FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

「後世の世にて」

2017/11/27 14:42:36 | 伯爵二次創作 | コメント:0件

321 名前:豚死ね[sage] 投稿日:2017/11/25(土321 名前:豚死ね[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 12:49:25 ID:tR9LrK3ri [1/10]


   伯爵さまだよやる夫くん  二次創作 「後世の世にて」




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \      さて、皆さんもこの国の歴史…。
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |   とりわけ、現代のこの国の祖と言われる、
    \      `ー'´    /
     ノ           \     伯爵領だった時代には興味があるのではないでしょうか?






         ____
       /      \
      / ─    ─ \       なにせ、百花繚乱の英雄たちが集い、
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |    この地を平定し、発展させて行く、
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        英雄譚そのものですからね。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






           ____
         /     \
       / ―   ― \     彼ら、英雄達の活躍については、
     /   (一)  (一)  \
    |      __´___     |    歴史書を読んでいただくとして…。
    \      `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃   /
    (  \ / _ノ |  |
   . \ “  /__|  |
      \ /___ /

322 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:50:24 ID:tR9LrK3ri [2/10]


            ____
           /     \
          / \   / \
        /  (●)  (●)  \         今回は、そんな時代に成立した、
      |         ´      |
      \      ⌒    /         故事成語について学んでいきましょう。
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


         ↑国語教師



                 ____
               /     \        あ、余談ですが故事成語は裏付けが取れない、
             / ―   ― \
           /   (●)  (一)  \     伝説由来のものも多いですが、
          |      __´___     |
          \      `ー'´     /    この時代については、
          /     ∩ノ ⊃   /
          (  \ / _ノ |  |       裏付けが取れているものが殆どです。
         . \ “  /__|  |
            \ /___ /






                     ∩_
                   〈〈〈 ヽ
           ____   〈⊃  }
          /⌒  ⌒\   |   |      その理由を説明する為にも、まず一つ目です!
        /( ●)  (●)\  !   !
       / :::::   __´___  :::::\|   l
       |      `ー'´       |  /
       \             //
       / __        /
       (___)      /

323 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:52:11 ID:tR9LrK3ri [3/10]


i` ___,ノ           丶         ヽ          |
ゝ                 `ヽ         ' ,         ',
 `ヽ          ,.イ¨ヽ ,ゝ          ヽ         ヽ
   `⌒ヽ       i::::| \::ヽ     /ト、    ヽ         ヽ
      i       |::::!/ ヽ::ヽ   /::::/:::/      ' ,        ' ,
     ノ     ,⌒ ヾ、ヽ  l__!_  /::::/:::/        \       ',
      ヽ   (     ,゙ ヽ´:::::::::::`::Y:::/           !       ,
       i  ノ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::し        /  ノ     ,'
       ノ/   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,' ´ i::::ヽ   _ イ /     /
       /   ´ フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::|::::::,ゝ/,r'´¨i /     , '        悪い事をすると立て札鬼が来る。
           ノ''"i::::/::○::::::::::::○:::l::::::::i.ァ::::!  /:::::::/     /
             ヽ!ヽ::::::::::::::::::::::::.i::::::::i ト、! /:::::::/   _,.ィ"
             (.r 、ヾニ‐-- '"´ .|::::::::!ヽ /:::::::/  /
       ノヽ、    !:::::ヽ - -、 __ ィ !::::::::ヽ´/:::::::/_,.ィ"
     _, ´   i    \:::::\ヾ___ ´/::ー´:::::::、::_::∟、_____
    /     ゝ ___,ノ|::::\:::::::::- イ::::\:::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::ノ
    \         ヽ::::::::\::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::∠´ ̄ ̄´
     ) (`ヽ、人     i:::::::::::::ヽ.::::::::::::::::::::::::::`,:::::::::::__:::::::ヽ
     `ヽ!    )   |::::::::::::::::::`:: _::::::::::::::::::::::!, '´ . `゙' 、::::\
            `⌒/´::::::::l::::::::::::::::! `  --‐'´         ヾ __i
            _r':::::::::::::::::::::::::::::::!
           _,l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         _ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l
         \\ヘ_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        / \ヽλ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l






