FC2ブログ
掘っ立て小屋管理人(プロフィール)

MidsHfdgNA

Author:MidsHfdgNA
自分で書いた作品を自分が管理しやすいようにまとめてます。
リンクフリーですのでどなたもご自由にどうぞ。
禁止未经授权的翻译和转载。
허가없이 번역 전재하는 행위를 금지합니다.

カテゴリ
掘っ立て小屋住民数

スタンクさんについて

2017/11/19 14:30:09 | 伯爵二次創作 | コメント:0件

3426 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2017/11/19(日) 00:13:59 ID:O3h3uB3w0

Q.スタンクさんはなんで亜人にこだわってるの?

  _ -===- __
,ィ{////////////}iトx==ァ
//////イ厂寸lマkマ/}is_
,'/////‐|-- マ _jI斗マ//≧=-     なんでって・・・
///Ⅳ―┰   ‐┰- |//ハ       
⌒/| `ー‐ィ  l 、__,ハ|`寸k      エリオン侯国で冒険者やってた時に怪我して助けてもらったことがあってさ
、 ll|        }   ++l/|   ヾ
マ} ||            N         その時の恩を返したくてね
 }从     ''''' ''   /
 |  \,   ィニフ  .,/
 {  ヽ:.>s;_;_;_;_;ノz_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s。_/},ィア
:::::::::::::...........     /V//弌





                   ______
                   ィ/////////////≧s。
                   , ィ{///////////////////ヽ
           ー=≦////////////////////////ム
            //////////////////////////ハ        でもあの国、人族至上主義だから差別激しくて
           ,ィ{'///////'⌒V,k///////////////,        
            _ィ~^'|'///|/|.u   マk\//ヾ/////////,|       亜人さんを助けようと活動してた俺が目障りだったんだろうな    
         ~     |'//|\__,u 、 マ|_メk マ///|'////,!
             |'//|ー‐tッ- ゙ ̄ ―‐tッ‐∨/リ//// |       貴族に目をつけられて追われるような形であの国を逃げ出す羽目になったのさ
            /^(||`ー‐イ  ヽ`ー―´ ,|//|⌒V/,|
                  ||   /    ゙   メ|/,ノ_ ノ//ハ
                 从          ∪ |/ ̄/////ム___
                   \              V//////∨///L_
                   \  ,, , , ,   ,...:::Ⅵ/,≦―┐⌒|//ム-イ
                    \,_,_ー_,_,/_。s≦    |    ̄}///>
                        _。s≦           |     ⌒V
                    <:::::::::::::::...           ≧s。_
                     〉::::::::::::::::                 ≧s。_






                    ____
              `マ≧=≦//////≧s。
                    ,ィ//ヘ/K////ム/V,ム
              ー=≦///__ マ _寸//ハ/W/ハ                そんなことがあって流れ着いたがこの国なんだよ
                 ,イ/Ⅳ┬  ` ┬―ヘ|/|'///}
            ,ィ~1ハゝ-'/  ゝ--' ,|/|´〉/,|__              ここは亜人さんへの差別もほとんどなくて温厚な人が多いしさ
               ~´  ~ |!  `     メ.|/|イ//从k_
                 ';  _'_'_'/-〉,, V//⌒マ//,L_ィ             ここを治める伯爵様なら懐も広そうだから是非とも雇ってもらいたいもんだね
                    ;,  \__/;/ _j´-‐┐ ¨マ///ア
                   ゝ'-'r‐'‐'≦‐┐   ヽ_ `ミ¨´             だからまず面接に進むことが俺の夢を叶えるための第一歩かな、って
                 、*''~´  ≪二≫ / ≧s。  
         (⌒ヽ ,ヘ    _}      乂_/      ≧、
         (\ ∨ у`ヘ´ `    ̄ ≪二≫  /
          ヽ      ヤ             }  /.:/     ,
           八       {              |   :/
            `----、ノ             |   v        }
            -----{              |         |
           _-----|              |         |
              ------|`          |         |
             _------|ヽ              |         |
          _------ム            |         |
           ------∧ :..             |         |
             _---/ ∧ ::..          |         /
            |  ̄ ィ≦ヘ :::...        |           /|
            |   `マ-∧ :::::::...      |         .:|
            |     :}三∧ ::::::::::::...    |         ..::::|


Q,貴方の夢ってなんですか?よければ教えてください


                    ______
                _,ィ{//////////}is、
            -=≦/////////////////,\
                 ,ィ////////////////////ヽ                      亜人さんが人と手を取り合って安心して暮らせる地域を作りたいのさ!
             /////,|\////////////////,
              ,イ////|/|  ∨///ヽ/////////,|、_                    そうすればあの時受けた恩が少しでも返せるんじゃないかなってね・・・ただの自己満足かもしれないけどそれでも諦めたくないから
            "´ |///|V   ヾV _/\///rミ/ !}リマkz_ 
               |///| \__   ___ 寸{)´}/リ′  ̄
             ,イ/ヘ/| =≠ァ    lリ_ノ メ|ノ//ヽ、
             /イ   V\   {|     ィ ,;} V } |≧s。
                 ∧,  , ; ; ' /ク ,;/ .::ヽ'   ̄|    ≧s。
                  /\, , -<| |´,/}  /           ≧s。
                /     ≧== |_|~   イ},--、            / |\
                  /      `ー―< ∠r‐´,         / /   \
                    / \  __)\,、_      _,ィ/(,         /,     ヽ
              ,   ヽ て (⌒, -―‐ 、  `ヽて_      /
               /    :::.  ̄./     ',   ⌒
             ,      _,ィ      | |l |  ノて
              |  _。s≦///{     ! | |リ  )⌒`
              |  / /////ゝs。_ ヘ_」 ̄    ト、
              | /  ///////>''~ ̄       /_L\
              | | /////ア´:::\:::::::..       /-----\

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                              【スタンクさんについて その2】
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する