fc2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

虎杯参加作品『FA終了後の2人』

2018/10/15 13:19:42 | 虎杯参加作品 | コメント:0件

691 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:13:54 ID:BJZzSyd+0 [2/5]
【虎杯参加作品】

前書き

草案できてから色々些細なことが重なって気付けばこんな時間に……。

運良く開始時期に完成できたのは幸運なことですかね。

2か月前にもなりますがアイドルドラフト会議終了後のSSです。

692 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:15:35 ID:BJZzSyd+0 [3/5]

バラエティ番組だよやる夫くん アイドルFA編二次創作『FA終了後の2人』


マリオカンパニーにてマリオ社長との挨拶を終え、不動遊星Pと篠ノ之束は今後について話し合っている。

「今後の予定としては……」

「束さんとしては……」

「そうすると……」

「う~ん……そう言えば遊星Pは何で束さんを1位で指名したの?」

方針やスケジュールを決めていると唐突に束が遊星に聞いてきた。

「そのことか……」

話が変わったので休憩も兼ねて珈琲を2人分入れながら遊星は少しどう答えるか考える。

「篠ノ之を選んだ理由はいくつかある。どの視点から聞きたい?」

「それじゃまずはお仕事の視点、束さんが売れると思わなきゃ指名しないよね」

主観だけではなくいくつかの視点から考えて説明しようとする姿勢は

元技術者なアイドルとしては好ましく感じたのかどこか嬉しそうな顔をしながら聞き出そうとしている。

「あのドラフト会議のメンバーで知識量については篠ノ之が随一だ」

「ふむふむ、分かってるじゃん」

「それは非常に大きなアドバンテージで教育番組やクイズ番組と言ったものへの出演も可能となる」

「いや~クイズ番組は何であんな簡単なのを出すのかと不思議で仕方ないんだよね」

「……間違ってもそういうことを思っても出すなよ」

「流石に束さんでも分かってるから安心したまえ」

束の返答に不安を感じながらも遊星は会話を続ける。

知識の深さはそれだけ経験があるということなので様々な番組に出せる素養があるということである。

一点特化で振り切れたキャラ性も良いがオールラウンダーは長生きできる。

それは安定したアイドル活動ができることに繋がる。

「うちにはネプチューヌがいるが彼女はどの番組でも出演できるキャラ性があって篠ノ之とは違ったオールラウンダーだろう」

「ネプテューヌちゃんか。そういえば束さんがアイドルを興味示したのは彼女が切っ掛けなんだよね」

「そうなのか?」

「そうそう。束さんと似たような紫の髪の色だからあんな妹がいたら面白そうだなって」

「なるほど……妹か……」

所属アイドルで例えを出したところ意外な回答を聞き遊星は束の長い髪をじっと見て考える。

「うん? 遊星P、束さんの髪見てどうかした? もしかして見惚れてた?」

「(疑似姉妹アイドルユニットもいけるか?)……確かに篠ノ之の髪は綺麗だな」

「へっ!?」

束のからかい半分の質問に考えることを優先して率直に返答され思わず束は声が漏れてうっすら赤くなる。


693 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:16:00 ID:BJZzSyd+0 [4/5]

「え、えっと……あ、話を戻そう!!」

「あ、ああ、そうだな。次はどの視点で聞く?(後で疑似姉妹アイドルユニットの企画提案をしてみるか)」

「そ、それじゃあ遊星Pの主観的な部分で!!」

「主観か……そうだな、まずは可愛くて感情表現が豊か」

「か、かわいい!?」

そこから始まる主観的な指名理由を聞いて束は己の失策を理解した。

(うわぁーん!! 束さんとしたことが!!)

「次に篠ノ之は……」

奇襲で動揺した状態で他人から見た自分を聞かされるのが想像以上に堪えて束の顔は真っ赤になってる。

「……っと、すまない。一気に話し過ぎたな」

「う、ううん、大丈夫……。大体分かったから」

「そうか、納得してくれたか?」

「それは大丈夫。束さんはちゃんと頑張るから安心して大船に乗った気でいてよ!!」

少し落ち付いて気分を入れ替える為か強気な返答を束は返す。

「ああ、期待している」

「そ、そう言えば遊星Pって元プロデュエリストって本当?」

自分のペースが掴めなくなって流れを変えようと遊星について調べた際に知ったことを聞く。

「随分唐突だな……ああ、知っての通り一時期はそうだった」

「それじゃさっき話題に出たネプテューヌちゃんがゲーマーだしデュエルしてあげたりしたの?」

「確かにこの前挑まれたな」

「アイドル相手だから手加減してあげたりしたの?」

「いや、彼女から本気で来てくれと頼まれたし和真Pも本気でやってやれと言われたので手加減はしなかった」

「お~……元プロとしてネプテューヌちゃんはどうだった?」

「数世代前のロックデッキを最新カードと組み合わせて復活させ完成させたのは見事だった。大会でも魅せれるデュエルをやれたと思う」

「それはまたネプテューヌちゃんもすごいね~。もしかして遊星Pに勝ったの?」

「いや、流石に本気で来いと言われたしそう易々とはな」

そう言って当時を少し思い出す。

「ねぷぅ!!! ロック完了で埋まっていた場が1ターンで全滅ぅ!!!?」

「うわぁ……一面焼け野原の様だ」

今思い出すと流石にやり過ぎたかと思うくらいに2人がドン引きしてことに気付いて遊星の額に汗が流れた。

そんな会話を続けて精神の立て直しが完了した束は雑談を終えて遊星との打ち合わせを再開し始めた。



「う~ん……遊星Pかぁ~……」

打ち合わせも終わり帰宅後ベッドで横になりながら束は呟く。

(最初はどうなるか分からなかったけど楽しくなりそうだなぁ~……)

どこか嬉しそうな顔をしながら束はそのまま眠りについた。



尚、後日談になるが遊星が企画提案した案は採用され

篠ノ之束、ネプテューヌの疑似姉妹アイドルユニット『パープルシスターズ』が誕生し様々な波乱を巻き起こすこととなる……。



694 名前:ルーの人[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:16:42 ID:BJZzSyd+0 [5/5]

後書き


ようやく完成しました。

肉付けの部分で当初と違う部分がいくつか発生し削ぎ落しからの再構成になってしまいました。

タイガージョー様、年間1000個作成達成おめでとうございます。


695 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:25:58 ID:QomU6r860 [2/2]
乙です

696 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:30:05 ID:ETQ5W7FM0
乙でした。
やはり遊星は真面目に弾けるキャラが似合う

697 名前:ジェリド[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:45:18 ID:BSBWofU+0
お疲れ様でした。

698 名前:カクリコン[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 17:49:02 ID:gJrjkMXB0 [8/8]
乙です!

699 名前:狩人 ◆4DW524qqd2 [] 投稿日:2018/10/14(日) 17:49:59 ID:A23k7JcX0 [2/2]
乙でしてー

700 自分:タイガージョー◆MidsHfdgNA ★[] 投稿日:2018/10/14(日) 17:51:46 ID:tora [24/24]
このユニット面白そう!
乙でしたん!!

701 名前:土方の人 ★[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 18:02:49 ID:???
乙でしたー

702 名前:カエル[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 18:28:11 ID:HYlbOAik0
乙でした
真面目ストレートな遊星の言葉が束さんを翻弄するw

703 名前:豚死ね ★[sage] 投稿日:2018/10/14(日) 19:05:49 ID:???
乙であります!
関連記事
スポンサーサイト
[PR]


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する