         ____
       /      \
      / ─    ─ \        君たちも、子供の頃にこんな事を言われませんでしたか?
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |     この話には、明確なモデルがいます。
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         伯爵家に仕えた、ラハール・ブライトと言う人物です。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

324 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:53:10 ID:tR9LrK3ri [4/10]


      / ̄ ̄ ̄\        彼の存在は、伯爵家家臣録などに見られるものの、
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \       没年から計算すると、仕官時で13~15歳になる事から、
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /     その存在は疑われていたのですが…。
   ノ           \





        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \         彼の書いた、大量の日記が発見されちゃいましてね。
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |        その存在と、この時期の伯爵領の様子。
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ    そして、この時期の故事成語の裏付けがまとめて取れたわけです。
   \ ヽ  /       \ ヽ /





                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }      さて、この故事成語ですが、
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !        ラハール・ブライトが仕官する前に、
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /        悪人を捕らえては、その罪状を立て札に書き、
  \             //
  / __        /           城の前に捨てると言った世直しをしていたようです。
  (___)      /






            ____
           /       \              本人の日記では、単に気に入らなかった。
   .     / _,ノ   ⌒\
       l^l^ln  (●)  (●) \         が、主な理由だったようですけどね。
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /          結果、ここから転じて、子供の躾の決まり文句として、
      /   /          \
     /   /             \         使われるようになったそうです。
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

325 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:54:10 ID:tR9LrK3ri [5/10]


            )ヽノツ^^^ツリノ\}ハ
         /´⌒  ノ} ミ三ノ  { レ}
        /          '⌒}⌒ヽ  \ノ
         人      )ノ⌒} } ミ三  } う…
       ___)  / ̄  u }ノ\ニ/ヽ }   う…
.       /´    ∧__( __,,.. イ ∨{リ} }               花京院の胃を痛める。
      {    人 ー=}   ー==ァ  U /  } } }
     人     ) ノ__u u u   } |ハ .} ノノ
         )   /  ∧´___ u  ノ(_)} }:}
       {  {.     ∧_  ̄ /ニニ.}ノ }
       人  {     ハ  U/─┐ニニ}ノ__
        \{    r┴‐くニ|__ノニ>二ニニ`> .
       ____, イニニニ{___,,. <二/ ̄ ̄ ̄ ̄`\
      /´/二二ニニニニニニニニ/二二ニニニニニ\
    {_/二二二二ニニニニニニ/二二二二ニニニニニ∧




        ____
      /     \
    / ―   ― \       二つ目はこれです。
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |      伯爵の幼馴染にして、親友…剛花と称される二家臣の内、
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       花京院典明の故事が由来です。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /





         ____
       /      \
      / ─    ─ \        伯爵家では、しばらくの間、優秀な内政官不足しており、
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |     財務面で花京院典明が、苦労をしつつも、
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         なんとかすると事態が頻発していたようです。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



326 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:54:55 ID:tR9LrK3ri [6/10]


        ____
      /     \
    / ―   ― \       そのため、花京院典明の胃を痛めると言う言い回しは、
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |      苦労する、苦労しながらも、なんとかする。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       というような意味で使われるようになったと、言われています。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /






        ____
      /     \         剛花に纏わる故事成語としては、
    / ―   ― \
  /   (●)  (一)  \      生きる剛田、諸葛を宙に舞わせる。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /     など、他の故事成語にも見られますが、
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |        今回は置いておきましょう。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /






                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     さて、今回の授業で一番メインとなるのは、
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l       この故事成語です!
  |      `ー'´       |  /
  \             //
  / __        /
  (___)      /

