になります。お目汚し失礼いたしました。

3171 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:44:12 ID:9rP2rhdj0
乙でしたー後の反動が怖いwww

3172 名前:狩人 ◆4DW524qqd2 [sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:45:48 ID:8oDqIJjh0 [6/6]
乙でしてー。さあ、門が開くw

3173 名前:土方 ★[sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:46:09 ID:???
乙でしたー、このやりとり、実にたった30秒のできごとである……ほんとかよw

3174 名前:バーニィ ◆kns3bmdX7V.u [sage] 投稿日:2019/02/24(日) 22:46:52 ID:eXnl4ne00 [19/19]
乙でした
・・・アバーっ!(大爆発
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する