327 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:55:45 ID:tR9LrK3ri [7/10]


     i、 ヘ /// //       ,         l
     ii, i'i ,/''i,i"'i/'''''""     (ヽ,,,,_____|'
   i、.、、iヽ ii''"ニニi>,,_           ̄"""'''''''-/ ∠タ
 i、 i、ヽヽヽヽ  i__/;;;ヽ,ヽ          __,,,,,,,,,/ ,⊿/  ,,
 'iヽ i:-," ヽ,,_丶;;;;;;;;,..ノ"`        /,二''/'/,イ,;;;/'/ //
ヽ 'i ヽiヽヽ          l           "   i__/;;;;";;i´ ./        ナタる
 ヽヽ ヽヽヽ        /         "'':;,,,,,ヽ;;;;;;;;;;;;:/ ./
   ヽ  i ヽ      /  :::.                 /
       、      i'  ::::::::::             //i
        丶     ヽ::::::::::::::::               /" / /
       丶       `                /ヘイー
         ヽ     ,ニ,___              " ,ル
         ` 、    ",.___">-           ::::::::/:::'iイ
            \      "        ::::::,::-'"::::::::::',>
              ヽ           ::::,,:-''":::::::::::::,::-''"丶
             ヽ       ,,::::-'''":::::::,,::-''''""
               ゝ--ー'''"::::::-'''""




        ____
      /     \
    / ―   ― \       この言葉自体は、古くからこの地方で、
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |      方言として使われていたものの、
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       由来が不明なものとして、扱われていました。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




       ___          なんたって、ナタル・バジルールは伯爵家において、
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \         常識人にして、何でも屋として重要な人材であり、
  /:::  __´__   :::::: \
  |  l^l^lnー'´       |     ナタると言う、現実逃避する、途方にくれる、
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ              なにもかも嫌になって、妄想に逃げるといった言葉と、
   /   /
                    結びつかなかったからです。

328 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:57:33 ID:tR9LrK3ri [8/10]



            ____
           /       \               君たちも、大河ドラマや時代劇などで、
   .     / _,ノ   ⌒\
       l^l^ln  (●)  (●) \          優秀かつ冷静沈着な副官として、
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /           実力派女優が演じているのを、
      /   /          \
     /   /             \          見たことがあるんじゃないですか?
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





        r、           ____
        ヘ \        /     \
        (ミ⊂)     /⌒  ⌒   \           確かに、それも事実ですし、
         ヘ \  /(●)  (<)    \
          ヘ  \|   __´___       |        その評価は決して間違ってません。
           \  \   `ー'´      /
             \             \      ですが、ナタると言う方言の語源も、
              \         ___ト  ゝ
               |         (   /       彼女で間違いないのです。
               |          ̄ |
             / ̄            |
             ヘ   ト⌒\      |
             __ヘ  ヘ   \    \‐‐、
            (____ )   ヽ.____`_)





                    (ヽ三/) ))
                __  ( i)))
               /⌒  ⌒\ \
             /( ●)  (●)\ )       根拠は、前述のラハール・ブライトの日記です。
           ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\
           |    (⌒)|r┬-|     |         彼の日記にはこうあります。
           ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
           | | | |  __ヽ、    /
           レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
           `ー---‐一' ̄

329 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 12:58:32 ID:tR9LrK3ri [9/10]




                         __
.           , -‐ヘ.         /^i \
          /: :,ヘ.: :\.       /: :/: : :}
.         /: :/  \: :\     /: :/: :/
        /: :/      \: :\ _≠―' く                     ある日、衛兵達が
.       /: :/.       >'~: : : : : : : : : \
      /: :/        /..: : : : : : : :.i: : : : : :':,                 「また、ナタった。」
.     〈: :〈        /: : : : : :|/}: :∧: :|ヽN.ハ
     V∧      /: :/.:|: :. :|/\{_ ヾ| ノ人: \               と、楽しげに話していた。
.      V∧    /: : i>ヘ: 人{゜リフ 丿'{゚} レヘ{⌒
       V∧ノー、/.:<≪⌒ヘ| ~   , ~ ノYN`__,{           ナタったとは何か?と尋ねると、
       ∨:::::::.厶イノ| >=-,ト     , ‐、 ..::::::::::(⌒´ |\
.        /:::::::-=:::::::::::|: /i≦_:介... ___ く_.::<__, |::::::\       「ナタル殿が途方にくれて、
     ノ⌒⌒ ー―彡'|/:/、_:::::>:ミ工三≧=::::)::::::::(__,ノ:::::::::{
                    //i⌒ヽ::::::::::::::::::::_丿:::::::::::::::::::::::::}{          なんとも言えぬ表情を浮かべている回数を数えている」と。
              ,.:′:八.  \::/~ヽミ Y\:::::::::::::::::::::j八
              / :::::::::::::}\.  \ i 丿.}  ト、::::}:::::::/:::::ハ
              / ::::::::::::::::/  ゙,\   ヾ(/   } ∨.::::::::::::ノ:::}
.           /.::::::::::::::::::::/    ヽ \  _`ファ'ー‐′::::::::::::::::/
        /::,:::::::::::::::::::::::{、    ‘, `⌒ーf´::::::::::::::::::i:::::.::::/
        i::::ノ~(:::::::::::::::::::::iハ      }     |:::::::::::::::::ノ}ノ~::/
        |:(::、:::::::::::!::::::::::::|八    丿    (_ ∨ミ、::::::::::::::::/
        |::::ヾヽ::::丿:::::::::::|::::::\/(      ノノソ:::::::::::/





                        /: :/    /:::::::::/: :/ :::::::::::::::::::::::::::::.
                  /: :/    /:::::::::/: :/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /: :/       (:::::::::/: :/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                _〈: : :(_____)/: :/:::::::::::::::/ ̄ ̄)::::::::::::::::
             ,....::⌒ : : : : : : : : : : : ッ´: :、:<::::::::::::::::::,:´   /::::::::::::::/
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ__:::::::|    (⌒¨ ̄ ̄
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ___|
         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミ_=ー<⌒
       ッ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-<⌒      確かに、何度か見たことはある。
    ,.' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , : :\ : : : : : : : : : : : : :_ >
    ′.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .|:: : : :\:..:.: : : : : :<          初めて見たときは、優秀なナタル殿も
   ,':.: : : : : : : : i:: : : : :.!(,: : : : ゙i/. : : : : : :.| : >=ミ : : : : : : : :.\
   ′: : : : :゙i : : :| : : : : : :iト、 /゙ミi : : : : : : | ´ `/∧ : : : : : : : : : . \         あんな表情を浮かべのか。と、驚いたものだ。
   | : : i : : :゙i : :ト、. : : : :|i//, :l\i|: : : :.|.ヘッ/⌒':: : : :フ` ̄ ̄ ̄
   | : :∧.: : :ト、i.|ゝ、.. : : |i/ l i|i l  i|.: : : ,i ./i : : :┌‐=⌒\           せっかくなので、ナタった回数を、この日記兼、
   |: ,´ ゙i : :| .ト!ゝじ .\|i ゝ.廴 ノ  i|. : : ,(´/{´ ̄ ̄ i    、゙ッー=⌒
   ∨  .゙i :|.: : i`  、′   ̄   .ノ: : ,´::::::::::::ー}:::::(__、/:::::::::::::::::::::.    備忘録のしおりがわりに記録することとする。 N2
        ゙i|!、:个:.._   ,_......ッ  /:∨ ::::::::::::::::::,´::::::::: ̄/::::::::::::::::::::::::::.
          ∨ \ >、  ̄ _....:个/:::::::::::::::::_/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::.
              /::: ,.:::: ̄:::i}=/::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒::::::::::::::::::::::::::::::::.
               |:::::::{:::::ミ=_/:::::::::::::::::.∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           丿:::::::'ミッ::::´:::::::::::::::::/:::::゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

330 名前:豚死ね[] 投稿日:2017/11/25(土) 13:00:56 ID:tR9LrK3ri [10/10]


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \         優秀な異性の、意外な一面…。
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ        なんとも堪らんものがありますよね!
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/        ギャップ萌えと言いますか、なんと言いますか…
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´





           ,ヘ-t、_-_二ニ―_-/::ヽ
          / ヽ;`ー:::==::´:::::::::;';::ト.、
         /  /:::`ー:;::::::::::::::::::::::::::::::;:::`ヽ、
        /   //:〃;:/:/::::/:::::::/::ノ:::;:::::::l::::::::::;:ヽ
       /  /:/:/://_/::ノ;:::::ノ::;イ;ィ::::::::ハ::::::::::i::::i
      //  レレ,へiーtヒシ::イィオト/ノ::::〃 i:::::::;:!::::!
    /    Y ! レ!ヽゝ´ rト'..ァ ! `"',=≦'i:::〃;イノ
   <‐ッ--、   ヽゝノ      '='     f::ソノノ' ´ /     なぁ、ギャップ萌えの話、何時まで続くんだ?
    >/i::!::ヽ、_ゝ、,   U.        ゝ` i
    //::i::i:::/  !    、          /
    !':::::i::i:/   l      \  ~~'  /
   /|:::::ハ:::i  |  i    `_、   _,. イ
  / |::::i:::i:::i   ! ̄`ヽ、  /´ /::;::;::::;/
  `ー|::::i::::i::::!  i― 、,--`ユ /::/::/::/
   |::::i::::i:i:::i /  /、   /`ヾ、.'::::/
   ,イ::::!::::!:i::::i  /  `/ /ヽヾ〈




             ───
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /\::::::::::::::::::::::::::::::/ |:丶
       //     ̄ ̄ ̄     .|::::ヽ
.      |::|     ヽ         |:::::::|
.      |::|       ||        \:::|
        |/< 。 ,/ \(, 。 .>   |::|       先輩が言ってたけど、
       |    ̄  |    ̄ ̄   .|/ヽ
      /|     _ヽ _        | .) |       毎年、この話で一回授業が潰れるらしいよ。
        | |    ____    /´/
      \ヽ  <ヽ!---!//   / ̄
        ヽ     ̄ ̄    /
           \        /|
         | \     /  |
         ,/|    ──    |\


   ─── 後の世まで、ナタルさんの名声は轟いているようだ。



331 名前:バジルールの人@バシルーラ ★[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 13:10:29 ID:???i
乙でした
ナタルさんは後世でもナタるw

332 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 13:16:49 ID:3sE+gRw10
乙~
虎丈さんところだけではなく観目さんところもナタったかたいたのでしょうねと

333 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 14:09:06 ID:i68vQKTr0
乙ですw

334 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 14:25:20 ID:4R08pXHf0 [3/3]
乙です
この世界では日常会話として「あー・・・また○○さんナタってるよー」
とか聞こえてくるのかw

335 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 21:39:11 ID:H2amLDaR0
弁慶の泣き所、ならぬ、ナタルがナタるですね。乙です。

336 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 23:28:20 ID:JMAzILLy0 [2/2]

花京院の胃を痛めるは、苦労するのが発言者じゃないケースが多そうだな
例:「仕方がない。花京院の胃を痛めてもらうとするか」

337 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/25(土) 23:51:15 ID:p4QDM9hO0 [2/2]
乙でしたー拾って頂いてありがとうございますww

338 名前:スネア ◆UUcp66tYgQ ★[sage] 投稿日:2017/11/26(日) 00:00:18 ID:???0
乙でしたー

ナタルさんまじナタるさん(´・ω・`)


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する